ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

韓国映画の印象的な監督⑧ ナ・ホンジン

Source
"韓国スリラー映画の進化"
e0109292_21461081.jpg

◇ナホンジン、追撃者(2008)



◇2001〜2010年には必ず覚えておきたいその映画は、その監督

filmography

黄海2010年、追撃者2008年

"追撃者"(2008)は、多方面に意味のある映画だ。一応<追撃者>は、韓国スリラー映画の地位を高めた。<追撃者>が、誰も期待していなかった観客動員に成功すると、忠武路には、競争的にスリラーブームが起こった。ハジョンウが演技した'ジヨウンミン"は希代のサイコパスに残ることになった。これで、ジヨン民は、今後サイコパスを演じる俳優たちが、必ずしも優れて越えなければならないハードルだ。しかし、何よりも"追撃者"の最も大きな成果は、スリラーの伝統的な戦略から脱却したということにある。
この映画のランニングタイムは123分である。しかし、ミジン(西ヨンヒ)を"忘れてしまった"チュンホ(キムユンソク)の狭い路地で'4885'を追跡し、彼を警察署にチョノトウルまでが前半30分以内に行われる。ここで、観客たちは、後頭部を一台の右ドゥトヘトウルのだ。これで、何の映画を集めていくのだろうか。普通のスリラー映画は、疑問だらけで始めてもつれているものを一つずつ解いていって会心の逆転に端を出す。この事実に注目したとき、"追撃者"は、映画が始まるやいなや、重要な牌だカボインわけだ。<追撃者>には、小手先ではない。最初から最後までほとんど動くと見ても構わない、"追撃"に非常に忠実な映画だ。ナホンジン監督の特別な野心は、前半30分に既に暴露される。その後、観客たちは、代替123分の何に魅了ジュンホと一緒に動くのだろうか?おそらく、鮮やかな人物たちと'2008年のソウル"をジルポンハゲごろごろと転がる、映画のリアルなゴンギイルのだ。この映画は、観客がジュンホに緊急に応援を送るようにすると同時に、恐るべき殺人狂ジヨン民に対する恐怖と幻想を抱くようにする。ジュンホは、ミジンを保存しますか?ところが、さすがにジヨン民が失敗するだろうか?一般的な観客ならば"微弱"の存在にぴたっと密着する。この映画では不十分を救う唯一のシューティングでは、ジュンホダ。だからどこかミシムチョクオも彼を頼るしかない。ジヨン民は女性をジャプアダ生きたまま頭の中で絆を打ち込む狂人だ。その戦士は、密かにこっそり出てくるだけの映画ではほとんど説明されない。彼はなぜ人を殺すのだろうか?ここでの答えもない。だから、もっと与えることだ。ナホンジン監督でさえ"理解したいと思っていないキャラクター"と丁寧に上手く移ってしまった。(まさにこの点から、この映画は、道徳的に非難受けたりもする。)なおさらジヨン民は、"悪い奴"になる。"ジャプヒョトウてほしい。いや、必ず取れてばならない"という切実さが多くの観客をポバクハンのだ。だから<追撃者>は、観客に頭脳戦を提供するというよりは、苦痛の分担を提案するスリラーだ。


▶馬鹿力と商業性の絶妙な綱渡り

さて、さて、ここで興味深いのは、肝心の映画の態度は、善悪の果ゴンミョンシム、蓋果天仙などの伝統的な徳目には関心がないということだ。"追う者"豪はボドバンを運営する悪徳オプジュダ。前職刑事だが、収賄の疑いで解雇された。善良な英雄とはほど遠い人物だ。それでも、表面上は傾きかげんが、実際は気さくな'鋼鉄中'ともない。彼が消えたミジンを必死で探す理由は単純だ。ミジンが自分の私的財産だからだ。自分のバプボルイを強奪されたということ。ジュンホには強力な動機がある。ジュンホは、前代未聞のキャラクターとして残ることになったのもまさにこの点だ。しかし、ナホンジン監督も少し妥協した部分がある。これは、商業性という"美しい結果"に帰結する。ミジンの娘の存在だ。ジュンホは、ミジンの娘と同行してから急激にジュンホに英雄的な重みが加わる。実際には'鋼鉄中'ではないが、"公共の敵"と戦う鋼鉄のように見え始めるのです。特に雨の日の車の中で微弱の娘が悲しく泣く姿を努めて無視しながらも複雑さを隠すことができない中豪の顔は、このような感情を極大化した、スマートな場面だ。この場面がなければ、観客500万人の動員が可能だったのか?しかし、この映画の感情を考慮すると、この時、ジュンホの表情には同情ではなく、困惑して読み取らも問題ないと思います。"仕事が思ったより大きくなった"と困惑だ。この映画は、多分困惑を克服することについての映画だ。問題の鍵は、ジヨン民が握っている。彼は映画の序盤、自分が女を売ったのではなく、殺したと告白する。しかし、証拠がない。犯人が目の前にモルチョンヒいてもつかめない。映画は序盤から無能で怠惰な公権力を意図的に木だそうだ。しかし、これは、<殺人の思い出> <怪物>などであらわれる批判とは大箱を異にする。むしろ<追撃者>で、これがジヨン民の怪物性を最大化するために使います。ジヨン民は決して簡単に取れないだろうし、この追撃戦は思ったよりも長くなることを示唆している。"追撃者"がやや長いランニングタイム、後半部の弱点にもかかわらず、観客たちをホルリルことができたのには金尹錫と賀正優と呼ばれる卓越したキャスティングの力が大きかった。彼らはこの映画以降、"身代金"が急激に上がった。特に、金尹錫は意味を持って初主演作でもある。ナホンジン監督は二人の俳優のエネルギーを髄まで入っていません。二人は死力を尽くしたが、このような態度は、"黄海"にまでつながる。シルファインユヨンチョル事件をモチーフしたという点も、劇の没入度面でも、マーケティング的な面で立派に機能している。その一方で、いざ映画ではこの点を露骨的に喚起させなかった。また卓越した選択である。このほかにも、ソウルのあちこちをヌンランハゲフルオネン、カメラワークのハイウェー大きい。夜神が主流の映画だが、青の光と闇がスリラーというジャンルとの完全なチャクペルルなす。偶然がもたらした結果が、ハジョンウが逃げて路地で滑るシーンなど、ディテールに輝いたの名場面も多い。これらすべてのことは、ナホンジン監督の執拗な計算とコントロールの下で出てきた。確かに<追撃者>は、作品よりもそれを作った監督が気になる映画だった。"果たしてこのような映画を作った私は、奴は誰なのか"、である。妥協のないナホンジン監督は、ようやく脱出に成功し、アリスーパーに着いた微弱を必ず殺してしまう。それもボルゴン日光の下で。安堵感を感じるところだった観客はほぼグロッキー状態に陥る。ジュンホの最後の死闘も、微塵の贖罪ではなく、恐怖の対象自体を削除したくてだったのかもしれない。自分が住まなければならないからだ。夜、路地、吐き気が出るほどの全力疾走、ハンマーの音、ジヨン民の子供のような微笑。この映画は、不便な快感たちで一杯になっている。映画の最後、ジュンホが窓際に立って、都市の華やかな夜を見下ろすシーンには、はるかな緊張や不安、恐怖がまだ残っている。この鋭敏な異質感はナホンジン監督の二番目作品<黄海>がそっくりそのまま受け継ぐ。
改めて驚くべき点は、<追撃者>がナホンジン監督のデビュー作だったという事実だ。★

ムービーウイーク2011-11-02 11:27:01
by kazem2 | 2011-11-10 21:50 | Movie