ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CINE21映画「7鉱区」可愛く、凶悪に、非道に!

☆未公開動く怪獣(追記)
☆Source
<7鉱区>の怪物のクリーチャーのデザインから、監督交代などの製作過程の難航まで
e0109292_1819929.jpg




"海雲台"がついに公開された。破竹の勢いだった。この韓国型ブロックバスターは、津波のように韓国劇場街をさらったし、1千万人観客突破は時間の問題だった。ユン・ジェギュン監督は、いよいよ夢に描いたもう一つのブロックバスタープロジェクトを実現に移す時間がムルイクオトことを悟った。石油ボーリング船を舞台にした怪物映画"7鉱区"だった。実は"7鉱区"は、"海雲台"を準備していた段階から、すでにユン・ジェギュンの次期作で内心決定された状態だった。""海雲台"のために米国の"カーネルの光"という特殊効果のスタジオを訪問したが、次の作品は何なのと聞いてきますよ。石油ボーリング船で行われるクリーチャー物というからそんなことは無条件3Dに行くのだと..."だから"7鉱区"の3Dは...ない。少しの間。私達は今3D述べしようとするわけではない。この記事は、"7鉱区"の怪物がどのように作られたのかに焦点を当てるべきだから3Dはちょっと行き過ぎてみましょう(もちろん、"7鉱区"の3Dは、制作初期から真面目で几帳面に計画された事項だったことを知る必要があるだろう)。

"一度も見たことのないモンスターを作ろう"
ユン・ジェギュンこの"7鉱区"を現実化するために、最初に見つけた人は、特殊効果の会社某バックススタジオチャン・ソンホ代表であった。当時チャン・ソンホ代表は、"海雲台"の特殊効果を担当しており、そのためにカラカラしてはいけないと思っていた。"その時はモンスターのデザインではなく、3Dをどう実装するかに関心を持っていた時期ですよ。怪物のデザインに関する話が本格的に出てきたのは"海雲台"封切り頃でした。3D効果は、当然ユン・ジェギュン監督が、他の会社の世話をするだろうと信じた私の頭の中には、以上のすべての怪物の構想だけあったようです。しかし、3Dまで、私たちが引き受けることになって...。(憂鬱な表情)"チャン・ソンホ代表がモンスターを心配している間、ユン・ジェギュン監督は、シナリオ作業に飛び込んだ。しかし、ユン・ジェギュン監督は、自身が"7鉱区"の適任者ではないという事実を悟った。能力の部材や自信の欠如ではなかった。ひたすら理由は"血が怖いから"だった。

チャン・ソンホ代表は言う。"もちろん、最初はユン監督が直接演出するつもりだったのに...これが怪物が人々と戦ってみると血が一滴でも出るようになっているんじゃないか?ところで急にそうされましたよ。私は、血出てくるのができなくて。それとともに、メーカーに退いた裸身のです。"ユンジェギュン監督も証言する。"自分がなかったんですよ。ホラー映画も嫌いで、怖い映画見るのも嫌なのに...そんなことを撮ろうと思うから本当のとれないことだね。"韓国コメディー映画の皇帝と呼ばれ、人間の体から出てくることができるいろいろな種類の体液を全部カバーしたが、血に触れることができなかったユン・ジェギュン監督は、 "海雲台"のシナリオと"7鉱区"の草稿を書いたキムフィ作家にメガホンを渡し、自分はキムフィ作家に"7鉱区"の草稿を渡された。監督ではなく、製作者兼脚本家としてのポジションを変えたことになる。

問題はやはり怪物だった。具体的なシナリオを書くためには、まずモンスターの最終的なデザインが出しなければならなかった。ユン・ジェギュンはチャン・ソンホ代表と一緒にモンスターのデザインをとっていくことになった。"初めて取ったコンセプトは、深海から上がってきた生物をモチーフにしようということでした。深海生物の特徴は、すべての3つじゃないですか。まず、半透明。第二に、発光体。第三に、目が見えないので、聴覚や体の波長のようなもので感知する。"もちろん深海生物をモチーフにした"7鉱区"の怪物がまた一つ持たなければならない条件があった。独創性だった。"キーは、世界中のいくつかの映画では一度も見たことのないデザインの怪物に行こうということでした。チャン代表者たちにどのようにするのかと聞いてみると、自分が簡単にいたします言った。そこからチャン代表の人生が狂い始めたんだ。"

チャン・ソンホ代表も"余計な欲で人生が狂ってしまった"ということをよく知っていた。"怪物が成長をしながら変態するように設定をしようとしたんです。実はこのモンスターは、人間の人工的な培養を使用して恐ろしい存在に変わることになるはずです。元の自然状態ではそのように大きくなることができないのに...。うーん、これはネタバレになるのか?(ユン・ジェギュン監督が横で言う。"この程度は大丈夫。")女ねじった人間の貪欲さが災いを招いたという映画の主題とも触れ合う設定であるのです。"チャン・ソンホ代表は、怪物がすべての3つのステップを経て変形することで設定している。最初のステップは、"Q"だ。"小さな深海生命体段階です。体から光が出てくるの発光体であり、また、体が透明なのです。なぜQでしょうか。キュート(Cute)。可愛いという話です。キュートスペルはCで始まるのが確かだが、ただQと呼びました。怪物がストレスや刺激を受けると、少し凶悪に変わるのにそれが第二段階の"H"って、Hのステップの怪物は、自己防衛に非常にしようと、本当に不細工な状態で最終的な変態をするのにそれがPですよ。"Qはキュート。可愛いという話だ。その後、HとPは、いったい何の略なのか?ユン・ジェギュン監督が言う。"Hには凶悪だというわけで、Pは非道だということ。英語とは関係なくて...。"

チャン・ソンホ代表によると、"訳もなく変身変態という設定を入れるのに"モンスターのデザインコンセプトをとるだけ1年以上の時間が必要となった。これで、もう怪物の最終デザイン確定だけ残った状態であった。しかし、すべてがこのように美しく、簡単に進むことはできないことではないだろうか。伏兵が訪ねてきた。監督の交換であった。ユン・ジェギュン監督のキムフィ作家を経て、最終的にメガホンは"華麗な休暇"のキム・ジフン監督に渡った。ところが、キム・ジフン監督は、最終的な承認のみを残しておいていた怪物のデザインが全く気に入らない。"プリプロダクションの段階でモンスターを確認したところ...私が思ったのモンスターとは違っていた。粗野んです。既存のモンスター映画を見て頭の中に入っていたいくつかの怪物のイメージとはとても違って、怪しげな定義しかなかったんですよ。"最大の問題は、"目"だった。画竜に点晴を撮るのかと言うことなのか、それが問題だったのだ。

<7鉱区>のモンスターは、すべての3段階を経て変化する。最初のステップは、小さな深海生命体段階のQです。Qはかわいいは"キュート"の発音を取った名称である。1番の写真は、映画の中で、最終的に使用されたQ段階だ。最初に1回のモデルでは2番と3番のモデルで変移予定だったが、実際の映画の中で2番と3番は使用されなかった。これは、"怪物にすべきだ。あまりに可愛いと困る"というキム・ジフン監督の意見をチャンソンホ代表が受け入れた結果だ。

e0109292_18241273.jpg


Q手順次の怪物は、Hの段階で変化する。Hのステップは、かわいいQの段階の生命体が人為的な外部からの干渉が発生する凶悪な状態に変わった姿だ。Hは、"凶"アクハダという意味で製作陣が呼んだ名称である。二つの写真はまだ某パック特殊効果チームが皮膚の質感を負わせなかった状態のイラストだ。

e0109292_18255197.jpg


可愛いQ段階と凶悪なHのステップを経ると、怪物はついに、"フォー"悪のPの段階で最終的な変化である。この写真は現在、公開された"7鉱区"のトレーラーの中に登場する最終的なモンスターと最も似ているデザインのイラストだ。

e0109292_18263875.jpg


グリーンスクリーンで空を眺めながら、仮想の怪物と演技をするのはなかなか容易なことではない。ハリウッド映画の現場では、テニスボールを取り付けた巨大な竿を使って、俳優たちの視線の処理を助ける。<7鉱区>の制作陣は、円滑な撮影のために最初から怪物の帯域を利用することを決定した。ポストプロダクションやCGの処理のために緑色の画面と同じ色の服を着て、怪物の形のフレームを装着したこの帯域を製作陣は、"グリーンマン"と呼んだ。
怪物の目を作ってくれるのか否かの問題
キム・ジフン監督は怪物に目をつけてあげたかった。観客が怪物のキャラクターに同意するように作成してからだ。"モンスターは話しているのではないでしょう。だから、観客がモンスターを一生命体として受け付けるには、目があるべきだと思うんです。ところが、章代表は、深海生物だからそんなことは表皮や触手で見せれば良いと主張しました。"チャン・ソンホ代表も監督の意見を受け入れることができなかった。1年の間の時間と精魂を込めて作り上げた子の顔に刃物の使い方をするつもりがなかったのだ。"その前にデザインしたのは視覚に依存しない、どこが口なのか胴なのかも分からないとても奇怪な形態でした。口がわき腹まで裂けていて。ところが、キム・ジフン監督は、観客が視線を合わせることが必要怪物のキャラクターを持つようになるね。私は視覚に依存する考えはなかったです。目を作るのがとても嫌いでした。陣痛が始まったのです。"ユン・ジェギュン監督が付け加える。"二人が戦って大騒ぎでもないよね。私だけで仲裁して...。"

"戦うことはなかったです。"チャン・ソンホ代表の言葉だ。"うーん 鋭い状況までは行きましたね。"チャン・ソンホ代表の神経は鋭くなった。だからこういうことだ。途方もない愛情を持って完璧な考え、自分を完成している間に、時代が突然、朝鮮時代に改められ、新しい王は考え、自分ではなく、白磁を作るように要求するそのような状況だ(話にならない表現だが、理解は行かないか)。"監督が三度も変わる間に私一人では熱心に集めてきたのがあったというですね。慣性がついて愛情も大きくなりました。そのような力を失いたくない欲ができたんです。"結局、状況は最悪に駆け上がった。悪夢の津波だった。キム・ジフン監督は最初から独自のデザインチームを設けたし、某バック後歩いて出てしまった。<7鉱区>は、二つの頭がついた怪物になった。両首脳は、ていこうという方向が違っていた。体が破れるところだった。

幸いにも一ヶ月後キム・ジフン監督とチャン・ソンホ代表は再び手を握った。チャン・ソンホ代表は言う。"私の勘違いでした。私がどこまでも演出者の意図を最大限に生かさなければならないスタッフという事実を忘れていたのです"彼は心を固く決心しキム・ジフン監督を訪ねた。午後4時に始まった会議は夜10時まで続いた。"夜も、飢えて、私の真正性を少し理解して受けてくれという懇願を大勢いました。監督様がその時私を信じちゃいけないと決心したのです。"キム・ジフン監督は、そのすべてが"美しいの議論"だったと言う。"結局は私の問題だったようだ。某パックの実力を信じられなかったし、また、私が遅く合流したためにチャン・ソンホ代表の情熱を理解できなかったんで。さらに、俳優が問題なら、お酒を一杯食べて、展開することもあり、これは怪物だから...。"

キム・ジフン監督とチャン・ソンホ代表の戦いは終わりになったし、二人は妥協案を見つけた。キムジフン監督は、章の代表者の当初の設計を受け入れ、チャン・ソンホ代表はキム・ジフン監督が必要な"目"を打ち込んで入れることにした。"監督の意見が合ったようです。デザイン的に独創的であることは重要です。しかし、商業映画の中の怪物として、観客と呼吸しなければならないという観点からは、監督の指摘は、明らかに右のよ。"怪物のデザインが折衷案を探して、当初のデザインとは少し変わりながらシナリオの流れも、若干の修正を経てしなければならなかった。ユン・ジェギュン監督は"最初のシナリオでは、徹底した怪獣スリラーだった"と説明する。"しかし、ただのスリラーでは、観客を拡張するのは難しいでしょう。今<7鉱区>のモンスターは、石油の置換のようなんです。石油は有益資源のだが、石油のために戦争が起きたりするんじゃないか。映画の中の怪物もそうです。攻撃性を帯びていない時はとても美しく、幻想的なのに一瞬で人を殺すことができる恐ろしい化け物に変わるんだ。"

チャン・ソンホ代表は、モンスターの変身の段階に応じた外観もキム・ジフン監督の意見を受け入れて修正した。モンスターが可愛い深海生命体Qのステップは、当初の設計よりも"少ない"可愛くなった。"元々はQのステップがたくさん登場する予定だったが、多くの削除になったんです。キム・ジフン監督は、とても幻想的な姿は好きではなかったんですよ。リアリティーが落ちるということでした。怪物は怪物すべきだ。過度に美しい姿でなければならない。そこでQ1、Q2、Q3、このように三回にわたって変身していたQのステップは、Q1だけ残っています。代わりに、HとP、だから凶悪で非道な段階にもっと傾くんです。"同時に、深海生物の特徴を取ってP段階まで指導者として描写していた当初のデザインも変えた。しかし、なぜ、自ら光を発する発光体という独特の設定まで放棄しなければならなかったのか。"目が作られる瞬間とにかくこの怪物は、視覚を持った存在になることだから。発光体として存在する理由がないですね。代わりに、Q状態のときはまだ半透明の発光体のプロパティが保持されます。"チャン・ソンホ代表は、発光体に意図されたモンスターのプロトタイプデザインを某パックパンフレットだけに入れた。まだちょっと惜しいという話であろう。しかし、彼は断固として正しい決定だったと言う。"ところが、実際に"アバター"が公開とすぐ発光体という属性は、しまうか考えて作っていた。書き写したという声は聞きたくありませんから"

"怪物の真っ向勝負"...惜しげもなく見せてくれる
もちろん、変わらないものがある場合は、"7鉱区"の怪物はまだ深海から来た存在という事実だ。海洋生物の湿ったどろどろした質感は、最終的な設計にも含まれている。チャン・ソンホ代表は既に作成されたテクスチャマップ(Texture map)を使用せずにシェーダ(Shader)を最初から新たに作ったと説明する。"作って土台にかぶせるんです。作業難しいことはありません。ソフトウェアがあまりにも発展しているんですよ。ところが、私たちは、テクスチャマップを使わないで、シェーダを最初から新たに作りました。"ちょっと難しいと?だから一言で説明すると、世の中に存在しなかった、質感自体を某パックで新たに作ったという話だ。もちろん、最初からなかったのではなく、チャンソンホ代表が参考にした資料は、(誰もが気づいているだろうが)海の幸であった。"主に参照したのがナマコ、ミドドク、クラゲ、イソギンチャク...アンコウもたくさん参考にした。鷺梁津(ノリャンジン)水産市場で買ってきては切れ目も出して写真も撮って特別ことをすべてしましたよ。"ユン・ジェギュン監督は舌打ちする。"海の幸の総集合体よ"皆知っているように、彼は釜山出身だ。

本格的な撮影に入る直前に怪物の最終的なデザインは完成された。最終的に完成されたモンスターの特徴をより科学的に、いや、生物学的に記述してみよう。1。モンスターはかわいいQ、いやらしいH、非道なPの段階で変態する。2。大きさはボーリング船内部の廊下を自由に急がせることができる程度で、長さは、人々の3、4倍、高さは2倍だ。3。攻撃武器としては、触手がある。しかし、なぜ、わざわざ触手を付けて必要だろうか。"アビス""宇宙戦争"のスティーブンソマーズの"ディープライジング"など、SFのジャンルで"触手"は、もうちょっとクリア頁岩こともできないではないか。ユンジェギュン監督は率直に言う。"3Dです。(笑)"4。モンスターは全て480カットが登場する。

待って!480カット。ハリウッドでもモンスターのジャンルを作成するときに、すべての監督たちが守る基準が一つある。それはモンスターを可能な限り隠して、決定的な場面でだけ利用するということだ。ところが、"7鉱区"のモンスターはなんと480カットや登場する。これはひょっとして過剰な野望ではないか?チャン・ソンホ代表は野望が正しいと言う。"クリーチャー映画の中にここまで決意して出てくる映画はありません。危険な戦略ではないかという内部の意見があったんです。映画の中盤から最後まで、怪物が登場し、映画自体が最初からノンストップで疾走を稼ぎよ。"ユンジェギュン監督は、"真っ向勝負"と言う(ユン・ジェギュンにふさわしくないのか?)。"はい。真っ向勝負をするという話です。見せてくれるのならきちんと非常にだけ...。"チャン・ソンホ代表は首を横に振る。"問題があった。そのような議論は、最終予算が決定された後に出てきたのです。(笑)当初は、予算の状況を見て105カットほど出てくるだろうと思ったし、もっとついて見て、200カットと予想したんです。そうするうちに欲が増して、最終的に480カット。さらには3D映画だとカットを短く打ってもいない。あるテイクがかなり長い方なのにね。"

怪物の登場カットを増やす戦略は、キム・ジフン監督が一歩遅れて"7鉱区"に飛び込んで強力に主張していたの戦略でもあった。"神秘的で大切なのは、非表示に見せなければならないが、観客はモンスターをたくさん見たいと思ってするつもりです。怪物がたくさん出てこなければ、なぜか責務有機という気がして。"トランスフォーマー"も、ロボットはすぐに出てくるでしょうか。(笑)長代表とユン監督は困り果てるんです。クオリティも考えなければならないのに作業量が少なくないがないから。多分私のモンスターの映画をよく分からないからそう主張したのかもしれません。演出的な欲というよりは観客に、メインの料理をすぐに心に抱く心情というか。"おかげでチャン・ソンホ代表者の仕事は、信じられないほど増えた。"私が映画18年目ですよ。百数十編をしたが、このように責任と負担を感じたのは初めてです。私がよくできなければ、映画を台無しには、心理的負担感のことですよ。"

クリーチャーデザイナーの"失われた17kg"
チャン・ソンホ代表は、"7鉱区"をしながら、体重が17kgも減ったと告白する。"口当たりがに消費電力。食べたい気持ちもに消費電力。睡眠もうれしい"。"海雲台"の頃より体重が17kgくらい増えたようなユン・ジェギュン監督が付け加える。"チャン代表は死ぬところだったんだよね。監督は馬鹿な行動と製作者はつつきまくってところでお金はたくさん与えなくて。"キム・ジフン監督は話す。
"キム・ジフン監督は言う。"私もちょっとこだわりがある奴なので。チャン代表様が多く大変だったのでしょう。"今年6月初め、みた撮影分量に最終的な怪物の姿が重ねて負わせた。いよいよ完成だった。この怪物は、監督を3回交換して、監督とクリーチャーデザイナーを離れて立つように作成し、クリーチャーデザイナーから17kgの血と肉を切り取って食べた。恐ろしい奴が来ている。

文:金度勲 記事:キム・ドフン 2011.08.03 Share it
by kazem2 | 2011-08-08 18:26