ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CINE21 映画「依頼人」パク・スヒンインタビュー

☆Source
芝居していた時代に戻ってから
e0109292_1853326.jpg

                        検事役のパクヒスン




笑おうとした話にしては骨があった。
"身分上昇をしたいと思った""依頼人"の制​​作報告会の時に出演した理由を問う質問にパク・ヒスンはそう答えた。誰かは人生の底を見せてあげたい機を使うが身分の上昇とは。
そういえば彼の前作を思い出してみると、非常に理解できない言葉もない。突然家に侵入した、"気違い"(カンヘジョン)のために何度も自殺に失敗した男("我が家にどうしてきたの"(2008))とし、賞金10億ウォンがかかったサバイバルゲームショーの参加者8人の生死を勝手気ままにするPD (<10億>(2009))で、頭が黄色く脱色するほど東ティモールの子供たちにサッカーを教えた元サッカー選手(<素足の夢>(2010年))は、確かにスーツ姿とはかけ離れた人物だった。"似たような境遇の人物を演技して見たら、内心ここから抜け出したいと思った。意図したのではないが、偶然に入ってきた作品が、身分の高い人物だった。(笑)"それが"血闘"(2010)の無関係古い命、先日クランクアップした"カビ"の高宗皇帝は、"依頼人"の"アンミンホ検事"だ。

"依頼人"のパク・ヒスンは"犯人を刑務所に送ることが検査の日"という原則の徹底したエリート検事だ。
彼は冷徹で理性的でありながらも、必要に応じて、法の境界を自由に行き来する。誰が見ても犯人であることが明らかな容疑者ハン・チョルミン(チャン・ヒョク)は、証拠がないという理由で釈放されることを絶対に許せない性格の持ち主だ。また、内部検査は、前監査院長出身の父に常に認められて望んでいるし、ライバルの強弁護士(​​ハ・ジョンウ)との対決では絶対負けず嫌いコンプレックスの塊でもある。"人ごとに似たようなポイントがありますが、内部検査は、勝った者というよりはついていく者の孤独さと寂しさが、より多くの付け出した人物だ。"それにもの検査は、私たちがよく知っている検査のイメージと大きく異ならない。パク・ヒスンもこれをよく知っている。彼が"この作品のポイントは、"検査"ではなく、物語の主要舞台である"裁判所"にある"と判断したのもそんな理由からだ。"裁判員制度で行われた、実際の裁判を見学した。日常的なトーンではなく、大げさなジェスチャー、抑揚など、劇的な感情が行き来する法廷をみると、一編のドラマだったよ。この話を演劇していた時代に戻って、解決していくことができるという気がした。何よりも<依頼人>が、"韓国初の法廷ドラマ"という点で挑戦意識ができた。"

しかし、"演劇"と"演劇のような映画"と明らかに違う。一度の集中で最初から最後まで演技するとされる演劇とは異なり、映画は、どんなに長い呼吸でも何度も取らなければならない。極端な綿で、海千山千も体験した彼でも何回も進行される裁判シーンは多くのエネルギーを要する作業だった。"実は私たちの映画は何度も壊して、裁判のシーンを撮影していない。演劇のような長い呼吸としたアングルで撮影すると、その場面を別アングルで再撮影しなければならなかった。テイクが二度、三度繰り返されるほど気持ちも落ちるよ。どんなに力を与えだったのか、ADRレコーディング(フシノクウム)と現場で出した音が出てきたよ。(笑)"のおかげで、映画の中の検査と弁護士と容疑者が相手の弱点をつく質問と論争との証言は、一方のバラエティーショーのように鮮やかな緊張感を形成する。

とにかく、演劇のように作業した"依頼人"は、バク・フィスンに自分自身を振り返ることができるようにしてくれた。チームトップあるいは男女主人公を中心に話をリードしていった、最近のいくつかの作品が興行に失敗したせいでパク・ヒスンは、これまで以上に悩みが多かった車だった。"興行に失敗したのが借金のように感じられた。これが何が悪いのだろうか。私の演技力かな。認知度かな。それとも、運が悪くてなのか。遊びで、今年の身分上昇の年に目標を定めたりしたが、同時に私を整備する年でもあるようだ。また勉強する気持ちで今回の作業に臨んだ。"内部検査の審問が法廷の中をはっきりと分けるなら、それはパク・ヒスンの固体初心おかげだろう。

文:キム・ソンフン 写真:チェ・ソンヨル 2011-09-26

ヘア&メイクアップ 3storyガン・ソンオ
スタイリスト チェ・ジンア、ソン・ユリム
衣装協賛ブルックスブラザーズ、ケルボン、ロード&テイラー、ソーダオム
by kazem2 | 2011-09-26 18:34