ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画「7鉱区」キム・ジフン監督インタビュー

☆Source
非難、90%監督のせい"
e0109292_1822071.jpg




[マネーツディ スターニュース チョン・ヒョンファ記者]

'7鉱区'は今年の夏最も期待を集めた韓国型ブロックバスターであった。 油を掘るボーリング船に怪物が登場しながら広がるという内容に本格的な3Dで早目に'海雲台(ヘウンデ)'をつなぐ千万映画になるだろうという声も回った。

'派手な休暇'キム・ジフン監督の演出に、'海雲台(ヘウンデ)'ユン・ジェギュン監督の企画力、某パックの技術力が3拍子を成し遂げるだろうという寄り添った。 そこに国内最大投資配給会社CJ E & Mと'シークレット ガーデン'で最高値をあげたハ・ジウォンまで、錦上に花を添えるであった。

噂になった祭りに食べることがないといったか。 実際に蓋を開けるとすぐに'7鉱区'には途方もない非難があふれた。 3Dがぎこちない、俳優たちの演技が変だ、何より話が粗末でなど多くの非難に窒息直前だ。 こういう暴風非難に'7鉱区'は900個を越えるスクリーンを確保したのにかかわらず、16日まで215万人を集めるのに終わった。 損益分岐点の400万人に到達することは容易ではなく見える。

'7鉱区'のキム・ジフン監督に会った。 非難が瓜限側面もあって、非難があたかも遊びのようになった部分もある。 良いと擁護して袋叩き合う姿もある。 果たしてキム・ジフン監督はこういう状況をどう思うだろうか?
当初キム・ジフン監督と12日に会う計画だった。 'タワー'をとっている渦中に約束を取った。 だが、ストレスで倒れたという連絡を受けて約束を先送りした。

16日キム・ジフン監督をスターニュース事務室で会った。 トーレードマークのサングラスは脱いだ。
長い話を加減なしで移す。

-健康はどうなのか. '7鉱区'たたきが過度な側面もあるようなんだけど。

▲心はたくさん安定した。 じっくり考えてみれば失望が大きくて補償心理でさらにそうなのではないかと思う。 箱を開いたが腐った果物がいくつかあれば中 腐った果物が多くても頭にくるのではないか。

-'7鉱区'に腐った果物があるという声なのか。

▲そうです。 どうしても弱点があるのにそれがさらに極大化されたことでないのかと思う。 隠したいことは極大化されて前に出したいことは認定しないようだ。

-どんな部分が隠したい部分であったか。

▲どうしても3Dに対する目の高さが'アバター'以後高まったが基準点に到達できなかった。 技術力に対する自信があったが予算とスケジュールで惜しい部分が多い。 それでも何が間違ったがこのように取り扱いを受けるかじっくり考えてみたところ結局演出のために色々な人々の努力が通貨切下げされたようだ。

-'7鉱区'は初めてアン・ビョンギ監督のトイレットピクチャースワ共同作業しようとしながらキム・ジフン監督に演出提案をして辞退した。 以後キム・ジフン監督が'タワー'演出をする前'7鉱区'を演出して後半作業はユン・ジェギュン監督が引き受けてその後に'タワー'をするように整理になりながらすることになったが。

▲初めて辞退した時は私たちの技術でそれが可能するようだった。 またするといった時は技術的な確信があった。 'タワー'を準備して中間に'7鉱区'に割り込んだのではない。

-監督が演出から後半作業まで総括をしていなければならないのではないか。

▲誤解の中の一つだ。 3D映画であるほど後半作業に監督の役割が減る。 一週間に一回ずつOKカットを決める程度しかない。 監督が干渉するほど船が山に行くことができる。 しかも予算と時間が決めているのでそれだけ役割が減るほかはない。

-ユン・ジェギュンの企画力、キム・ジフンの演出力、某パックの技術力が一つになったが結果が期待イハラは評価を受けるけれど。

▲3Dに踏み付けられたのがあるようだ。 3Dという(のは)ことが修正が難しい。 90%が監督のせいだ。 封切り以後一連の過程を見守りながら映画界に公共の敵になってしまった感じだ。 初めには人間であるから傷も多く受けたが現象に即刻に反応するのではなく冷静に見てラ見なければなければならないと考えた。 今何の話をすれば合理化になるようだ。 ただし監督は非難を受けてもスタッフと俳優の努力で得られた映画的な価値は認められたらと思う望みがある。

-前作の'派手な休暇'と相対している部分があるようだ。 平穏な日常に不安だということが少しずつ芽生えてやがて本格的な災難が始まるのが。

▲互いに違う映画だから。 本格怪獣映画を作ってみようと考えた。 そうしたらドラマの完成度が落ちた。 正しくなされた怪獣映画を作ろうというのに踏み付けられたようだ。 判断ミスであった。 ドラマをさらに多く与えなければならなかったのに技術に集中した。 監督のせいだ。 それでも与えられた環境で皆最善を尽くしたがその価値までさげすみなるのが惜しい。

-記者懇談会で怪獣映画で怪物が人を殺すのに理由があるかとしたが事実怪物キャラクターの問題であったようだ。 怪物キャラクターが明確だったとすればその部分やはり簡単に受け入れられることができたはずなのに。

▲本来怪物のナレーティブがあった。 子を育ててそれで人々を殺さなければならなくて後ほど子を脱出させようとする...そのような部分が後半作業が遅れながら技術的なクォリティーがたくさん落ちてやむをえず削除できなかった。 その時はそれが最善だった。

-結局技術が問題だったという声なのか。

▲選択と集中をよくできないのだ。 3D映画、怪獣映画、こうしたが焦点を合わせて見たら技術的にならない部分を探し出して見たらナレーティブが毀損された。

-3Dという件結局映画を見せる一方法であるが。 3Dに焦点を合わせてナレーティブをのがしたということは本末が転倒なったという意味ではないのか。

▲3Dをしようとしながら違うものを犠牲にしたことあったのは事実だ。 監督が3Dと話の均衡点を捉えながらしなければならなかったがそれをできなかった。

<イ・キボム記者leekb@>

-映画序盤を指摘する人もいるが結局中盤以後怪物映画で話が没入することができないのが最も大きい敗着であるようだ。 密室スリラーを基盤で緊張を与えて怪物が登場しながら驚きを抱かれて後ほど怪物をなくしながらカタルシスを与えなければならないのにそれが失敗したが。

▲合う指摘だ。 皆の誤りだ。 皆が見られなかった。 技術の側にフォーカスを合わせて見たらナレーティブをのがした。 怪物が解いて行く話を見なければならなかったのに皆が怪物がよく作られたかを見た。 結局二つの均衡を捉えられなかった監督のせいだ。

-俳優たちの演技を見ればキャラクター設定に問題があるとみられる。 平面的で単純なキャラクターらだと見ると演技)が粗雑に見えるけれど。

▲坊主憎けりゃ袈裟までということではないだろうか。(笑い)俳優や製作環境の問題ではない。 監督の問題だ。 軌道を離脱しても目的地をよく訪ねて行けば無限度移されるが目的地をよく探せなければ無謀な挑戦になる。

-ハ・ジウォンの場合、女戦士キャラクターにフォーカシングが合わされて見たらキャラクターが踏み付けられたようにするんだって。 怪物が登場する時ごとに肩が緊張していわゆる'肩気を付け'になったのに。

▲女戦士を表現するのに踏み付けられた部分があるということは認める。 単純なプロットを持っていかなければならないということに踏み付けられて見たらドラマを積み上げて解いていくことができなかった。 人間のキャラクターより怪物のキャラクター構築に神経をさらに使った。 ところでその部分が飛んでいきながら怪物ものがしたし人間キャラクターものがした。

-'拍手して'が笑いも与えるがあきれるという反応もある。 キム・ソンス監督が'無事'をとる時あったエピソードをそのまま生かしたものだが。

▲シナリオに本来あった。 出た半分、半分だった。 '派手な休暇'以後ある瞬間コメディに自信がなくなったよ。 本来削除された部分にキャラクターらのコメディが多かった。 拍手して場面は劇の没入度が落ちて見たらそのような指摘が出るようだ。 外国上映バージョンに削除をしたのにまた入れたところその部分でまた、たくさん笑ったよ。 次にはしないだろう。 たくさんひどい目にあえば。

-一部ぎこちない場面を除けば技術的な完成度は認められなければなければならないと考えるけれど。

▲本来与えられた予算は70億ウォン程度であった。 3Dコンボティン費用が40億ウォンでセットが20億ウォン、残るお金でギャランティーと進行費を使わなければならなかった。 そのような状況でも韓国で3D映画を作りたいという欲望があった。

私は初めには300万人程度を考えたし、ユン・ジェギュン監督は400万人程度を考えた。 ところで期待が大きくなって予算と時間に圧迫を感じて結局には弁解のようだが結果がこのようになった。 それでも時間と費用対応3D完成度は相当すると考える。

-技術が映画を作るのではなかったようなんだけど。 キム・ジフン監督が考える娯楽映画に対する概念的な接近、でなければCJ E & Mが考えた企画映画として接近に問題があったのではないのか。

▲今回反省をたくさんした。 観客が正しいと考えてそうした側で接近していると考えたが結果ではなかった。 観客がこれを見たいよと考えたところ違ったのだ。 夏に怪獣映画、見たいはずであってこういう接近方法だった。 成長痛を途方もなく体験している。 初めにはこの映画の本質がこれではないがなぜこのざまかしたかったが聞く耳を持って聞くとみな合う話だよ。

-ユン・ジェギュン監督が'7鉱区'で過度に叱責を受けるのも同じなんだけど。

▲この映画をする時ユン・ジェギュン監督とハ・ジウォンの義理を見て純粋さを感じた。 ハ・ジウォンが数年の間このプロジェクトを待ってその信頼に報いる。 果たしてそのような純粋さが韓国映画版に如何に多くあるだろうか欄気がしたよ。 幸せに見えた。 私もその幸福に参加したかった。 もちろん少しの間幸せだった。 '7鉱区'が海外46ヶ国に輸出された時。

この前に舞台挨拶を行くのにハ・ジウォンに申し訳ないといった。 するとハ・ジウォンが涙声で話して'私がさらにバイクによく乗ってさらに転がり落ちなければならなかったのに申し訳ない'でしたよ。 かっとした。

-'7鉱区'の結果がややもすると'タワー'に悪影響を及ぼすのか心配になるけれど。 干渉がさらに多くならないだろうかとも心配になって。

▲とても干渉がなくて心配だ。(笑い)私も率直にアノミー状態だ。 評価を謙虚に受け入れる。 反省中で。
ただし時間が流れてこの映画にスタッフと俳優らの努力は評価を受けたら良いだろう。


aoi@mtstarnews.com

マネーツディが作るリアルタイム演芸ニュース

情報提供および報道資料star@mtstarnews.com <著作権者(c) 'リアルタイム演芸速報 スターニュース>

チョン・ヒョンファ記者

2011.08.17 12:09:22
by kazem2 | 2011-08-17 17:12 | Comments(0)