ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「도가니(るつぼ)」チョン・ユミインタビュー

☆Source
なんとかそこでしっかりとしなければならなかった
e0109292_2011265.jpg




[マックスムービー=ギム・ヨウンチャン記者]
"いっそのこと、映画での作成 ​​が完了したら良かったものを...""るつぼ"のチョン・ユミが、嘆きと恨みが一体と入り交じった口調で告白する。ただし、誤解しないように!これは、俳優が自分の出演作が気に入らなかったれていない残りの告白後悔膜級ではない。チョン・ユミの言葉よれば、"起きてはならない仕事"がなぜ起きてこのように映画まで作られてこその世界に向かって終えることができなかった鬱憤を出さなければされるがしたいからだ。よく知られているように、"るつぼ"は、実際の聴覚障害者の学校で行われた障害児童性暴行事件を描いたコン・ジヨン作家の同名小説を原作にして作られた作品。チョン・ユミは、今回の映画で学校に新しく赴任した美術教師"ガン・インホ"(コン・ユ)をお手伝いして事件を暴いて告発する人権運動家"ソ・ユジン役を演じた。
チョン・ユミは、撮影を全て終えて、映 ​​画が公開している今でも"実話"という名前で広く知られるその日の出来事に身震いした。"映画をひたすら映画を見ることができないこと"という彼の言葉に、"るつぼ"を見て、私は観客の方は理屈なしに納得することになるはず。
去る9月16日夕方、三清洞のあるカフェでチョンユミに会った。

映画に対する反応がとても熱い。実感するのか?

話を聞いて知っている。試写会の時にも観客たちが共感をたくさんしてくれた。私たちの心を知ってくれるんだなと思って幸いだと思う。社会性が濃い作品なのでこのような好評の感慨が格別なようだ。どうもそうだ。映画ではそのまま埋められたり飛ばしてしまう話ではないという気がしたからこそ、幸いなようだ。

原作小説は読まないと聞いている。

いまだに読んでないのだ。時間あれば、また考えてからはその時行って読むことができるが、それはまだ分からない。すぐには読む計画や自信がない。その場合はシナリオを受けて、この事件について知っていただろう。

キャスティングの提案を受けて初めて知ることになった。

この事件というよりは、この話が大変だった。これが実話というからもっと考えてするのが嫌だった。そんなことが起きていないため、映画で作成されていない場合は、より良いのではないかと思う気がした。

なぜこの映画を選択することになったのか?

それだけで感じられた。これを映画で作りたいと思い、また、映画で作成する方々の心が言葉だ。"映画をひたすら映画を見ることはできない" 人権センター幹事"ソ・ユジン"役だ。原作のキャラクターで、やや変わった。

小説の中のキャラクターが映画できて、少し変わったと聞いた。

しかし、この物語の本質が変わったわけではない。小説や映画で担当したユジンの役割が変わったわけでもない。また、事件と関連して、ユジンの心が変わったわけでもない。シナリオの脚色でも、十分にユジンの心情を感じることができた。

ファン・ドンヒョク監督はチョン・ユミがキャスティング1順位だったと言っていたよ。

そんなことがあったかはよく分からない。(笑)

監督の第一印象はどうだったか?

シナリオを読んで初めてお会いしたのに、私と同じ考えと悩みをしていらっしゃいますよ。幸いだと思っていた。そこで、もう少し話をするのが楽だったようだ。二人が映画に対して多くの話を交わした古書撮影を開始した。"ユジン"は、教壇いてりりしいキャラクターに出てくる。

どのように演技したのか?

その時その時の状況に合わせたり、相手リアクションの感じを探したりもした。

これが実話だ見るから私が表現するのが合うか?

このように演技をするのが合うか?きちんと感じているのか?疑いがする時がたびたびあった。何とかそこに正しく必要があるという考えをした。

自分の演技だけでなく、子役俳優たちを取りまとめるのに気になっただろう。

わざわざ取りまとめたりはしていない。みんな監督様とも共有するお兄さんにもよく遊び、よくやっていいた。子供たちがあまりにも演技もよくしたが、普段にも優しくてきれいにふるまった。

強姦再現シーンを置き、程度や方法について悩みが多かっただろう。

実際に俳優が心配な部分はなかった。監督の意見を従っただけだ。完成された映画の中でそのような場面を再び見るとどうなのか(しばらく沈黙)の話でしたい。

相手役だったコン・ユとの作業はどうだった?

今回の映画でコン・ユ兄と初めて会った。所属事務所のクエが、お互い知っているか親しくなる機会がなかった。兄は、どうしてもこの映画について、途方もないエネルギーと情熱を持っていた。そんなことが私に伝えたりした。そのような情熱とエネルギーが、演技するのに多くの助けになった。
二回見るには、本当に大変な映画だ。

何度も映画を見たか?

二回見た。見るたびに違う感情が生まれた。確実にどのように違うと説明することは難しい。それだけでも、大変だった。シナリオでは、文読んだ時も大変だったが、それを映像で見るとどれほどたいへんか。映画をひたすら映画を見ることができず、見ても不便なことがある。ひょっとして観客たちに期待したり望むことがあるのか?このようにしたので、このように見てもらう強要することはできないことだ。見て感じる心がみな違うのだ。それをうまく入れていって欲しい。多くの人が見たとしていたことがなかったことはしない。その怒りを表出するすべて走って行くことができるわけでもない。それでも映画をご覧になった方がそのような怒りを感じた場合は、それに足りる。

個人的にも意味のある作品であるようだ。私の思いを新たにたくさんすることになった。この映画の印象を通って私についてもっと知ることになった。この映画に会った場合はできないと感じたものだ。私が生きていくための重要な時間になり、意味になってくれた作品だ。"とも空白のままに置いてカメラの前に立つ"

<私のチンピラのような恋人> <もうちょっと近く> <オッキの映画>など、最近めっきり映画で多く見られた。忙しくなったきっかけがあるのか?

事実で忙しかったです(笑)一昨年にも撮影したものだが、偶然にも相次いで封切りになっただけだ。今年は"るつぼ"を2月から5月まで撮影した。それでちょうど忙しいという考えはしない。皆一定以上の評価を受けた。作品を見る目が優れている。(囁くように)ではない。

仕事するのが楽しいか?

仕事をすることだとしますが、また、これだと思うとすごく疲れる時がある。ちょうど私が生きていく方式だ。これを撮るときはこのように生きていて、あれを撮るときにはあのように生き、それだけでそう思っている方だ

作品を選ぶとき何を最も考慮するのか?

実際に仕事する機会がたくさん来るのではない。シナリオを報告する時も、人々を報告する時もある。ところで、私がしたくてもならない時があって、私にしようとしても、私ではないこともある。

残ったのは興行だけなのか?(笑)

<私のチンピラのような恋人>もの観客が結構たくさん聞いて、<オッキの映画>も映画のサイズを考慮すると、たくさん見てくれた方だ。興行ではなく、一度は映画をよく作るのが重要だと思う。もちろん、"るつぼ"は、個人的な興行をあえて望むことができる作品ではない。相手の男性俳優のスペクトルがとても広い。

オム・テウン、イ・ソンギュン、エリック、ポンテギュ、シン・ハギュン、イ・ミンギとムン・ソングン、ユン・ジェムン、ユン・ゲサン、コン・ユまで ​​。ああ、<私のチンピラのような恋人>の、パクチュンフン先輩もおられます。(笑)なぜこのように様々な相手と仕事をするようになったのだろうか?

単に縁になって、あると思う。事実、長い呼吸を合わせることができたの俳優エリック兄さんやパク・チュンフン先輩、イ・ソンギュン、兄ほどだった。相互に比較をすることが無意味なのが、すべて他の配役に会って一ゴラソお互いに比較することはできない。

監督の信頼も厚い。

なぜそう思うか?余計な言葉だ。私も監督様たちに、本 ​​当に信頼して頂きたいです(笑)まあ、役者としてありがたい。いつも良い作品、良い縁に会ってしたいと思う。よくしたくて。普段の監督や俳優とはどのように共鳴するか撮影しながら話をたくさんするようだ。しかし、みな違う。ある時は話をするのが楽な時もあって、ある時は演技ばかりするのがより良い時もある。

"るつぼ"という話をたくさんしたようだ。チョン・ユミと言う俳優はどのように演技を準備して実行するか気になる、最初ではなく、考えが多く開かれるようになった。色々な作品で見られた経験が自分自身を開くようにした部分もあるようだ。また、偏見もたくさんなくなった。それで人々を理解するのに助けになった。一度はすべて空白のままに配置しようとする方だ。カメラの前に立っていれば自然に延演技になって散る瞬間があったよ。

次期作品は何ですか?

ホンサンス監督の映画だ。<他の国で>(仮題)という作品だ。

まだ何も公開していない。

どのような役を担った?

ベッドと朝食の家の娘?

本当にそれがダイだ(笑)*

写真:istudioイ・ジョンフン室長
<国内最大の映画ニュースチャンネル!最大のニュース>

マックスムービー原文 記事送信2011-09-20 11:38 最終修正2011-09-20 11:43
by kazem2 | 2011-09-20 20:45