ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ1st.Look 「Cover Story」

おまけ動画^^
☆Source
e0109292_18372738.jpg

ニットカーディガン15万9千ウォン、グレー色のパンツ9万9千ウォン、黒のスニーカー14万9千ウォンのすべてアディダスオリジナルスブルーのコレクション

[Cover Story] into the Wild

Oct 20、2011 / Vol.7

去年の夏バイクに乗って都心の中を疾走したイ・ミンギが今回は背筋が寒くなった愛に陥った魔術師になって帰ってきた。 派手に美しく飾ったり騒乱を起こす代わりに一人で黙黙と、そしてゆっくり進化してきた演技者イ・ミンギ. もう彼がはいあがる番だ。

エディター=チョン・ヒョジン、定芽陣写真以前号



e0109292_1838375.jpg

ブラックカラーのレザージャケット45万9千ウォン、デビッドベッカムバイアディダスオリジナルス。Tシャツ4万9千ウォン、アディダスオリジナルス
e0109292_1839327.jpg

フードスウェットシャツ17万9千ウォン、カムプルラジュパターンのパンツ17万9千ウォンのすべてアディダスオリジナルス
e0109292_18392829.jpg

ノルディックパターンのパディングジャンパー32万9千ウォン、アディダスオリジナルスブルーのコレクション。その他のモデルコレクション
e0109292_18394765.jpg

ブルーカラーのパディングジャンパー25万9千ウォン、ブルーカラーの格子柄のジャンパーの7万9000ウォンのすべてアディダスオリジナルス
e0109292_1840874.jpg

レッドカラーのチェックのベスト13万9千ウォン、フード家業ジャンパー15万9千ウォン、スニーカー14万9千ウォンのすべてアディダスオリジナルス。

スタイリスト=ガンイスル
ヘアー=イヘヨン
メーキャップ=キムジヒョン
連絡アディダスオリジナルス02-3447-7701



“事実演技を最初に始める当時にはあの一人だけ決めておいた基準に固執したりもしました。 ところで多様な作品らをして見たらかえって柔軟さが俳優に最も必要な徳性ではないかという気がしましたよ。 作品のジャンルやどんな特定の素材により柔軟にバランスを合わせて動くことができる俳優にならなければならないと考えましたよ。”

去年の夏映画<クィク>’で劇場街を熱い雰囲気にしたイ・ミンギ. 30分内に爆弾を配達しなければならないクィックサービス マンのスリルあふれる一日を描いたこの映画は累積観客数300万人を軽く越えながら俳優イ・ミンギが持ったスター性と興行性を再評価する契機になった。 大規模製作費がかかっただけ興行に対する負担感と劇を引っ張っていく主人公としての責任感が結構大きくなかったのだろうか?

“事実撮影会場では私がしなければならない本分にだけ忠実にしようと考えました。 何かを主導的に導くのは考える暇もなかったんですよ。 責任感が感じられたのはかえって広報活動を始めながらであったようです。 この映画が私だけのことでなくすべてのスタッフと違った俳優が共に作ったことですから。 それだけ私が立ち上がってより良い結果を得られるように最善を尽くすべきだとの気がしましたよ。”

そのように真夏劇場街を熱い雰囲気にした<クィク>の開くが冷たい秋風にまだ冷める前に‘ホラーロマンチック コメディ’という少し特別なジャンルの映画<不気味な恋愛>が封切りを控えている。 この映画でイ・ミンギは幽霊を見る女と愛に陥る魔術師役割を受け持った。

“ロマンチック コメディが他の見方をすればとても明らかなジャンルであることもあるので、ここにホラーという要素を混ぜて新しくて新鮮な感じを与える映画です。”

バイクに乗って危険千万な追撃戦を行うと今回は魔術師と?

“この映画のために魔術練習をとても熱心にしたが、‘ホラー魔術’で性格が変わりながら技術的な魔術が特別に必要でなくなってしまいました(笑い). それで魔術という個人技よりはキャラクター自体と状況にさらに集中しようと努力しましたよ。”

映画<浮気しやすい日>、<おいしいマン>、ドラマ<強くなれクムスン>、<泰陵(テルン)選手村>等で穏やかな流れにからだを任せる演技をしてきた彼がいつからか性格が明確なジャンル映画で特色あるキャラクターを演技し始めた。 <海雲台(ヘウンデ)>で海上救助隊員を、<10億>では激しい感情の変化を見せる不良らしい青年を、そして<クィク>ではスピードを楽しむクィク サービス配達マンを経て<不気味な恋愛>魔術師まで。 あたかも白い白紙が染料を吸い込むように互いに違うキャラクターを黙黙と吸収してゆっくり進化していることだ。

“事実演技を最初に始める当時にはあの一人だけ決めておいた基準に固執したりもしました。 ところで多様な作品らをして見たらかえって柔軟さが俳優に最も必要な徳性ではないかという気がしましたよ。 作品のジャンルやどんな特定の素材により柔軟にバランスを合わせて動くことができる俳優にならなければならないと考えましたよ。 私にどんなジャンルが最も適当かは前にさらに多い作品をしてみてこそ知ることが出来そうです。 今は多様な役割を経験してみる時期でしょう。”

<不気味な恋愛>で彼と呼吸を合わせた女優はまさにソン・イェジン. チェリム、キム・ヘスなど唯一年上の女優らとの作業が多くて年下の男の代表的なアイコンになってしまったイ・ミンギ. だが、連想はさておきプライベートでの普通に年下との恋愛経験がないと告白する。

“事実女に対してよく分からないです。 その部分において万においては‘一方通行’ともしましょうか(笑い)? 他の見方をすればそのまま漠然とした孤独だということだけ知っているようです。 そのためなのか…年齢には関係ないような気がします。”今回共に演技したソン・イェジンも年上の女性だということよりは多くのことを教えた演技先輩のような存在だ。 “共同作業しながら新しいものをたくさん感じました。 特に‘本当に賢明な方だな’と感じましたよ。 私とは本当に多く違ったが、一場面を置いても他の観点の新しい視線が分かってうれしかったです。 演技はもちろんで人間的な面まで自分自身を比較してみるほど素敵な方であるんですよ。”

このように多様なジャンルと新しい人々に会いながら少しずつ変化して成長していくイ・ミンギ. だが、引き続いた作品活動と忙しいスケジュールの中で感じる、青春らならば当然体験しそうである悩みもある。

“事実身体が骨を折ったのは別に関係ありません。 身体ということはよく管理して使って結局には土地に埋められて土に帰らなければならない消耗品ですから。 ただし私がこの頃最も心配になるのはすべてのことに簡単に適応してしまう習性です。 すべてのことが常に新しくて見慣れなかったらいいですね。 ことや日常に慣れて一日一日がまあまあに流れてしまうのがとても嫌いですね

そのように慣れるのが嫌いで何かいつも新しいことを整えて計画しているかもしれない。 ミュージシャンとしてレコードを出したこと同じようなもの話だ。 2009年初めてのミニ アルバムを発表したりもした彼は‘いたずらのようにそのまま一度してみたと考えないでくれ’として音楽に対して真剣な愛情を表現することもした。

“音楽は今生きている枠組みを破って出て行って新しい生活を送ってみることができるようにさせる機会であることのようです。 自分自身を越える冒険だよ。 プロフェッショナルあるミュージシャンのような自信はないから音楽に対するときは少し不安になったりもします。 その一方で一方ではとても楽しくて満たされます。 ことといえばことであることはところが、とても感性的なことでしょう(笑い).”

画報撮影現場にまでその他を持ってきて一人で歌練習するのを見ると音楽に対する愛情はまだ相変わらずそうに見えた。 それなら彼の次にレコードはいつ頃会ってみることができるだろうか?

“まだいつとお言葉差し上げれそうにないです。 レコード出すのが容易なことではなかったんですよ(笑い).
とても難しいです。”


イ・ミンギは‘歳月はどこの誰にでも公平に流れる’と話す。 その歳月の中で経験することが自身を少しずつ変化させていると。 誰にでも矢のように過ぎ去ってしまう20代が彼にはもう2年しか残っていなかった。 20代が終わる前にイ・ミンギが必ずしてみたいことは何だろうか?
演技大賞受賞? 途方もない興行映画? でなければ海外進出?

“友人らとバイクで全国一周して野営(夜営)すること、死にたい程痛くて幸せな愛をしてみること、人生の究極的な目標検索、全てのものを置いて完全に壊れてみること、外国でしばらく暮らしてみること…. あえて探そうとするなら終わりなしに出てくるが、反対に考えればしたいのが何もないです(笑い).”

このように彼の風は俳優としてキャリアの業績とは全く関係ないものなどだった。 人間イ・ミンギとして世の中にものさびしく立てられるように自身を満たすことが彼にはさらに重要で、そのような考えらのおかげで今のイ・ミンギがありえるのかも分からない。 静かに、ゆっくり、少しずつ進化しながらある日ふと存在感がふわりと大きくなった俳優の姿で話だ。


外国で暮らしてみたいとよく言っていますね
今回のインタビューでは
「身体ということはよく管理して使って結局には土地に埋められて土に帰らなければならない消耗品ですから.....」と発言していますが ミンギがこのような考えをしているとは思いませんでした
一体どのような本を読んでいるのでしょうか^^
知りたいところです
このインタビューでも「ぶれない」ミンギを確認することができました
Commented at 2011-10-20 21:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-10-20 22:03
☆21:49の非公開ちゃん

アンニョン

ご機嫌いかが~^^

そうだね^^

好きなブランドだね

うん
誰に感化されたのか^^

ミンギも群れないからね~

チングは多いけど 孤独も知っているし~

ハウツー本は嫌いだと言ってたよね

哲学書を読んでいるんじゃないかな~^^

誰のを読んでいるんだろうか

パーフェクトにコナムだね^^
by kazem2 | 2011-10-20 18:40 | Comments(2)