ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ミンギ 映画興行 Newsen インタビュー

イ・ミンギ“映画興行? 韓国で一番美しいソン・イェジンとハニ..”
e0109292_18404385.jpg




[ニュースエン文チョ・ヨンギョン記者/写真イ・ジェハ記者]

2011年唯一生き残った映画‘"不気味な恋愛’(監督パク・ヒゴン). 映画興行の加速化が進行しているだけに主演俳優らやはり楽しくなった。

ボックスオフィス1位は当然、平日一日平均観客7万人を上回っている状況で悪いことが何があるだろうか。 その上恐怖とロマンチック コメディの完ぺき組合という作品性まで得た。 大韓民国代表女神だと賞賛を受ける女優ソン・イェジンと演技したイ・ミンギは二十二十広まり始める微笑を隠すことができなかった。

封切り一週間ぶり12月8日ソウル、ノンヒョンドンのあるカフェで進行されたニュースエンとインタビューでイ・ミンギは他のどんな質問よりも映画話をするのにひたすら忙しかった。 自慢ほどほどにしてもかまわないという言葉に恥ずかしいとしながらも直ちに尋ねた。 単純なロマンスを描いた映画ではないという点、ロマンチック コメディの中男主人公の魅力を彼は100%理解していた。

“一昨日から映画興行がちょっと実感する”というイ・ミンギは“ひとまず‘プレイキン減らした’を逆転していて気持ち良い”とためらう事なく明らかにした。 すべての映画関係者たちが予測したことのようにイ・ミンギやはり12月シーズンに合わせてあふれ出る映画らの中で‘背筋が寒くなった恋愛’が果たして生き残れるか心配が多かったと。 彼は自身の友人が好む映画という点で特にさらにうれしいんだ。

去る10月末、11月頃からあふれ出たロマンチック コメディらの間で唯一‘"不気味な恋愛’が観客らの心を導いた理由は何か。

イ・ミンギは“韓国で一番美しいソン・イェジン氏としてそうしたことでないだろうか”として一寸の気迷いもなしで答えた。 色々な放送を通じて表わした‘イェジン病’という相変わらずだった。

“ロマンチック コメディ作品で女主人公が重要なのは当然のことのようです。 演技する時も感じたがソン・イェジンはやはりソン・イェジンだったんですよ。 ハハ。
何よりジャンルがちょっと新鮮なのが大きい作用をしたのがでないかと思います。 率直にロマンチック コメディすれば最もたくさんする言葉が‘明らかだ’ということじゃないの。
‘ロコムルがそうとも何、それでもおもしろい’ということが一般的なロマンチック コメディ作品の良い平易ならば‘"不気味な恋愛’のような場合はそれより‘ロコムリラミョンソなぜこのように恐ろしい?’、‘笑わせてときめいて恐ろしいがまた笑わせて’というコメントが走りましたよ。 そのような好奇心が観客らを刺激させなかったでしょうか?”

恐怖とロマンチック コメディを絶妙に混ぜたというジャンル的新鮮なことはイ・ミンギが今回の映画を選択するのにも大きく作用した。 それはやはり俳優である前に映画を楽しんで見る観客としてロマンチック コメディの限界を切実に感じていた。 いつも枠組みがあって食傷ぎみである、葛藤があとでで明らかな結末は仕方ないが‘"不気味な恋愛’はこれを導く障害物自体が違った。 おばけのために恋愛をできないとは。 本当に恐ろしい。


“全く一緒でしょう。 見る人でも演技する人やロマンチック コメディあるいはメローが持つ結末、話に対する終わりはほとんど決まっていると考えます。 家の差、両親の反対、性格、ア! 不治の病もです。(笑い)ところで‘"不気味な恋愛’は本当にあきれることもできるが次元が違った障害物ですね。 おばけという最初から他の世界を触るから独特でシン・キハでしょう。 私もその部分にたくさん引かれましたよ。”

e0109292_18412950.jpg

だが、イ・ミンギが初めから‘"不気味な恋愛’をさっさとするといったのではない。 彼は前作‘クィク’撮影をしている当時‘"不気味な恋愛’シナリオを受けたし休む間なしに進行されるようなスケジュールにしばらく悩まなければならなかった。 休むことができない理由で選択を拒んだことではない。 映画のために、釣鉤というキャラクターのために彼は一歩退こうとした。


“‘クィク’撮影が終わるやいなや‘"不気味な恋愛’を入らなければなりませんでした。
私としては負担になりましたよ。 違うものより釣鉤というキャラクターに少し集中できる時間を持ったら良いですが全くそうできなかったですから。 中途半端にするところでは私より全て集中できる俳優がしなければならないのでないかと思われましたよ。 ところで監督様とスタッフが本当に多くの配慮をしてくれました。 魔術場面のような場合は練習時間が必要だったために撮影を最初から後日で抜いて下さいましたよ。 その時感じました。 ‘こうした方々と仕事をしたい’人間的な面にさらに引っ張ろうとしたことのようです。 ところで結果的に私が魔術することはあまりありませんでした。 ワハハ。”


イ・ミンギがシナリオを受けた当時にはソン・イェジンの手にも‘"不気味な恋愛’シナリオが持たれていた。 パートナーがソン・イェジンという言葉が聞いた時どうだったのか尋ねたところイ・ミンギは“本当に気持ちが変だった”と答えた。 イ・ミンギがソン・イェジンのファンであったということは今回の映画を一緒にする前から過去彼の発言を通じて良く知られた事実だ。



“私は本来イェジン姉をかなり好んだんですけれど。 ふふ。 このシナリオがソン・イェジンにも行っているという話を聞いた時が私も確定しなかった状態であり姉も同じだったために格別考えがなかったが本当に一緒にすることになったから戸惑いましたよ。 友人がうらやましがったことは話をする必要もないです。 彼らは最初から信じることもありませんでした。(笑い)イェジン姉とたくさん近づけなかったが俳優先輩として本当に多くの部分習ったことのようです。 ひたすら感謝します。”

ソン・イェジン、イ・ミンギの熱演とジャンルの新鮮なことで現劇場街をさらっている'"不気味な恋愛'は予期しない事故以後でおばけを見ることになった女女リ(ソン・イェジン)とおばけと魔術する男釣鉤(イ・ミンギ)のスリルある恋愛談を描いた作品だ。

助演頃j_rose1123@ /イ・ジェハrush@2011-12-08 15:58:42
by kazem2 | 2011-12-08 18:44