ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

韓国映画の印象的な監督③ パク・チャヌク

☆Source
<カタルシスがない複数の...>
e0109292_18201033.jpg






◇2001〜2010年には必ず覚えておきたいその映画は、その監督
e0109292_1822280.jpg

◇パク・チャヌク、復讐者に憐れみを(2002)

filmography

ストーカー制作中、バット2009、サイボーグでも大丈夫2006年、親切なクムジャさん2005年、
オールドボーイ2003年、復讐者に憐れみを2002年、共同警備区域JSA 2000、3人組1997、
月は... 太陽が見る夢1992年

パク・チャヌク監督は韓国映画界の"復讐3部作"をプレゼントした。
冷たい前菜から舌がデルのように熱い、メインディッシュ、そしてさわやかなデザートまで、複数の晩餐を整え出した。監督自ら"復讐は私の原動力"としたほど、彼はしばらく"復讐"に惹かれていた。
彼は、復讐心から派生する、人間の罪の意識と救い、そして必然的に追いつくの暴力の循環を探検した。
<復讐者に憐れみを>はその3部作の信号弾だった。この映画はハードボイルドというジャンルに簡単に説明しますが、実際にはブラックコメディに近い。復讐という欲望に駆られた映画の中のキャラクターたち、そして徐々に地獄にもなっていく光景を緊張したまま見守っている観客の嘲笑に満ちた、不思議かつコミカルな映画だった。"復讐者に憐れみ"の原題は"破壊された男"だった。これは、東進(ソン・ガンホ)を意味すると同時に類(シン・ハギュン)を意味することもある。この映画が登場してからいつのまにか10年が経って行く内容がかすか観客もあるだろう。ので、多分それぞれ密着していたキャラクターの視点でこの映画を覚えているかもしれない。しかし、この映画は二人にほぼ公平な視点を割いている。
ラジオのDJの口から"私は優しい人です"と紹介されているリュエゲソ出発して、"それなりに真面目に生きてきたと思う"という東晋のもとにバトンを渡す。"優しい"というあいまい、抽象的な言葉で定義される二人の男は、偶然の不幸で始まった、凄惨な復讐劇の主人公になる。復讐心は、"善良な二人の男'を'怪物'に変異させる。これらの復讐劇は、残酷だというより奇怪である。人の臓器を摘出しオジョクゴリゴ、アキレス腱を切って殺しますが、感情的には決して爆発しない。クンクン苦しむサクヒンダ。さらに主人公が話ができない聴覚障害者である(!)このような点で、"舌をでたらめに悩む""オールドボーイ"(2003)とは対称点にある。だからこそ、"復讐者に憐れみを"が大衆的には大きな愛を受けることができなかったのだ。感情移入ポイントがあまりない。さらに、"よりによって"<共同警備区域JSA>(2000)の次回作だったという点が大きかった。大衆は自分たちに、"ウェルメイド商業映画"を提供したパクチャヌク監督に裏切られた気持ちだったはずなのに、パク・チャヌク監督は、むしろ、この反応を見てくすくすん上書きしてしまったかもしれない。このような不条理さが、パクチャヌク監督の永遠のテーマだからだ。

▶ジャンルをばかにする不条理の美学

"復讐者に憐れみを"は、観客に感情的なショックを与えた(同時に、この映画が完結性を獲得し、傑作になった)決定的な理由は、この復讐劇にはまったくカタルシスがないという事実である。これらすべてのことは、ハプニングに過ぎないし、悲壮な復讐劇の結末も、ハプニングで終わる。理由がない。"だからコメディー"と評論家の真心は論じている。痛快さがない復讐劇。誰も救ってくれないの終わり。<復讐者に憐れみを>は、韓国の商業映画が到達できる断崖まで駆け上がった映画だ。


この恐ろしいハプニングのきっかけは、類の病気の姉(イム・ジウン)だ。
類は姉の腎臓移植手術のために違法な臓器売買業者に自分の腎臓と全財産を越えるが、詐欺にあう。
その時、病院からの腎臓のドナーが見つかったという連絡を受けたの類は、ガールフレンド、英米(ペ・ドゥナ)と共謀し、東晋の娘を誘拐するに至る。その有名な"善良な誘拐"事件だ。一度始まった悲劇は手のほどこしようもなく大きくなる。自分のために妹が子供を誘拐したという事実を知ることになった類の姉は自殺し、この中で、東晋の娘は水におぼれてスムジンダ。これらのことは偶然で触発された。善良な類は何も意図していない。しかし、悪い結果のため、類は復讐心に取りつかれている。同時にトァリのはのは、東晋の復讐心だ。
自分がなぜこんな目に割り当てる必要かどうか納得できない東進は類を探すのに血眼になる。この時から映画はブレーキなしで走っていく。類と東進は、ただ"復讐"という動機だけで運動をする機械類のように行動する。最初は娘の体もまともに見てできなかった東進は自分の専攻である電気技術で人々を拷問した後、おしっこをジリゴ軸たるんだ肉体の前でチャジャン麺とあんをオジョクゴリンダ。類は臓器売買業者の頭を豆腐のようにつぶして臓器を取り出して食べる。パク・チャヌク監督の得意の不条理なユーモアは、<復讐は私のこと>で、最高度のバランスを成している。さらに徹底的に審美的なことである。薄い壁を挟んで流の姉の喘ぎ声を ​​聞きながらオナニーしている隣の部屋の青年たち、そして聴覚障害者の類がその光景を後にしたまま黙々とラーメンを食べている場面はこの映画の整数です。"復讐は私のこと"は、パク・チャヌク監督のもう一つの復讐3部作とも完全に大箱を異にする。"熱い復讐劇"と呼ばれる"オールドボーイ"は、徹底的に感情に訴えて、"親切なクムジャさん"は、復讐を"映画的遊戯"として活用する。"親切なクムジャさん"に至ってパクチャヌク監督は"復讐"というテーマで観客のほとんど嫌がらせをするレベルである。(金子(イヨンエ)は、復讐劇の版のみカルアジュルだけで、肝心の自分は参加しません。)"おじさん"(2010)<悪魔を見た>(2010年)など復讐に血眼になった最近、韓国映画と比較しても<復讐は私のこと>は、コンテキストが異なる。他の映画が贖罪の提案として、復讐の焦点を当てている場合は、"復讐者に憐れみを"は"復讐という原動力が人をいかに破壊するか"に焦点を当てている。だから、"復讐者に憐れみを"は掛け値のない最悪の復讐劇だ。
人物は、箱の中の腐った謝罪やっとこさ、一歩踏み出すほどドロ沼に陥る。詭弁が飛び交うが、その洗練さは、決定的な"本物"になったりする。映画の最後、無政府主義者が東晋の処刑式を行うと同時に私達は、初めて英米の要請が事実であることがわかる。しかし、この映画は、そこには、一般的なフラッシュバックや、ボイスオーバーを使用して、換気さえさせてくれない。その分、不親切だ。知っているすなわち、知っている、知らなくても構わないという式だ。被害者が加害者にされる、暴力の連鎖性をこのように淡々と描いた映画でもない。<復讐者に憐れみを>は限りなく乾燥ソネリョガン悪行の自叙伝です。この10年はもちろんのこと、韓国の商業映画会社ではなかなかもう一度見るが難しい"皮肉な"傑作である。★

ムービーウイーク2011-11-02 11:24:01
by kazem2 | 2011-11-09 18:34 | Movie