ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」汗臭い振動に走ってまた走って!

☆Source
<最終兵器弓><クィック>の武術監督オ・セヨン
e0109292_10435184.jpg




この夏、韓国のブロックバスターの最も強力なアクションは、オ・セヨン武術監督が担当する。
オ・セヨン武術監督は"クイック"で、明洞のど真ん中を疾走する爽快なバイクアクションを作成した。時代劇の"最終兵器の弓"は、12mの崖からジャンプする武士たちの姿を作った。両作品とも彼には新たな挑戦だった。彼はインタビュー中、"ものすごくした"と言う言葉を口癖のように語った。"韓国のブロックバスターアクションの新たなモデルを作った"と自分で自信を持って話すことができる作業をやり遂げたのだ。果たしてどれくらいものすごいのだろうか。"最終兵器弓"を中心に、そのアクションの誕生機を聞いてみた。

-どのように武術チーム仕事を始めたのか気になる。

= 14歳のときに見たジャッキー・チェン映画"酔拳"を見てカンフーを習い始めた。カンフーを学べば、ジャッキー・チェンのようになれると思っていた。ところが、映画で出てくるダイナミックなアクションは、誰も教えてくれないのよ。やめようと思っていたら、その当時とても有名だった丶囿ー試験団地に会った。試験団地の末っ子として活動して17歳の時から武術チームに出演し始めた。チェ・ジェソン、ソン・チャンミン、チェ・シラ、ハヒラが出演したドラマ"高校生日記"で、俳優たちがセリフ中に後ろ宙返りしそうだった。(笑)映画は19歳のときにギム・フイエさんの映画に初めて出演していたようだ。その作品は、金喜愛さんのデビュー作だった(金喜愛の映画デビュー作は、<私の愛しんちゃん>だ-編集者)。カメラの位置も知らずにただ先輩兄さんたちが要求するとおりにしかしその時だった。そうするうちに軍隊行って来て止めようとした。

-やめようとした理由は何か。

=この体とビジュアルでアクション俳優をすることができるわけでもなく配役は女性代役が入ってきた。体が小さく痩せてキャスティング自体が残念。武術チームが主にするチンピラの役割もできなかった。そのため、体の大きい人にはできない難しいことを自ら要望することになった。"一周回って落ちることができるよ。"それでは、武術監督のお兄さんたちがようやくキャスティングをしてくれたがやめようと考えているときだった。除隊して一週間になったが先輩兄から電話がきた。"おい、代役はほどほどにしろ。"はい、そうしますといいながら今まで続いた。

-通常、スタントマンはたくさん怪我をする。危ないことはなかったのか。

=峠があった。ドラマ"黎明の瞳"を撮影する時であった。金鐘学監督が教会堂が弾け、屋根に人が落ちれば良いとされることだ。人が落ちるのは、元のない場面だ。その時私と<セブンデイズ>を作ったウォン伸延監督が末っ子だった。末っ子二人が登って飛び降りるのに火薬飛び出るのってサインがで合って体に火がついた。落ちて、完全に炎に包まれた。手術して三箇月病室に横たわっていて6ヶ月程包帯を巻いて通った。画像のため歩くことができなかった。その時、"これは本当に人がすることではないんだな"と思ったし、実際にやめようとしたが、包帯を解くとすぐに先輩の兄さんたちが連絡をしてきた。6ヶ月の間遊んだという。あいつ仕事与えなければならないと。(笑)紆余曲折が多い。

-キャリア20年を優に超える。武術監督デビューはいつだったか。

=パク・チャンウク監督の<3人組>(1997)をはじめ、いくつかの映画で武術監督の役割をしたが、正式に武術監督だと話したデビューはイ・ジュンイク監督の<王の男>(2005)だ。スタッフたちが私の武術監督に推薦した。その前は、武術監督ではなく、現役で直接スタントするのを好きで楽しんだ。そこでデビューが遅くなった。

- <クイック>と<最終兵器弓>(以下<弓>)で武術監督を務めた。<クイック>は武術チームがたくさん傷ついたようだった。"弓"は、俳優たちが、山の中をものすごく走ったよ。

="クイック"、"弓"大当たりだ!も〜言葉大変だった。(笑)

- "弓"のメイキング映像をみると、崖を走るシーンが印象的だった。

=その場面は編集がどうなるかは分かりませんが撮る時だけは本当に圧巻だった。元々は崖をセットにしようとしている。それでこそ怪我しないか。ところが、その高さのスタジオを見つけることができなかった。それで仕方なく峨嵯山にある実際の崖から7〜8日ほど撮影した。

-実際の撮影はどのように進行したか。

=崖の高さが12〜14m程度になった。どのように選んでてみると人々が最も恐れている、その高さになったのだ。(笑)崖の反対側の崖の高さだけに、コンテナボックスを立てた。崖とコンテナの間にはワイヤクレーンの二台を立てた。ここでは照明のクレーンもあった。そうしたら、現場の規模がものすごくなった。俳優4人が同時にコンテナで走って崖にぶつかるシーンが最大の設定だった。崖のコンテナボックスの間にエアバッグを敷いて、ボックス敷いた。これは展示効果だ。ひょっとして俳優たちが恐怖を食べるかと思って。ただし、レポートの武術チームで最初にテストをしている。このテストでは、俳優たちも見るんで下の線をつかんで引っ張るの武術チームも感を取らなければならないし、カメラも設定しなければならないので重要である。俳優たちはそっと当たっし代役は強くぶつかった。ワイヤーの弾力で崖に強くぶつかった代役をしたチェ・テファン武術監督が苦労をたくさんした。あまり強く非難数日の間、息もできない休むほどだった。大きく息をつくと痛いから。

- "弓"のシナリオの段階でアクションを作成するときにどのようなコンセプトを基にしたのか。

=キム・ハンミン監督は、"リ ​​アル"がほしいと思った。私は、それでも映画だから観客のためのファンサービス次元で、"オーバー"をしてもいいビジュアルを作成すると、どうかとした。監督が何日か考えている途中また会ったときに答えてくれた。リアルに行くのが合うだろうとし、"汗臭私はもので行きましょう"こう言っていたちょうどその言葉通り行った。汗の臭いで飛ぶことができないのだ。俳優たちが現場に来ると靴を履き前に足首、膝にサポーターから蹴る。一度走ればになるまで走った。ものすごく走った。

-キムハンミン監督が武術チームに特別に注文することはなかったのか。

=普通の武術チームはシナリオを見てアクションが70くらいになるとの事実が100を準備する。わざわざオーバーをする。ように濾過させ、俳優たちに進んでも私達がするかである。ところがキムハンミン監督とイェ・ギヘボは、150の話をするのだ。これにより、特殊効果、CG、カメラがすべて変わる。スタッフがパニックに陥り、それに合わせてセッティングを再生する。結果的に見たときは、図が硬くなった。針で刺しても中に入る程度にカットたち硬い。"弓"を見ると、おそらくぎっしりと密な感じが出るのだ。

- <王の男>と<シネ21> 511号"のカムウソン役者の作成​​"の記事を見ると、撮影前に、ものすごく残酷に訓練されたようだったよ。<弓>ではどうだったか。

= <弓>も<王の男>に劣らなかった。パクヘイル氏はすべての動作を感性的に受け入れるというか。どのような動作を説明すると、自分の感性に合わせて考えて受け入れて示すスタイルだ。現場でも、静かに静かに知らず知らずに練習をした。一人で馬に乗って行ったり来たりして、また弓を持って行ったり来たりしていて。(笑)そのようにアクションを体得見ると本当の自分の弓になった。形だけ持つのではなく、劇中のキャラクターの他人が弓を撃つことになったのだ。リュ・スンニョン氏の作品をたくさんした。背を向ければ会って背を向ければ会った。(笑)リュ・スンニョンさんは体でするのが基本的に上手だ。"一度やってください""あ、そうか"とは、右に沿っている。

- "弓"と"クイック"で新たにしようとしたアクションがあるのか。

=二つの作品はすべて、それ自体が新しい試みだった。<クイック>は、最初に出来ないというほどで、"弓"は、さっき言ったように、武術チームが100の話をするのに監督様が150の話だからこれが試みであった。二つの作品を通じて多くのことを得た。この二つの映画に出てきたアクション場面だけを見れば今後の時代劇アクションや、他のブロックバスターのモデルになるのだ。私も<武士>や<天>のような映画を見て、それを上回るアクションを作ろうとした。今はこの二つの作品を踏襲することなく、乗 ​​り越える力を育てている。高い崖を走ることができる...。(笑)

文:シン・ヅヨウン 写真:ベク・ジョンホン
by kazem2 | 2011-08-09 11:17 | Comments(0)