ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CINE21 [Cinepedia] <不気味な恋愛>

CINE21.com
e0109292_2136679.jpg

<不気味な恋愛>で、ヨリ(ソンイェジン)がおばけを見るでしょう。しかし、ヨリの家族は、フィンランドに移住しましたよ。ヨリも海外に行けば追いかけて来るでしょうか?




Q. <不気味な恋愛>で、ヨリ(ソンイェジン)がおばけを見るでしょう。
しかし、ヨリの家族は、フィンランドに移住しましたよ。ヨリも海外に行けば追いかけて来るでしょうか?

A.おばけは壁を通過します。
突然衣装だんすから出たりもします。 おばけがドアを開けて入ってくればおばけでなく人でしょう。 こういう観点で見ればリヨリが海外に逃げてもおばけがくっついている可能性が高く見えます。 専門的な意見を救うためにソウル、中区(チュング)に位置した中原東洋哲学研究所の研究員に問い合わせをしました。 “おばけ側は私の専門ではないので正確に申し上げることはところで…”といったが一般的な東洋哲学の観点で返事をしました。 “おばけは空間を超越します。 なので東洋哲学の理論によれば人についたおばけは全世界どこでもついて行くことができます。”ところで海外まで追いかけて行くことができないおばけもあります。 “おばけの種類は色々なものです。 その中で台所や特定の場所についているおばけは人を追いかけて行きません。”結局<不気味な恋愛>のヨリについたおばけはヨリがフィンランドに行っても最後まで追いかけてくる確率が高く見えます。 怨恨が解けない限りですね。 フィンランド シラカバの森に隠れている韓国おばけを考えるとなんかもっと感動ですね。


文:シンヅヨウン
2011.11.30 Share it
by kazem2 | 2011-12-01 21:37