ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「北村方向」ホン・サンス監督インタビュー

☆Source
ホン・サンス監督"映画が出てきて、過去の記憶からの脱却だと思う"
e0109292_2181726.jpg




*この記事では、映画"北村の方向"のネタバレが含まれています。
ホン・サンスの研究室ではなかなか火が消えない。昨年の初夏と秋の<ハハハ>と<オッキの映画>を出した彼は、来る9月8日公開される12番目の報告書<北村方向>は、まだ刺激的で、例外なく、几帳面で、特別に美しい冬の記録である。


10 。 <オッキの映画>の後、元の部で映画を撮る予定がんですか?

ホン・サンス:
はい、そうしましたよ。ところが、撮影時期になったのに、まったく何も浮かび上がりませんでした。そこでプロデューサーが考えの整理をするように知っている人で仁寺洞にあるレジデンスホテルに二日ほど、ゆっくりとできたんですよ。そこのベランダでタバコを吸っていると、北村が見えてきたんですよ、北村では何か撮るとどうなるのかなと気がしたんですよ。代わりに、古い映画が展開される中で、私は繰り返し点を見つけるの形だったとすればこれは完全に通繰り返される材料を抱いてみればどうかという考えでした。一人の男が、同じ所を三回になると、次に何が出てくるか見てみましょう、そのように始まった映画だったのです。

10 。ひょっとして"北村"というところの特別な記憶や印象があったのでしたか?

ホン・サンス:
いいえ。むしろ私の心の中で、そこに画像や考えを言葉で整理しておいて入ればいけないという考えがあったんです。事前に決めておけばその方向に運転して行くんじゃないか。ただそこに行ってみよう。ただ壊れて破片が私を通過して出てきて、その通過した作品同士の新しい関係を作るのを見よう。
e0109292_21122536.jpg

"<北村の方向>は、およその幹というのが初めからなかったです"

10 。昔の恋人京津の酒屋さん、以前のすべての俳優キム・ボギョンさんが演技しています。顔が似ている女が、態度は多くの他の女性を設定しておいた理由は何でしょうか?

ホン・サンス:
意図を持っている構想ではなくて順番に撮って行って見たらそのように作られたんです。キム・ボギョンさんと一緒に映画を撮ることを決めた後ソンジュン(ユ・ジュンサン)が酒を飲み、昔の恋人の家に訪ねて行く話が考えが出たし、その場面を撮って、私はその後、北村の新しい女性を作成しなければならないと確定をしたことです。以来、京津は、テキストメッセージだけ登場するんです。<ハハハ>とまでは映画全体の展開を大まかにでも考えていた<オッキの映画>からは、最初からそのような大きな絵さえ描く始めました。<北村方向>にも俳優と場所だけを大まかに決めておいて、撮影しながらシーンを作っていった形で作ったんです。似ている女性の設定もそのような過程で自然に出てきたんです。その後のシーンのための伏線を敷いてあげたり接続ポイントをあらかじめ作っておくのが定石ならば、これは何も決めていないまま、ただ感覚に進むのですよ。言葉で説明するそういえば難しいんですけどとにかく朝は完全に任意の方向に開かれます。だいたいの幹が最初からない。

10 。実は非常に危険なこともあるようじゃないですか。それにもかかわらず、このような実験に身を投げる理由は何でしょう。

ホン・サンス:
そのように私の中で他のことができるように私を誘導するのです。デビューから三作目の映画までには完全なシナリオのセリフまですべて使いました。そうするうちにトリートメントだけもって撮ったのが"生活の発見"でした。ところが、"ハハハ"を撮ってから人々に言いました。トリートメントして、毎日の考え方をやめてと。他の方式の中に入りたいという気持ちが強かったんですよ。結局、トリートメントもますます減るが<オッキの映画>の時からは、最初から全体の展開を考えないようになったのですよ。別の枠組みで私を動くようにしてみようと、何が出てくるか見てみよう。それが不思議だったんですよ。

10 。 <北村の方向>で"君は強いように見えるがされることに弱い女だ"式の極と極を結ぶ話をしてくれれば、ほとんどの人が同意するという指摘が面白かったです。それが普遍的なトリックだと説明を全て聞いて、私は後にも女性が自分が本当にそうだと告白するのも楽しいんです。

ホン・サンス:
初めての撮影が終わってからビール一杯するのに俳優ギム・ウイソンさんがしてくれた話だ。どのように見れば人々は自分がすべて複雑だと考えてサニーでしょうか。他の人々の視線に合わせて、自分が過度に単純化になって見えることに対しての悔しさみたいなのがいるからそんな話をして、一応、自分を深く知ることだと勘違いするのです。

10 。自分でも、複雑な人だと思いますか?

ホン・サンス:
私も含めて人自体が複雑なのです。ところが、常に単純化して話するのを強制的に受けるんじゃないか。しかし、言語を使用して他人を表現するということは限界があるんですね。人々が音楽を聞いて絵を見ている理由もそんなんです。言葉による過度の単純化から脱して、元のまま、それさえも似たような点から近付いて、体験したい。

10 。酒屋さん昔(キム・ボギョン)の口から"お兄さん"という言葉が溢れ出てきた時、客席で、まさにファン-して、笑いがさく烈しました。

ホン・サンス:
イェジョンイン同時に、キョンジンが彼の体の中にいる、二人が混じっている感じがすればいいのに何を言って使うべきか悩んでみると、"お兄ちゃん"が良いと思いましたよ。その前は"先生"と呼びましたよ。

10 。ごとのことではないと思うが、その"お兄ちゃん"という呼びかけを一度に二人の間の境界が確認して消える感じがしました。

ホン・サンス:
我が国の人々に呼称は大したことでないのではないです。呼び方一つ変えられないで一生唸る人もいるけれど。
e0109292_2113421.jpg

"ユジュンサンは何やっても控えめなのですよ"

10 。 "よく知りもしないくせに"、"ハハハ"、"北村の方向"に続いての撮影を終えた<他の国から>まで一緒になった俳優ユ・ジュンサンは、いくつかの刺激、あるいはどのようなオーラを与える人ですか?

ホン・サンス:
ただ... いいですよ。されるように良いです。積極性が障る人です。率直さにもならないでエネルギーも良い。エネルギーの色もきれい。一緒に作業しながら私に助けになるようです。横で話を多くしても一つも控えめではない。可愛いじゃないですか。(微笑)

10 。何かびっくり仰天びっくりしたようなソンジュン(ユ・ジュンサン)の顔は、映画が終わった後もかなり長い残影に記録されます。

ホン・サンス:
私がそのような話をよくする方なのに、そのクローズアップは重要な話を別にしていたようです。実はラストシーンを別々に考えて撮ることはしたがエンディングではそれがいいが判明。目も良くて。

10 。ユ・ジュンサンの雪妖精?

ホン・サンス:
その眼も良く、空の雪もいいです。(笑)

10 。 <オー!修正>に続き<北村の方向>で二番目にモノクロを選択したんです。<オー!修正>当時のインタビューで、"色の多くの情報量がややもする人物たちの繊細な感情線を鈍くするおそれがあるから"と言われたのを見ました。今回もそのような理由なのでしょうか?

ホン・サンス:
その時はただ観念的にそう答えるだろうが、実際にそうなのかはわからない。<北村方向>は、カラーで撮影されており、編集終了時に、白黒がどう変えてみると、より似合って良かったんですよ。幸いにも運が良かったんですよ。白黒映画では、照明をはじめ、ちょっと違うようにとらなければならない部分があり、屋内シーンの照明の構造のおかげでコントラストが強く、撮影された衣装、特にキム・ボギョンさんが着た白いブラウスのようなものでも白黒での表示が良かったです。個人的な好みですが、ソウルの冬は、黒と白と一緒合うと思ったのがあるようです。<オー!修正>にも、ソウル、冬で。

10 。ホンサンス監督の映画を見ると、多くの場合、実存の人物をモデルにしたのではないかという疑いを持つことがあります。特に男主人公は、外形的にもホン・サンス監督をたくさん似ていて仕事も映画監督や映画や教授などの関係者です。あえてこのように誤解しやすい道を選択する理由は何でしょうか?

ホン・サンス:
キャラ的に借りてくる部分があるかもしれませんが、一部の人々をたらいに持って来ることは、絶対ではない。それは私自身これは、地のそれは全く同じだよ。私もそのまま映画の材料だけです。作業をしながら、最も豊かに原料を得る所であるのです。しかし、どんなに近くに描こうとしても近いことができません。ある人が言った言葉を同じように移動しておいても違うしかないんですよ。一応俳優が、その中心の材料に入り、コンテクストゥが違いますからね。私が最初に考えた人物と俳優に会った後、換気されている人物がお互いに自分に引き寄せるとする人材が生まれ、その緊張関係の中でどのような新たな人物が完成される式です。だから、誰かが実存の人物を思い出したと言っても私は全く負担がないです。むしろ不快なほどに近いのはできませんね。代わりに、あまりにも遠ければ、材料自体が持つ力がなくなり、近づきすぎると、自爆するからそのように続けて競争をするんです。一つの基準であれば、モデルとなったその人が映画見て気持ちが悪くなければいいです。

10 。幸い今のところは、抗議された方はないようですね。(笑)

ホン・サンス:
一度だけありました。以前に"江原道の力"を見て教授の一人が少し冗談のようにとげの生えた言葉で自分たちの教授会するのが、映画が同じように基づいているとされたことがあるが私はそれを使いながら一度もその会議を考えたこともなかったんですよ。ただその会議の形態があまりにも普通だったのか見ます。(笑)

e0109292_21134225.jpg

""他の国で"のイザベル・ウィペルは完全に頑張りました"

10 。ユ・ジュンサンさんが映画の勉強する学生たちに"お前ら、どうしてしきりに私の周りに付いてくる!"といっていた場面を見ながら、飛躍だろうかは分からないが、かつて韓国の映画や学生たちが皆ホン・サンス映画の真似をしているという話が浮び上がりました。

ホン・サンス:
そのような考えて書いたのはすべてではない。ところが、聞いてみるとそのように解釈する人もいることができますね。何か私がやることなくて、映 ​​画に向かってそのような狂気の音を申し上げます。(笑)その学生たちはただの男が酔った勢いで昔の女性の家に、近所まで行くための言い訳だったがもう必要がなくなるから早く突き放してと思ったんです。普通の人であれば、自然に言い訳をするはずだがそのような事故にならない男だからそれだけでわめくんです。ついてくるよ、一緒にしないでください、と。

10 。 "北村の方向"の後の撮影を終えた<他の国で>はフランスの女優イザベル・ウィペルの出演で多くの人々を驚かしたんです。どのように一緒にいただくことになったんですか?

ホン・サンス:
イザベル・ウィペルは、他のフランスの女優たちとは違う感じでした。他の人が綺麗だけどなんかちょっと距離が感じられたならば、この方は本当に近くに感じられたんですよ。以前にパリで一度見たこともあって、最近、パリのシネマテークの回顧展をしていた時に夕食の席に来たよ。お互いの監督として俳優として好きだという話もしてひょっとして機会があれば一緒に映画一度にしましょうしましたね。そうするうちにこの方が今回の5月に韓国で写真展をしました。その連絡が来て韓定食家で昼食を食べたが、7月に映画を撮るのにひょっとして出て与えることができるのかと聞いてきました。実際には正式なプロポーズだったというよりはならないと、どうしようもない気持ち的には尋ねたのですよ。ところが、すぐにすると言うんですよ。それでああ!これが運命かと思ったんです。(笑)

10 。監督特有の作業スタイルに適応をしましたか?実際にはあまりにも厳しいことで有 ​​名な俳優として知られているからです。

ホン・サンス:
全然難しくないでした。その後イザベル・ウィペル直接会ってみてください。いいですよ。とても熱心にして。人も可愛くて。もちろん、自分が演技のために保護されなければしている点においては徹底でしょう。しかし、余計な無理な要求をするそのような人ではない。ワン-私は熱心だった。ワン-前!

10 。 "北村の方向"の予告篇と、この映画のすべてのタイトルとクレジットが手書き文字になっています。直筆イシンガヨ?<男は女の未来だ>などの前作を振り返ってみると明確なゴシック体が強調されて使われていたことも多かったようです。

ホン・サンス:
以前に私が直接書くのが何か気にされていた。その別人の字体を書いたこともあって、既存の書体を利用したりして。ところが、ある瞬間に作成された書体が似合わないそうだったんだ。だから私は、直接使ってみたのに横から大丈夫といって、そのまま使いました。

10 。覚えることは、<ハハハ>も<オッキの映画>にも直接手書きでタイトルを過ごしてきたが、その時頃から、映画のトーンも少し変わってんじゃないかあります。映画の中の人物や監督との関係も少しずつ狭くなっているという気がして。

ホン・サンス:
うーん... 。そのものです。自分なりの順序で礼儀だと思うんですが。青少年の時から溜まった心の中の暗いもの、借りている心のようなものが順番に映画で出てきているようで、それが一つ一つ光の下で明らかになり、見せて、過去の記憶からある程度離れるようです。だから今では、現在の自分の姿、少しより近いものを描くようになったし。

10 。最近、ホン・サンスの映画が少し面白くなって、少し楽になった理由もそこにいるようでもあります。

ホンサンス:
そうですか。そのように見てくれれば私は良いですね。はっは。


|記事入力2011-09-05 09:38 |最終修正2011-09-05 09:41
by kazem2 | 2011-09-07 17:09 | Movie | Comments(0)