ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」と光復節

☆今年は光復節の暴走族の影なし!ニュース動画
☆Source
暴走族祝日8.15と映画"クイック"
e0109292_8333619.jpg




【ソウル=ニューシス】キムジョンファン記者
暴走族が猛威を振るう、8.15光復節、警察の特別取り締まりをビョルンダ。バイクの暴走が素材のコミックスピードアクション映画"クイック"は、封切り4週目も観客を呼び入れている。この映画は、2004年8月15日、ソウル都心で行われたオートバイであちこち縫う姿を描く。バイク宅配便"ライダー"(イ・ミンギ)が30分以内に爆弾を送信するようにテロ犯の脅迫を受けて時速300㎞に迫る速さで、ソウルはもちろん、仁川空港高速道路まで、あちこちを歩き回る姿を描く。やはり暴走族出身の交通警察官"ミョンシク"(キム・イングォン)と彼の暴走族時代の連中が再び団結して警察の代わりにハン・キスを追う場面も登場する。暴走を美化したり、模倣心理をそそのかすと指摘することもできる大きな課題だ。しかし"クイック"は、映画が暴走を助長するという誤解されることを早目に警戒した。人間味あふれる"刑事"(コ・チャンソク)の口を借りて暴走族への危険性を繰り返し強調する。暴走族の生活をしたライダーとミョンシクが蓋果川善良にそれぞれバイク宅配便、交通警官としての新しい人生を生きていく姿も込めた。また、暴走族のため、大型交通事故が起きる姿も映してくれる。特に、キスが分別がなかった7年前の大暴走当時の起こした事件は、爆弾を配達しなければならない原因になった宿命的に連結された設定のテロ犯が、"時には、誰かの喜びが誰かの大きな被害になることがある""すべての結果には責任が伴う"と言うことなどはすべて暴走族のタイルは、予防のメッセージだ。ジョ・ボムグ(39)監督は"映画のテーマを冗談で言うと、"暴走をしてはならない"だ"としながら"実は道徳的であるか、教訓的なメッセージを入れようとしたことはないが、商業映画としての社会の中で純粋機能をしなければならないと思っていた"という点を明確にした。加えて、"個人的にはエネルギーがあふれて楽しいように飛び回って遊ぶ若者たちに愛情が多い"としながら"ドラマの中から刑事が暴走族に"そっと走れ"と言う場面は、私が華陽里(ファヤンリ)で子供たちに"みんな、ヘルメットを被れ"と話していたことから取ってきた"と明らかにした。7月20日に公開さ"クイック"は、今月11日まで累積観客255万2159人でボックスオフィス4位にランクされるほどの人気を享受している。競争作のウェルメイド作品"高地戦'(監督張勳)は、映画の背景である1953年7月27日休戦協正日58周年の7月27日0時以降、100万の高地を踏んだ。"クイック"は、暴走族とギョンチャルガン一本勝ち部が行われる8月15日、観客300万人を超えるかも関心事だ。
ace@newsis.com ニューシース 記事送信2011-08-15 08:15

昨日読んだ記事ではクィックが高地戦を観客動員数で追い超すのはいつかというのが関心ことだとありました
クィックの方が300万人を達成するのが早いかもしれません
by kazem2 | 2011-08-15 08:45