ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー

☆Source
e0109292_1382319.jpg

シーズン中バイクに乗っていた頃、四人がバイク一台に乗り"かかった"
こともあるというイ・ミンギが"クイック"のクウィクサービスマン主人公で帰ってきた。





e0109292_13507.jpg


"四人がバイク一台に乗りかかりました(笑)" 映画"クイック"が200万観客を突破した。
興行速度も悪くない。韓国のコメディーで、漫画のような設定の中の俳優たちの熱演がよく一体となったという評価だ。主役を演じたイ・ミンギは封切り前にも、後にも、本当に時速300kmのバイクの上に乗ったようにイライラした。"だめなら私のせいだという考えにとても不安でした。色々と"クイック"は、私には本当に強烈な作品ですね。" 映画を撮りながら痩せていき、元にも、"モデル体型"なボディがより細長くなったイ・ミンギの"クイック"後日話を聞いてみた。

▶バイクに入れたお金、1000万ウォン超えるよ
"クイック"製作会社JKフィルム側は主演でイ・ミンギを抜てきした理由について、"元のバイクマニア"と説明している。映画が公開された後、リアルなバイク乗りのシーンは、長らく話題を集めた。イ・ミンギはまた、"顔が出てくる場面はほとんど直接演技した"と首を縦に振った。"マニアと聞いているが、実際にバイクに投資した金額はどのくらいか"とイミンギに尋ねた。彼は"ちょっと計算をしてみなければならない"とし、しばらく考えを整理すると"正確にはわからなくても1000万ウォンから1200万ウォン程度ではないでしょうか?"と答えた。10代の釜山(プサン)から単身で上がってきたイ・ミンギとしては、少ないお金ではなかったはずだ。"最初は小さなバイクを買ったのですが、誰かが盗んで行ってしまってまた買ったりして、そうするうちに欲が生まれ、また変えることもして、友達らと一緒に住んでいるときに乗ったのだから、バイクは常に財産目録1号でした ​​。一度乗れば、地下鉄、タクシーよりもお金があまりかからない。寝て起きてご飯食べに行く時もいつも乗りました。それこそ、"生計型"でした。" そんなに熱心に乗っていたバイクを3〜4年前から乗れないようになった。そこにも理由がある。"ソウル江南(カンナム)で友人らとバイク一台に四人が乗って越えてしまったのですが、それをまた、どなたかが見たんです。私のミニホームページに"四人が乗るのはとても危険で違反ではない?"という文が上がってきてびっくりしましたよ。あとは危険なことはしないつもりです。" 実際に"クイック"を撮りながらは再びバイクを思う存分乗ることができて良かった。それも豪華なBMWバイクです。"高価なバイクには理由があるんだな、と思うんです。確かに、風に押されてなく、良くは良かったんですよ。"

▶ガンイェウォンと付き合えと言われた?
"海雲台(ヘウンデ)'に引き続きもう一度呼吸を合わせるカンイェウォン、キム・イングォンとイ・ミンギはほとんど家族のような関係で知られているている。特に、"クイック"のために、各種放送出演や広報日程を一緒にしながら、最近は一緒に過ごす時間が多くなった。特にガン・イェウォンさんと"付き合いなさい"と半強制的に(?)周囲の勧めまでたくさん聞いている。実際には、カン・イェウォンが5歳も年上の"姉さん"が、劇中では、より幼く出てくる。"この前のような番組に出演した際、司会者がイェウォンお姉さんに"イ・ミンギとキム・イングォンをどう思うのか"と尋ねたところ、もじもじしながら答えることができないのですので、それで訳もなく誤解が大きくなりました?でも、それが実際には呼称の問題だからです。"クイック"を撮るときに私をずっと兄さんと呼びましたよ。私はタメ口だし。ところが、終わってから"お姉さん、お疲れ様でした"って答えると、"ねえ、あなたは本当にサイコだ"としながらもぎこちなく恥ずかしい思いをしましたよ。この頃は若く見えると言っていいのかどうか、お姉さんの本音を聞かないことにしている。" よく一緒に出てみると、最近では二人が同い年のように見え、似ているという話もたくさん聞きます。私どもの二人はお互いをいくら見つめても自身の顔を探すことはできないです。 どこが似ていたというのか、別にうれしくはありません。(笑)"この程度の話をするほど、本当に親しい関係に当たる。

▶頑張っても順位は決めらます
"クイック"が出す結果についてイ・ミンギは緊張しながらも打ち明けた。"頑張ったからと必ず、その分戻ってくるのではないです。最近、MBC"私は歌手だ"を見てもそうです。結局、この世は順位を付けるのだから。いずれにせよ、私自身は、頑張ったと思うし、それでそうなったのです。私には一応仕事が大切ですから。" 仕事の大切さを感じるだけに、芸能人の生活をしながら、イ・ミンギも大変だった時が多かった。"この仕事をできなくなることもあるいう考えのために大変だった瞬間があった、人が生きていれば失敗もすることもあるのだが、そこに誤解が追加されない場合は、実行者は、本当に難しくなりますよ。せめてバイクに四人乗ってもひっかかったではないですか。周りを見ると、本当に気を付けていても編集され誤解が大きくなる場合が多いです。最近はそんなことが絶対にあってはいけないと思って気を付けながら一日一日を生きています。それだけならば、私の作品の結果はどうであれ堂々としておれます"。"クイック"は、夏のブロックバスター戦争の真中に挑戦状を投げた。インタビューの最後にイ・ミンギは"クイック"以外の作品にも徳談を渡す余裕を見せた。
映画俳優ならば絶対他の映画を互いに批判できません。 入ったお金が5億でも150億ウォンでも。 他の競争作らにも惜しまない拍手を送ります。"イ・イェウン記者yeeuney@

ジョン・ジェグン記者cjg@sportschosun.com
スポーツ朝鮮 記事送信2011-08-10 09:45
by kazem2 | 2011-08-10 13:19