ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CINE212012プロジェクト ホン・ジュノ監督グローバルプロジェク「雪国列車」

☆Source
暴走するミステリートレイン
e0109292_134437100.jpg




ポン・ジュノ監督はインタビューを終え、昨年10月中旬にチェコに去った。
"ポン・ジュノの新作"という巨大な期待とあいまって、漠然と2011年クランクイン目標"ぐらいしか知られていた<雪国列車>がいよいよ本格的な制作準備に入ったのだ。フランスの漫画原作の"雪国列車"は、気象異変で地球に厳しい寒さが訪ねてきて多くの人々の死に追い込まれる未来を背景にしている。生き残った人々は水と食糧を備えた雪国列車に乗って移動を開始するために、自然に生活に必要なものが枯渇し、列車は無法地帯に変わっていく。ここで、列車は、まるでノアの箱舟のような存在だ。パク・チャンウク監督が製作者にも参加している<雪国列車>は、予算が約400億ウォン規模で知られており、80%以上の英語圏の俳優が出演し、英語の映画で作られる予定だ。

ポン・ジュノ監督が<雪国列車>を初めて接したのは2005年だった。月に一度漫画の買い物をしていた彼は、いつものように新刊をいくつか挙げてみた偶然ジプオドゥン<雪国列車>の独特の雰囲気に陥った。"じっと立ったまま読み終えるほどに魅力的だった。映画で作っちゃいけないのかと決心するのにそれほど長い時間はかからなかった。後で分かってみると、英語圏で出版されたこともなくのか著作権を買うことになったのも大きな幸運だった"というのが彼の話だ。以来、"地球が凍りついて生存者を乗せた列車が走る"という基本的なコンセプマン残して変えた。それと共に彼は、原作者の未亡人から、絵本作家まで皆に会った。シナリオも示してセクションを提供しますが、彼らが具体的に仕事に関与させないために脚色やアートワークなどは完全に現在製作陣の役割となった。

<雪国列車>は、製作会社は韓国に敵を置くが、米国、日本、フランスなどが参加する多国籍の映画で、様々な国の様々なソースが一点に交わる文字通りグローバルなプロジェクトとして企画された。現在、すべての撮影スケジュールは週単位で緻密に組まれている。特に電車内で行われることが大部分であるほど、列車のセット撮影が90%ほどになって見たら、大型セットが必ず必要だった。しかもその大三とは、カニ80〜90mだから、国内の撮影が不可能なようなものだ。これに対してポン・ジュノ監督は"最終的にチェコとハンガリーを置いて悩んでいたとき、チェコの場合、映画のインフラもいいだけでなく映画の伝統が長く、経験豊富なスタッフが豊富で、結局、プラハ近郊のバランドープスタジオに決定した"と話す。

既に韓国人のラインプロデューサーが9月にチェコに行って、関連の協議を進行中だったし17日から現地に制作オフィスを運営している。撮影はホン・ギョンピョ撮影監督が務める中で、コンピュータグラフィックススーパーバイザーは、米国、プロダクションデザイナーは、チェコなどの資本の多様呼ばれる程のス​​タッフ構成も多国籍です。英語圏の俳優の出演比重が高いのキャスティングディレクターは、現在ハリウッドで入念に俳優を物色中だ。そのように多国籍のスタッフで作って見ると、会議はいつも画像に進行された。"韓国に出てチェコに行っているプロデューサー、そしてLAのCG監督とドイツの特殊効果監督なので、韓国式とドイツ式のアクセントなどが利用入り混じって、異なるタイムゾーンを行き来してビデオ会議をすると、くたくたになった"というのがポン・ジュノ監督の話だ。

<雪国列車>は、"電車"そのものを緻密に入れるアクションスリラー映画になるそうだ。エドウィンS. ポーターの<隊列の車の強さ>(1903)やバスターキートンの"ゼネラル"(1926年)にまでさかのぼらない場合でも、アンドレイコンチャルロプスキウイ"暴走機関車"(1985)など、いわゆる"電車映画"の系譜は厚い。自分の好きな電車ゼロ化とは、"男たちのロマン"というのが彼の考えだ。そのように後ろから前へ長く続く一直線の空間で繰り広げられる話が<雪国列車>の核心だ。それで映画狂の彼が好むほどのロバートアルドゥリチウイ<北極の帝王>(1973)について尋ねた。無賃乗車の達人リーマービンと悪名高い車掌アーネストボーグナインの対決を描いた"北極の帝王"も、ほとんど電車の中で繰り広げられる迫力満点の話だ。特に、無賃乗車の電車の中で落とすために、車掌さんが作った様々なツールには舌をネヅルゲする。これに対してポンジュノ監督は、"もちろん大変な映画だ。列車の映画ならではのコンベンションと純度の高いマッチョたちの対決を見せてくれるパワフルな映画だ。しかし、<雪国列車>は、そのおじさんヅミョンマン出てくる映画ではない"と言いながら笑う。加えて、その劣らない電車での様々なダイナミックなテクニックが登場するという強引な暗示も渡した。

結局、核心は、列車そのものにある。"<怪物>を作って、前後には、他の監督たちが漢江(ハンガン)​​で映画を釘撮ることにしてくれるという気持ちがあったが(笑)、<雪国列車>は、"これ以上の列車の映画はなさそう"という気持ちで臨んでいる"と述べている。"これから電車を題材に映画を撮るとは思わない"という自信というか。いわば、既存の列車を舞台にした映画はもちろんであり、今後の映画まで含めて、いわゆる"電車のジャンル"映画に終止符を強く残すことができる心であること。一緒に韓国俳優に出演予定のソン・ガンホについては、"<スターウォーズ>の"一ソロ"のような魅力的なキャラクターを思い浮かべるとなるだろう"と話す。<雪国列車>は、来年3月頃クランクインし、2013年に公開されるのが目標だ。

チェコバランドープスタジオ
"ミッション:インポッシブル""ボーンアイデンティティー"も作ったところ

チェコの映画界を代表するバランドープスタジオ(Barrandov Studio)は、ミロシュフォアマンの"アマデウス"(1984)を撮影した場所として知られ、有名になり始めた。ここでは"消防士の舞踏会"(1967)などを作った、チェコ出身のミロスフォアマンが、ハリウッドに進出した後も、"アマデウス"を望んでドープで作成され、そのブームを起こしたもの。もちろん、1931年に作られたここは、もうずいぶん前から、ヨーロッパ最大規模を誇っており、第二次世界大戦後の近代的なスタジオで水中戦の撮影も可能な大型水槽が設立され、世界中の映画製作会社はよく使用するスタジオになった。以来、民営化がされて自由市場体制の下で、経済的困難を経験したが、"アマデウス"など外国映画の制作が増加し、その名声を維持することができた。

以来、巨大なセットの規模と同じように経験豊富なインフラストラクチャは、硬くてハリウッドの大作も先を競ってほしいドルフを訪れた。"ミッション:インポッシブル"(1996)を皮切りに、"ボーンアイデンティティー"(2002年)、"ブレイド2"(2002年)、"ヴァンヘルシング"(2004年)、"007カジノロワイヤル"(2006年)、<G · Iジョー:戦争の序幕>(2009)などがバランドープスタジオの力を借りた映画だ。<雪国列車>も、80、90m以上の長い長さの大規模な列車のセットを必要とするのにバランドープのスタジオに巣を作った。

文:ジュ・ソンチョル 写真:ベク・ジョンホン 2011.11.15 Share it
by kazem2 | 2011-11-15 13:53