ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「青い塩」ソン・ガンホインタビュー

☆Source
"微妙な男女の感情のアナログに入れましたよ"
e0109292_18564739.jpg




李ヒョンスン監督の"即興的創造"重視の相当部分は私信じて任せて予想外の場面、セリフ飛び出してきたりも恋心·友情·同情が入り混じった男女が不吉な目に会うセリフの状況のスクリーン溶かして出す時代に変わっても、その大切さも変わらないため、

"室内のシーンは即興的な台詞が多かったと思います。李ヒョンスン監督がスケッチのようなシナリオを与えると、ディテールは、現場で変奏する式でした。俳優がずっと心配しているべきだから大変だったけど、創造していく楽しさがありました。予想外の場面、意外なセリフが飛び出してきたりもしたんです。"31日封切りする映画"青い塩"の一場面。引退した暴力組織のボスヅホン(ソン・ガンホ)が、各勢力間の暗闘と陰謀に巻き込まれて身を避け、"後日"を図るために起居していたオフィスビル。わざと深刻な状況で一人食事をする場面がある。


彼は自分を補佐している青年(チョン・ジョンミョン)と一緒に真剣な話を交わした青年が、"スープデウォジュ"とすると、食べているご飯茶碗までに差し出して、"あれ、これも暖めてはならない"と語る。ギャグコンサートの"生活の発見"のような笑いを与える大きな課題。ソン・ガンホの感覚と周到な解釈が光を放つ場面である。ソン・ガンホ(44)は"私が登場している空間での状況は、監督が完全に私に任せた"と話した。"基本的な設定とスケッチだけを持って現場での即興的な創造を重要視している監督は、李ヒョンスン、キム・ジウン監督がいます。一方、パク・チャンウク、イ・チャンドン、ユハ監督はディテールまでぎゅっと組まれたコンテとシナリオ通りに撮る監督なんです。ポン・ジュノ監督は、両極端の中間くらい?私がもし演出をするならばパク・チャンウク監督のスタイルではないかと思います。私は粗末だが肝が小さくて緻密なところがあって... ...(笑)
" ソン・ガンホは"青い塩"で、実際に23歳年下のシン・セギョン(21)の男女主人公で呼吸を合わせた。二人は引退した組織のボスと、彼を監視し、最終的には、暗殺指令まで受けることになった若い女性の間で話を広げ出す。色彩と、画面の構図がまるでミュージックビデオのような風景の中で、暴力団ヌワールロマンスメロージャンルが混合される。ソン・ガンホとシン・セギョンの関係は、恋心と友情、同情がからんだりする。そうしたら不吉な目に会うセリフや状況も少なくない。"(シン・セギョンとの対面は)最初は照れくさかったんですよ。冗談半分本気半分で'股が裂ける'でしました"と言いました。その若さと美貌に沿っていこうとするからね。面白い感じをかもし出し出さなければならないのに、最初はぎこちなかったんです。そうするうちに徐々に細径にも私もお互いに濡れてすべてのことをしてされるが、はまったとして良いか。最後にはお互いによく遊んだという気がしました。" ソン・ガンホは"子供たちのためにシチュエーションコメディも見たが、その時からファンになり5〜10年後には韓国を代表する女優になるだろう"とし"もう今しがた二十一歳ですが、非常に大人っぽいの結果、豊富な印象を持っている友達"と言いながらシン・セギョンの徳談も忘れなかった。映画のようにソンガンホは不真面目なように人の良い笑顔で会話を終了するのが常だが、カメラの外の彼の言葉はなかなかの論理の正方形のものではない。聞いていると、映画の欠点すら美徳であり、強みで反転させて出す。""青い塩"は、因果関係のドラマというよりは二人の男女の変化の激しい感情を扱った作品です。説得力に欠けるという見方もあるが、独創的で新しい文法を見せてくれる作品だと思います。どのようなセリフや状況が、手足が縮むという表現も、映画が、アナログ的な感性を含んでいるためそうです。それは時代がいくら変わって先端を歩いてもその中で人間が大切だと考えるのが変わらないという意味をこめています。”いつのまにかソン・ガンホが端役で映画にデビューして15年を渡している。そのうちの半分程度を、"当代最高の俳優""時代の俳優'という式の中に住んでいた。'青い塩'やはり悲喜劇が一体の人生のアイロニーをどれくらい卓越するように再現させる俳優なのかをよく見せる。 その中今回の作品で特別に目立っているのはよく'組織'で表現される、言い争い同じ人生の現場で一歩下がった者が感じる憐憫と寂しさだ。
ソン・ガンホは"どんな作品を見ても、常に新たに息づいているという感じを与える俳優になりたい"と話した。ソン・ガンホは次期作で、ユハ監督の"ハウリング"の撮影を終えたし、ポン・ジュノ監督の"雪国列車"は、来年3月から開始する予定だ。

イ・ヒョンソク記者/ suki@heraldm.com 写真=アンフン記者/ rosedale@heraldm.com
▶"青い塩"ソン・ガンホ
ヘラルド生生しい 原文 記事送信2011-08-31 13:55
e0109292_19184929.jpg
e0109292_1919136.jpg
e0109292_19194016.jpg
e0109292_19195637.jpg

by kazem2 | 2011-08-31 19:03 | Comments(0)