ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

韓国映画の印象的な監督⑥ リュ・スンワン

Source
"いそいそ爆発するアクションのエネルギー"
e0109292_20472995.jpg

◇リュスンワン、パートナー割って(2006)



◇2001〜2010年には必ず覚えておきたいその映画は、その監督

filmography

不当な取引2010年、タチマワリー-悪人よ地獄行急行列車に乗れ!2008年、パートナー割って2006年、拳が泣く2005年、阿羅漢張風大作戦2004、血も涙もなく2002年、死んだりあるいは悪かったり、2000

<チャクペ>は、リュスンワン監督の五番目の長編演出作だ。
2000年代初めの映画界に登場した"アクションキッド"はこの映画を通じて初めて自分のアクションの哲学が何であるかを確実に示すことに成功した。<チャクペ"の英語タイトルは"City of Violence"だ。つまり、この映画は、法と正義のような善良な価値ではなく、暴力が支配する世界をベースにする。しかし、リュスンワン監督は、この世界に、とうとう突き抜けて入り、執拗に食い下がるのには別に関心がないように見える。"チャクペ"で、"映画的世界観"などというものは重要ではない。代わりに、その場を細かく埋めるのは、体と体が正直にぶつかって発生する血と汗の快感だ。スパゲッティウェスタンから、武侠映画、フィルムヌアルカジ合わせた無国籍アクションのスタイルは、"チャクペ"が"アクション活劇"という目的そのものに完全に忠実な映画であることを物語っている。リュスンワン監督は、純粋なジャンル的クェガムマン残しゴトモトと重量感はシュート軽減した。のろのろして、むしろ中覆す登場人物たちの忠清道なまりとしらじらしいコメディ感覚は、無駄な悲壮美が発生する状況を完全に制御する。ため、公開当時この映画は、多くの場合、"忠清道ノワール"という不思議なニックネームで呼ばれていた。通過するシーンですが、浴室に人ジャプアダておいて"子(つま先)からジャルルカユ、親指からジャルルカユ?"と、一歩を狂いが生じたとの距離は、生半可な拷問技術者(ギムギチョン)を照明する余裕を見てください。"チャクペ"は、リュスンワン監督が直接アクション演技をした初めての映画ではない。彼の長編デビュー作"死んだりあるいは悪かったり、>で刑事ソクファン(<チャクペ>でも、リュスンワンの劇中の名前はソクファンある)を演技して'ビリヤード仲間割れ神"のような圧倒的なアクションシーンを誕生させた。しかし、長編デビュー作で、演技までして噴出したのは、奇異で他人のエネルギーは、"血も涙もなく"から"拳が泣く"を経てある程度希釈されていたのが事実だ。整頓されていないリュスンワン監督特有のエネルギーは、彼がいわゆる話をする"主流の商業映画"の世界に編入された後弱くなったり、姿を消すようだった。しかし、"本物のアクション映画を作りたい"監督の喉の渇きは、簡単にしていくされておらず、同じように、定型化されたアクション映画の枠に炎症を感じたチョンドゥホンのアクション監督が加勢し、ついに"チャクペ"が誕生した。したがって、<チャクペ>は、リュスンワン監督の新たな出発点ではなく、彼が描いた映画の哲学の点線が明らかな実線に変貌した点に見て正しいようだ。この映画は復讐のために走って行く二人の男のバーディームビダ。ストーリーは簡潔な中で、様々なアクションが派手なショチョロム散発的に飛び出してくる。途方もない象徴ではなく、動きそのものが与える新鮮なエネルギーに注目する。したがって、ここには緊張感や反転のようなストーリーの力が入り込む余地がない。<チャクペ>は、最初からピルホ(イボムス)が"公共の敵"ということを明らかにして直線的に話をずっと広げる。つまり、アクション、またアクションです(学生時代の回想シンジョチャ仲間割れです。)イオンの夜の通りで、B - boyと野球部、女子高生ギャングと"乱戦"を行ったソクファンの太守(チョンドゥホン)は、映画のクライマックスであるウンダンジョン決闘の神のためにミッションをクリアしているゲームのキャラクターのように進む。リュスンワン監督が"犯罪にやつれた都市なら10代の若者が裏路地を占めたもの"という考えで作った通りの戦いがいたずらをするよう軽快している場合、いくつかの座敷で構成される2階建ての木造の建物ウンダンジョンエソ繰り広げられるアクションは、アクション映画に捧げるオマハ株だ。ここでは、鋭いナイフのイメージが圧倒的だ。特定の場所で作成できるジャンルのスタイルを完璧に理解した結果だ。このように、<チャクペ"の人物たちは、ジャンル的快感をのために血をこんこんと流して戦う。

▶<不当な取引>につながった堅固さの正体

イオン性がヌアルウイ都市という点で、<チャクペ>は<死ぬかあるいは悪いか>とある程度大を成す。しかし、高校生たちの仲間割れと組織暴力団の世界が登場しても、二つの作品をデカルコマニーに見ることは難しい。ただ人工的な舞台ではない現実の世界の躍動感が、リアリティーを維持しようとする熱いエネルギーの程度が似ているだけだ。むしろ<チャクペ"は、一定の<血も涙もなく"が描いた世界に身を重なることもある。主人公が記憶していた思い出の故郷は、すでに暴力の都市に変わった。観光特区に ​​開発され、カジノが建設されるには富鉱帯の誘惑の前で、友情という価値は、古くさい過去の遺産だけだ。結局、テスとソクファンは、破壊された価値を回復させるのには失敗する。お金の袋を置いて争奪戦を繰り広げ、最終的に欲しいものを得ることができない"血も涙もなく"の女たちと、消えたことを換起できない"チャクペ"の男たちはそのように重なる。結局<チャクペ"は、簡単に英雄を誕生させないリュスンワン監督の基本的な哲学に、アクションジャンルの快感を終わりの間のところまでいそいそ押し通した馬鹿力がギョベドゥェンユニークな結果である。だからこの映画は最後まで悲壮さを拒否する。冷ややかに死んでしまった過去の友人たちを前にして世界で最も素敵な一言を吐くようなソクファンの最後の台詞は"あ、さん×"である。昨年公開された"不当な取引"が"リュスンワン監督の頂点"に選ばれるには異見がないように見える。
"タチマワリー-悪人よ地獄行急行列車に乗れ!"でアクション遊戯を残すことなく終わらせたリュスンワン監督は、初めて一つのスタイルを強固に完成したようだ。それはある日、ぷつんと飛び出してきた天才性ではなく、デビュー作から続く"チャクペ"で頂点をとったエネルギーをストーリーとシームレスに結合するノウハウが発揮された結果だ。前作と比べるとアクションシーンは、目を洗って探さなければならないほどに減少したが、<不当な取引>は、リュスンワン監督が追求する"ノワール"の真の完成型であるのはそのためだ。この映画には抜群のコメディーセンスとうごめいているエネルギーが存在するかと思えば、同時に清潔な映画的文法も存在する。スポンサーや検察、警察とマスコミまで続く黒いコネクションを告発するのは、"チャクペ"の都市イオン性を大幅に拡大したことに他でもない韓国の現実だ。打って転がりアクションを少し静まったリュスンワン監督の世界には、鋭い現実告発感覚とジャンル映画の文法がしっかりと遭遇した"不当な取引"という"進化"が残った。★


ムービーウイーク2011-11-02 11:24:01
by kazem2 | 2011-11-10 20:52 | Movie