ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミンギ映画「クィック」スタントマン 栄光の傷

☆Source
私たちには経験が今後の科学、パンツだけ着て、救急車に乗ることも
e0109292_933588.jpg

<クイック>イ・ミンギ代役俳優のバイクチーム長ソン・ビョンチョル、カン・イェウォン代役
俳優イ・ドンミン




キスとアロムこれは、本当に無事だろうか。
"クイック"の危険なアクションは、スターのヘルメットに隠されたもう一つのキスとアロムがの安危を心配するようにする。俳優イ・ミンギ、ガン・イェウォンの代役を務めたソン・ビョンチョルバイクチーム長と武術チームイ・ドンミンも"クイック"のため、しばらく病院で治療をしなければならなかった。しかし、これらの傷は、韓国で初めて試みられた数多くのスタントシーンが残した栄光の傷だ。

<クイック>イミンギ代役俳優のバイクチーム長ソンビョンチョル

-元々バイクアクションが得意なのか。

=バイクや格闘技専門です。格闘技は、スタントの仕事をする前に、キックボクシングの選手として活動したことがあり、自分にあってたし、バイクは中学1年生の時にスクーターをはじめ、様々なバイクを経て着実に乗った。知っているお兄さんに応じて、スタント界に入門したかは18年程度になる。映画"亀が走る""ブレイクアウト"、ドラマ"アイリス"などに参加している。

-バイクチーム長として、"クイック"シナリオを初めて見た時の感じは。

=どうやって撮るのかと思った。シナリオを一枚ずつめくるたびに、とんでもない話が...(笑)。
特に、建物と建物をバイクで飛び越えるシーンを読むときは、実際走らなければならないかと望んでいる精神がくらっとしたよ。結局そのシーンはセット撮影で行ったが。

-実際にその場面を撮影するときはどうだったか。

=指が折れた。バイクに乗ってジャンプして地面に着地するが、指がクラッチの間に挟まったまま、私の体が前に飛んでしまった。あまりにもアクションシーンが多い映画だから見ると救急車が現場に常時待機していたが、その車に乗ってすぐに病院に行った。

-結局、その場面は、他のアクション俳優が演技だっただろう。

=そうだ。ところが、その友人も危険だった。自信があるとはしたが、バイクに乗ってジャンプを一度もしてみなかったの友人だった。スタントマンはできないという声をよくする。そのような挑戦精神と無謀さがなければ、この世界では不合格と言うことを分かるから。その友人も最初にジャンプした時に着地地点の外に出て私が非常に危険な状況だった。しかし、そんな時こそ、気を取り直して迅速に再撮影を要求することはよい。考える時間を置くと、失敗したという考えでより恐怖が飛ぶことができ、アクション感も失われることがあるからだ。

- <クイック>バイクアクションの圧巻はやはり、映画初盤部の光復節暴走衝突の場面だ。

=バイクマン50余りと制御するのが大変だった場面だ。九老デジタル団地で撮ったが、わが方のスタントが20名、バイク同好会から出てきた方々が30人だった。もちろん、車にぶつかったり倒れる危険な場面は、わたしたちは皆しており、同好会の方々は、雰囲気作りをしている。しかし、同好会の方々があまりにも個性が強くて、最初に制御するのに苦労した。後にはその方たちの間でも、隊長の役割をする方々がいる事を知り、それらに助けをちょっと受けた。

-バイクアクションの基本コンセプトは何だったか。

=バイクのアクションをまとめて、全体的なアクションのコンセプトは"リアル"だった。ナ武術監督が、"本シリーズ"の2便である<本シュプリ慈悲>を推薦したよ。車だけ出てくる場面なのに人がセリフを言うように渡されるとしながら。そのほかには"トルク""トリプルX""マトリックス"などのバイクシーンを参考にした。

-怪我の危険性が大きい映画だった。アクションの緻密な計算が必要とされよう。

=特定のアクションシーンを設計する前に、"これになるか、ならないか"を心配している場合が多かった。韓国では一度も試してみることができないスタントシーンが多かったからだ。それでもハリウッドのように科学的データを分析し、撮影条件でもなかった。このような場合には、経験がすぐに科学である。どのあたりに行った時、ブレーキを踏んでハンドルを折ると話しというのがすぐに科学である。そういう意味では"クイック"を使用して、新しいデータを多く確保することができてうれしい。

-製作者であったユン・ジェギュン監督が<クイック2>を構想しているというニュースも聞こえてくる。

=次の作品もずっと一緒に行こうとなさいます。もし、"クイック2"が製作されたら"トリプルX"で試みていた、車に乗っている途中、パラシュートを展開して落ちるのアクションシーンをバイクで試してみたい。

<クイック>カンイェウォン代役俳優イ・ドンミン

-自己紹介をお願いします。

="シネヒーローズ"という武術チームに所属している。高校3年生の時ドラマ"勝手にしろ"のヤン・ドングンを見て、スタンドマンの夢を育てた。<ブラザーフッド><マイニューパートナー><7級公務員><ワンスアポンアタイム>などにスタントで参加した。

-スタント分野で主に担当する役割は。

=高校生の役割や、女優の帯域を主に担当する。他のスタントマンより背が小さくて顔があまり険悪にできて(笑)スタントマンたちがたくさんいるチンピラ刑事役をよくさせて頂きますよ。女性のスタントマンもあるが、車にひかれて高いところから落ちるシーンは、どうしても女性の方がマトギエン危険である。そこで、"7級公務員"のキム・ハヌルさんや"ワンスアポンアタイム"のイ・ボヨウンシアクションシーンの代役として出演した。ところが最近ではスタントウーマンがとても上手にして、私は仕事がない。危機感を感じている。(笑)

-女優の帯域を取る場合は、扮装も同じように一つ。

=メイクオプマンの中でかつら使ってヒールも申告、服も同じように着る。今回の"クイック"のアロムが代役として参加しながらも、かつらを被りヒールもはいた、アロムが着たのと同じビニールのジャケットを着ていた。現場ではとても忙しく、精神ないから、その服をそのまま着て飛び回る。スタッフの方々が、私はその姿で現場を歩き回るからとても不思議に思い時だったよ。おまえ、ヒール履いてもよく歩けるね。(笑)恥ずかしい気持ちはない。このことはおもしろくて良いです。

-アロムこれを演技するガン・イェウォンさんと話をしたことがあるか。

=あまりにも現場が忙しく帰って話を交わす時間はなかったが、イェウォンさんが危険な場面を演技する時、"気をつけて"、"大丈夫ですか?"とよくおっしゃったよ。そして、ちなみにガン・イェウォンさんが運動神経が良いんです。ガラスを突き抜けて入って行く場面や危険なジャンプをする時の後ろに乗るシーンは、私が撮影したが、高速道路を走る車からバイクに移して乗る場面はガン・イェウォンシガ直接したほどだ。

-最も危ない場面は。

=バイクに乗ったままの建物の窓を開けて入って行く場面だ。
<クイック>エンディングのクレジットに出てくる裂けて血流す腕が私の腕だ。
アロムがが着るジャケットは手首があらわれる服なのに、腕にテーピングするのを忘れて、ガラス破りのシーンを撮影した。OKサインが落ちた後、何も考えずに腕を見ると血がこんこんと流れていたよ。本当に、ガラスを突き抜けて入って行けば衣装の中にガラスがすべて刺さってしまう。早くガラスをはたいて、病院に行くことになり、その場で服をすべて脱いだ。私はスタッフたちが、私はパンツだけ着て立っている姿を見たと見れば良い。ところが、いざその時にはパンツだけ着ているとのことを考える暇もなかった。

- "クイック"は、個人的にはどんな意味の作品なのか。

=不安な緊張ではなく、楽しい緊張を楽しむことができた作品だ。これは、危険だなという思いよりも、これは本当に挑戦してみたいという気がする作品。これからも"クイック"や香港映画<導火線> <サルパラン>のようにドラマを追う作品ではなく、アクションが中心の作 ​​品に参加したいと思う。

文:ジャン・ヨウンヨプ 写真:オ・ギェオク2011.08.09 Share it

クレジット映像で もしかしてイェウォンちゃんの服装をして手当を受けていた人はナムジャだったのかしら^^
by kazem2 | 2011-08-09 10:08