ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

韓国映画の印象的な監督④ イ・ミョンセ

☆Source
"ビジュアルのイメージの中の映画的な感覚と概念"
e0109292_18401284.jpg




◇2001〜2010年には必ず覚えておきたいその映画は、その監督

e0109292_1840469.jpg

◇イミョンセ、刑事(2005)

filmography

ミスターKの撮影準備中、M 2007、刑事Duelist 2005、情け容赦のない1999年、激しい愛1996年、
男はつらいよ1995年、初恋の人1993年、私の愛私の花嫁1990年、お笑い芸人1989

<認定容赦はない>と完成度はもちろん興行でも、大きな成果を収めたイ・ミョンセ監督に、当時の映画界のかなりのメーカーはほとんどがラブコールを送った。しかし、彼は2000年4月に突然アメリカに発った。
"情け容赦のない"がサンダンス国際映画祭で上映された時、映画を見たジョナサンドミ監督の熱狂的支持があったが、かといって彼が米国で活動することができる強固な基盤が用意されたのではなかった。そこで彼は、いくつかのプロジェクトを提案されたが、アジアから来た新人(?)監督に最終的な編集権を渡すのスタジオではなかった。その4年の時間が流れた。米国に渡った後、時々 、韓国に入ってきた時に出会ったイ・ミョンセ監督は"ミリオム"というシナリオを持っていたが、このシナリオでは、後的に発展したプロジェクトだ。
"24時間の映画だけを考えること"という自分の原則は、米国でも利用しており、現場にいなかっただけで、彼の頭の中で、着実に映画が撮影されていたのかもしれない。2005年には、"情け容赦のない"以来、6年ぶりに出した<刑事Duelist>は、有頂天の画像の饗宴だった。<刑事Duelist>は、タイトルが直接的に露出されるように"対決"のための映画だ。ナムスン(ハ・ジウォン)と悲しい目(カン・ドンウォン)は、刑事と犯人の関係ではなく、まるで愛憎を抱いた恋人のようにお互いにぶつかり分かれて対決する。映画は、話よりも、彼らの対決を通じて、様々なビジュアルとスピード感とゴンガンソンなどを表わしてピークに達している。この映画で犯人がジャプヒヌニャ、どうかはさほど重要ではない。"刑事Duelist"で重要なのは"刑事Duelist"、すなわち、ミジャンセンを占める二人の対決構図だ。イ・ミョンセ監督の作品世界を時期的な観点から眺めると、数つの難点が生じる。1989年<コメディアン>から<私の愛私の花嫁> <初恋> <男はつらいよ""激しい愛""情け容赦のない>そして6年後に出てくる<刑事Duelist>とまで、彼の映画では、持続的なテーマや、好まれるジャンル、何度もキャラクターがない。代わりに、イ・ミョンセ監督の映画は、2つの質問への安定した答えです。"映画とは何か?" そして、"愛とは何か?"


▶"映画とは何か"に答える、映画

 特に"映画とは何か?"という根本的な質問は、彼の映画を一貫して把握することができる唯一の文である。彼の映画は商業映画と芸術映画の境界線とも関係がない、どのように見れば他の道に立っている映画のように見える。これは、イ・ミョンセ監督がどのようなコンセプトや商業的な企画ではなく、自分だけの"映画的感覚"が投影された世界を着実に拡大させた結果だ。ほぼ独学で映画の言語を習得した彼の画面は、慣習的文法に慣れている観客たちにどのような方法で衝撃を投げる。それは生まれて初めて見るアクションシンイドゥン(情け容赦のない)、幼稚に見えるファンタジーも負けて(初恋) 、夢か現実なのかあいまいな話でも(コメディアン)、"イ・ミョンセ映画"は"イ・ミョンセ、映画"だ。<刑事Duelist>も"アクション時代劇"のようなジャンル的コンセプトでアプローチするのが難しい。イミョンセ監督は不変なことの中で置いて着実にその周辺を拡大させる。綿菓子を作成するときのバー("映画とは何か"という質問)は、中でじっとしていて、その周辺に綿菓子(その質問に少しずつ、自分の解答)が吸い付くような姿を連想させる。それで、彼の映画は、その時期、彼が悟った"映画とは何か?"への回答の集合です。

<刑事Duelist>で最も目立つのは、評論家ショウ・ビョホンが指摘した"運動とリズムによって作成された感情のアクション"である。視空間が消えたかのような画面上で、まるで踊るように戦うナムスングァ悲しい目のアクションが代表的だが、イ・ミョンセ監督は映画を通じての動きによって生じる"(kinetic)感覚とイメージの新しい感じを観客に伝達しようとする。<情け容赦のない>の和と合計が競合しているアクションの快感を見せてくれたら、<刑事Duelist>は、動きや画面の構図とスピード感が調和した形状である。二人はまるでダンサーのように画面上でパフォーマンスを見せて、ここでは無声映画時代に主に使われていた画面の変換技術が使用されます。美術とCGとミジャンセンなど、様々な試みがあったが、<情け容赦のない>は、ジャンル的仕組みをある程度備える。刑事は、犯人を追跡し、血みどろの戦いを繰り広げ、その結果、犯人が捕まる。しかし、<刑事Duelist>はそのようなジャンル的慣習からの相当な部分離脱する。イ・ミョンセ監督は最近のインタビューで、映画の"物語"というのはメクゴピンエすぎない、つまり、何かを見せるための口実に過ぎない、という話をたびたびしたが、<刑事Duelist>から、それを本格的に実践します。それに対する批判者たち"非どれが良く内容がない"と話したりするのに、このような指摘はイミョンセ監督の立場としては不合理なのだ。彼が観客に伝達する内容はまさにそのビジュアルやイメージの中に込められた映画的な感覚と概念だからだ。<私の愛私の花嫁"(ロマンチックコメディ)や"情け容赦のない"(刑事アクション)のように、ある程度のジャンルの要素が強く見えるほど、彼の映画は良い興行成績を収めた。しかし、初恋(初恋)、不倫(酷い愛)、会社生活(男はつらいよ)のような日常的で明らかで目に見える話をイ・ミョンセ監督だけの方式で消化し ​​た映画は、あまりシントンハン成績をおさめ ​​ることができなかった。たぶん"刑事Duelist"が期待さに満たない興行成績を収めたのは、そういう理由であるかもしれない。この映画は2000年代半ば、"ウェルメイド映画'という美名の下に慣習化されたドラマが主流をなした韓国映画界ではエイリアンのような存在だった。<刑事Duelist"以後イミョンセ監督は、"初恋"の延長線上にあるように見えるこの映画は夢、記憶、想像、思い出、忘却などの空間化させる。そこには生者と死者が共存し、フレーム構造で空間の中に空間を照らして、ノスタルジーが漂うこともある。起承転結のストーリー構造との距離が遠い、この映画には破片化したイメージが突然登場しているように見えるが、まるで"不思議の国のアリス"のような魔術的な通路があるように見える。これは、光と闇のギョチャイルも、"ルパン三世バー"の場合も、頻繁に登場するゴウルイルこともあり、現在イ・ミョンセ監督は、スパイ映画"ミスターK"を準備している。妻に正体を隠したまま、事件に飛び込む秘密要員の話だというのに、彼が今度はスパイのジャンルをメクゴピンみなし、また、どのような新しい映画的感覚を見せるだろうか?期待される。★

ムービーウイーク2011-11-02 11:24:01
by kazem2 | 2011-11-09 18:50 | Movie | Comments(0)