ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

韓国映画の印象的な監督⑤ イ・ジュンイク

Source
商業映画と非主流の幸せな出会い
e0109292_20205257.jpg

◇イジュニク、王の男(2005)



◇2001〜2010年には必ず覚えておきたいその映画は、その監督

filmography

平壌城2010年、雲を抜けた月のように、2010年、あなたは遠い所に2008年、楽しい人生2007年、
ラジオスターの2006年、王の男2005年、黄山ヶ原2003、キッズカップ1993

過去10年間、韓国の主流の商業映画界で最も多くの映画を作った監督はイジュンイクだった。
2003年"黄山ヶ原"で始め、2010年の"平壌城"まで、彼は8年の間映画七編を演出した。
彼はこう言ったことがある。"私は最初から映画を労働者に学んだ。夜明け前に起きてセビョクバプ食べて私がこれから起こる状況について悩んで撮るのが映画のようだ。映画は、極限の労働である。第一は、肉体の極限、第二は、脳の極み、三番目は心理の極限。日常が今後の映画で、映画は世界を盛る器で、世界は、労働の現場だと思う。" イジュンイク監督は、過去10年間のセットとロケーションのオフィスに出勤している映画の労働者であり、この事実だけが彼のダサンソンを説明することができる。もちろん、ここには七編のうちの5編に出演したチョンジニョンという俳優と、ほとんどのシナリオをメマンジンチェソクファン作家と若い頃から共にした故情縄鞋"映画社朝"の代表とジョチョルヒョン"タイガーピクチャース"の代表とカンウソク監督のような知人がいた。彼は文字の半分他意半分にメガホンを取った演出デビュー作"キッズカップ"が1993年に出たという事実を考えれば、彼は"黄山ヶ原"で10年ぶりに帰還して凝縮された、その何を吐き出すかのように見えた。そして、"平壌城"封切り前に、損益分岐点を超えない場合、商業映画監督として引退するという宣言をしたし、今ではその約束を守っているところだ。どのように見ると、毎年一編ずつ映画を出した時の疲労感がそのような方法ででも彼を休ませて作るのかもしれない。その期間中にイジュンイク監督は、自分のテーマを守るための決戦を繰り広げた。中堅監督たちがよく持たれる商業的な成功や、芸術的な達成のための野心が、不思議なことに彼にないように見えた。代わりに、彼の映画は強い主題意識を向けており、それがますます高まって露骨に現れた。もちろん、それに伴う資本の圧迫もますます強くなってきた。この点で"雲を抜けた月のように"(2010)はイジュンイク監督の過去10年のフィルモグラフィーからの頂点を成している。この映画でイジュンイク監督は、時代劇アクションというジャンルの快感をほとんど放棄して、壬辰倭乱という歴史的状況とパクフンヨンの原作漫画をベースに、自分の無政府主義的な性向を表わして、主人公キョンジャ(民県)を通っては、現在の'88万ウォン世代"が置かれた状況を見せてくれようとする。


▶主題意識と観客との距離

イジュンイク監督の映画は、常に自分が露出したい主題意識と観客との距離を置いて戦った。ところが、彼 ​​が少しでも直説法を駆使しようとダガソミョン観客はその分後ろに後退した。"ラジオスター"だけに"楽しい人生"が呼応を得ることが出来ないのはそういう理由だ。二つの映画皆、社会の主流のシステムで押し出された男たちを主人公にした、"イジュニク式の音楽映画"だ。ここで、<ラジオスター>は、スターとマネージャーの間の"友 ​​情"という普遍的な感情を中心に展開されるが、"楽しい人生"は、人物たちの現実を繰り返し露出する。ここで皮肉なことが発生する。何かを主張し、現実にもっと介入し、主題意識を強調すればするほど、彼の映画では曖昧になって、観客との距離は遠くなる。<雲を抜けた月のように"を受け入れるのが難しいのは監督が伝えたいメッセージがあまりにも世紀のためではない。メッセージの強さに比べてその方法論があまりにも曖昧だからだ。<王の男>は、彼が大衆と最も幸せな方法で出会った映画であるのだ。この映画はイジュンイク監督の持続的なテーマが最もよく表れと同時に、観客の感性に訴え、さらにそれらをしている。この映画がどのように'1、000万人の観客"を越えることがあったのか(その結果、40億ウォンの借金を返すことができる)どれもすっきり分析を出せずにいるが、イジュンイク監督の解釈は明快だ。非主流の精神を描いた時代劇。"非主流"という言葉は、彼の過去の人生と映画の七編を統合的に説明できる唯一のキーワードであるかもしれない。"王の男>を表面的には長生(カムウソン)とコンギル(イジュンギ)をはじめとする役者たちが非類であるかのようにに見えるが、廃妃の子として王位についた燕山君も王室というシステムの中では非主流であり、寄生出身で設定された後宮ジャンノクス(カンソンヨン)もビジュリュダ。<王の男>は、このような非主流たちが織りなす遊び勝負であり、ここで長生の階級的な恨みや、燕山君の母の記憶のようなトラウマが爆発する。そして、同性愛というモチーフも、非主流のテーマと一脈相通じる。このように率直な映画<王の男>が直接的ではなく、バイパスの画法を駆使することができたのは、"フレーム構造"のためだ。ピエロたちの遊びとコンギルの人形劇と燕山君の影グクチョロム、<王の男>には、複数の"物語の中の物語"がある。その話は"物語の外の話"とをシームレスにドィソクインダ。ピエロは、重臣たちの不正を暴露する遊びをした後に大感謝一つがパジクされ、来館チョソン(チャンハンソン)の秘密のコマンドで京劇は、引数の比(ユンソジョン)の死につながる。このようなドラマトゥール機は、観客の視点を頻繁に移動させ、映画を動的に作成します。"王の男"が持つもう一つの原動力は"場所の変更"だ。この映画にはジョンボクジョク快感がある。王は、ピエロの人生を羨望する。絶対権力を持つ王は、むしろ広大のよどみない皮肉で、真の自由さを感じる。そしてピエロは、調整を文字通り持って"遊ぶ"。ここで、イジュンイク監督は下層民を権力化する方式ではなく、権力上層部にいる人を下層に低下させる方式で権力構造そのものを無意味にする。このような"非主流のジョンボクソン"は、他の映画でも表示されます。"黄山ヶ原"の主人公はギェベク(パクチュンフン)とキムユシン(チョンジニョン)が、監督が最後まで捕獲している人物には名前すらない人物"ディック"(イムンシク)だ。彼は、狂気の戦争で生き残って家に帰る。<ラジオスター>では一昔前のスターチェゴン(パクチュンフン)と彼のマネジャーパクミンス(アンソンギ)は、辺境のラジオ放送を通じて再び帰ってくる。"楽しい人生"では失業者と失業者や一人暮らしの父親が死んだ仲間の息子と一緒にバンドを組織して弘大に進出して自分たちだけのステージを作る。<あなたは遠いところに>から順(スエ)は、戦場のど真ん中で夫サンギル(オムテウン)の頬を殴る。<雲を抜けた月のように"の彼らは、ワンマジョ離れてしまった、そこから世界を変えようとする。イジュンイク監督は現在、一時的に息を均等にしている。彼が引退を翻意するか、商業映画ではなく、独立映画方式に転換するかどうかは分からないが、いつかは彼の新しい映画が出てくるものであり、その反骨精神はヨジョンハルだ。ここではどのような変化の姿に会うことができれば、それが"方法論"に対する悩みの所産であってほしいします。伝えようというテーマと観客の間隔をもっと狭くすることができる操作。彼の九番目の映画を待ってみる。★

ムービーウイーク2011-11-02 11:24:01
by kazem2 | 2011-11-10 20:25 | Movie