ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2011年映画界トップスターの成績表 イミンギLastスパート!

sports.hankooki.com
2011年映画界、トップスターの成績表計算してみると...
"最終兵器弓"paku heiruである、745万人を引いた
e0109292_11315991.jpg






韓国アイドットコムイヘヨン記者
2011年が暮れている。今年一年も映画界では、数百本の映画が公開され、雌雄を競った。
トップスターを前に出して祝福に出た映画もあって、スターパワーよりは内実を期した作品もある。
しかし、"トップスター=興行"は昔の話だ。2011年に映画界トップスターの成績表を暴いてみる。

キムユンソクの"ワンドゥクイ"6週連続ボックスオフィス1位

#-キムユンソク 本当によくしました!

"忠武路が大切にする俳優"と呼ばれるpaku heiruである。しかし、光る演技とは別に、興行とは縁が深くていない。しかし、今年は、"最終兵器弓"と悲しみを一気に飛ばした。"最終兵器弓"は、全国観客745万人を集め、国内の映画の中で最高興行記録を立てた。"トランスフォーマー3"にも、わずか50万人に遅れをとるだけだ。
キムユンソクの内攻も光った。"ワンドゥクイ"は、ややインパクトが足りないという評価にもかかわらず、6週連続ボックスオフィス1位の座を守って500万を越える観客を動員した。その土台にはおいしそうなキムユンソクの演技が敷かれていた。彼は後輩俳優乳児人(yuan)の隠れた演技力まで引き出して"ワンドゥクイ"のロングランを可能にした。
この他にもドラマの成功とは別に、映画と縁が深くなかった俳優コンユとキムミョンミンが、それぞれ映画"るつぼ"と"朝鮮名探偵"で467万、480万観客を集めて自尊心を立てた。また、キムハヌルは、"ブラインド"で青龍映画賞主演女優賞を受賞するなど、女優を主人公に立てた映画の中で最も優れた成績(236万)をおさめ ​​た。

イミンギ"クイック""不気味な恋愛"興行

#-名前の値段をやったね!

夏市場で取り組んだ俳優コスとイミンギ。映画"高地戦"は295万、"クイック"は、312万観客を集めた。"韓国型ブロックバスター"と呼ばれた両作品とも期待にはやや及ばなかったが、夏の市場を熱く機は十分だった。イミンギは"不気味な恋愛"で年末興行に出て終盤のスパートだ。
ハジョンウは、"依頼人"で、名不虚伝の演技を見せてくれたが、"るつぼ"ブームに押され、適切に光を見られなかった。ソンセビョクイ出演した"危険な挨拶​​"は、主演陣がやや弱いという懸念にもかかわらず、260万人の観客を集めたがソンセビョクイ前所属事務所との紛争が生じるなど、残念な後味を残した。

ソンガンホ、チョンドヨン チョンジェヨン ハジウォンの観客動員を期待以下

#東-奮発してください!

忠武路の興行保証小切手永遠に続くことはできなかった。
俳優ソンガンホは"青い塩"で1年余ぶりに復帰したが、77万というみすぼらしい成績表を持ち上げた。忠武路ハイシーズンに数えられる秋夕連休に封切りされたにも観客の外面を受けた。ほぼ同じ時期に封切られた映画"カウントダウン"の主役を演じた女優チョンドヨンとチョンジェヨンも頭を下げた。47万人の観客を集めた"カウントダウン"は、低予算映画"プンサンゲ"(71万人)にも満たない低調な成績をおさめ ​​た。
夏の市場最高期待作に選ばれた7鉱区"のハジウォンも、何の成果を出すことができなかった。ドラマ"シークレットガーデン"の後初の復帰作だと期待を一身に受けたが、224万人を集めるにとどまった。ハジウォンの孤軍奮闘に比べて、ストーリーが貧弱だという評価が相次いだ。この他にも、"ただ君だけ"のソジソプ、"逮捕王'のパクチュンフンなどが100万にも満たない観客を動員し、苦汁を飲んだ。

眼振の記者realyong@sphk.co.kr入力時間:2011.12.07 06:00:30

韓国アイドットコムイヘヨン記者lhy@hankooki.com
by kazem2 | 2011-12-07 11:33