ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CINE21 ガン・ビョンジン記者映画「るつぼ」インタビュー②

☆Source
記憶して見よ! 冷遇してはいけない痛い真実を②
e0109292_12581424.jpg




加減なしに描写されたぞっとする事件の現場原作の中心人物を縮小させる一方、色々な周辺人物らを地運映画はその日の記憶まで一走りで走って行く。 すでに原作を読んだ読者ならばページをめくるのが恐ろしかったその日の事件を映画がどのように描写するのか憂えただろう。 映画はこの場面が話の義務であるように向き合う。 活字を通じて想像する小説に比べる訳には行かないが実際的なイメージで再現された事件の現場を目撃することやはり息がつまることだ。 子供たちの泣き叫ぶ表情と彼らを眺める加害者の表情は恐怖でない実際的な怒りを伝える。 ワイシャツだけ着たまま下半身を表わしている中年男性の姿、彼が腕力で子供たちを制圧しているという感じだけでもぞっとするということは倍加される。 もしかしたら受話の動きとサウンドを活用した隠喩的な演出、あるいは静寂なカメラで観客の忍耐心を爆発させる方式も試みることができただろう。 だが、ファン・ドンヒョク監督は“ありのまま見るヌキミオヤマン二ぞっとする事件をきちんと知らせることができること”と考えた。 実話の時点と展開上、誰かの思い出になれない現在進行形のぞっとする記憶の<ルツボ>はそれほど映画的な身動きの幅が狭くならざるをえない話であろう。 (スポイラーの危険上詳しく話す訳には行かないが)裁判の結果以後に追加された話もまた、大衆映画の緊張感のための設定というよりは監督と事件の実体に球分割観客の風を入れた部分だ。 “原作にないインパクトを与えようと入れたことだが個人的にはこのように終わってはいけないという考えもあった。 私が感じた苦しさためなのか、それでも人物らの中で誰かは何かをするべきではないかと思った心だった。”実話の重さをそっくり耐えられている映画はそれほど世の中の記憶から消えた事件の真実を知らせて人々の公憤を導く意図でいっぱいだ。

ファン・ドンヒョク監督.
e0109292_18231497.jpg

6年前実話でない現在の話小説<ルツボ>中の無尽は今韓国で広がっている仕事を全部抱いている空間だった。 性的な暴力は堂々と強行されるが、これに対する処罰は被害者の痛みを慰める程執行されないでいる。 司法府に対する不信と宗教的盲信が持った狂気もまた、現在の韓国社会の底辺に敷かれている意識だ。 映画が6年前の実話を2011年現在の話に引き込む最も直接的な地点は休むということなしに水を吹きだす水大砲のイメージだ。 原作ではただ一文章で提示された部分を執拗に描写したファン・ドンヒョク監督はこの場面が時代のコメントで読まれることを躊躇しなかった。 “見せようとする意図があった。 個人的にイスラエルから輸入されたという水大砲を初めて経験した世代でもある。 当時の恐怖が今でもろうそくデモやストライキ現場にそのまま再現されているという事実が驚くべきだった。”小説の中無尽は濃い霧で真実を隠すが現実の韓国は強烈な水の流れで本当の出現を圧迫するところだ。 <ルツボ>は障害者ではないとして、性暴行にあったことがないとして、自身の話が世の中の無関心に埋められることがなかったといって無視できる話ではない。 右手親指が左手の子指に加える暴力は世の中随所で起きている。 <ルツボ>に対する映画的評価が大衆媒体の純粋機能に対する評価に優先することはできないがそれでも二目をとじてはいけない理由だ。

やさしくなかった挑戦に心より拍手を<ルツボ>の子役俳優そして悪役俳優

<ルツボ>中俳優らの好演に拍手するのは心が難しいことだ。 被害者の子供たちを演技した子役俳優はもちろんで加害者役を担った俳優らやはり演技力を認められようとする心が先んじられないだろう。 映画の中校長と行政室長は双子という設定上ある俳優が演技した。 演劇俳優であり声優の長広(写真)だ。 国内に放映された外貨でゲリーオールド遠いウイ声は大部分彼のことだ。 この他にも<英雄本性>の雅号(チョンニョン),<愛も通訳になるんですか?>のご飯(ビル モレイ)の声を演技した。 <シュレック>の国内ダビングバージョンでずっとシュレックの声を引き受けることもした。 ファン・ドンヒョク監督は“子供たちに夢と希望を与えた方であったのに、本意と違ってこういう役割を任せることになった”と話した。

子役俳優キャスティングは<ルツボ>の製作過程で一番最初に始めて最も遅く終わった部分だった。 ファン・ドンヒョク監督は“初めて見た時イメージが合いそうだった俳優が最後まで上がってきてキャスティングされた”と話した。 年頭役のキム・ヒョンスは映画<私たちの会ったことがあるんですか>でユン・ソイの子役を演技した俳優だ。 有利を演技した浄人からはドラマ<千秋太后>きて<日チメ>に出演したことがあって、民需役のペク・スンファンは映画<リターン>で10才の年齢に手術中覚醒を体験したその少年だ。 オーディション過程では俳優と保護者らに映画の内容と性格を周知させるのが最も重要なことだった。 “シナリオを読んでみないでむやみに子供を連れてきたお母様が多かった。 そうした方々には必ずシナリオをまた読んでみてお父様と子供と相談した後またこられろといった。”そうだといっても幼い俳優らを連れて事件を再現するのは心が不便なことであっただろう。 子役俳優は保護者の入会下に演技したし、加害者を演技しなければならない長広にも長くぶら下げて着ることができるワイシャツと中ズボンが準備された。 一部場面では対訳(帯域、代役、大役)を使うこともした。 <ルツボ>の関係者たちはマーケティング段階で子役俳優らのインタビューを制限している。 驚くべき演技は称賛を受けて当然だが耐えられるのが難しい質問を受け入れなければならないかもしれないためだ。

文:ガン・ビョンジン 写真:チェ・ソンヨル2011.09.27 Share it
by kazem2 | 2011-09-27 12:58