ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「クィック」キム・イングォンインタビュー

☆Source
"クイック"キムイングォン"危ない撮影現場がもっと映画のようだった"
e0109292_1255578.jpg




[Cookieの映画]
先月20日封切りした映画"クイック"の勢いが恐ろしい。2日、映画振興委員会入場券統合ネットワークによると、現在までの累積観客は159万6324人。100万高地を10日ぶりに突破した後、再び3日ぶりに150万人突破に成功したのだ。同日公開された映画"高地戦"に初盤にはたくさん押されたが、クチコミと中高生のナ夏休み休暇、休暇の季節に本格的に入って、コメディ映画"クイック"の真価が発揮された。千万映画"海雲台"主役イ・ミンギ、カン・イェウォンツートップにユーモアコードを担当してキム・イングォンの底力が観客にきちんと通したのだ。去る7月22日、ソウル三清同意カフェで会ったキム・イングォンは、まるでこのような雰囲気を見越したような発言をした。"映画を見たこれらの評価をTwitterでみると、中高生が身をすくみあがらせるようになると表現したよ。"クイック"を検索すると、文章力が良き方、趣味が読書や登山の方々は、"クイック"を幼稚で悪くみているようです。一方、"クイック"良いツイッタラーの自己紹介を見ると、"メッチャ面白かった"など、10代の子供たちが使用する単語が出てくる。どう ​​しても"クイック"のストーリーや映像の設定が漫画的で、それに合わせて撮影したので、若者たちに通じるようだ。" "クイック"で、キムイングォンは、過去暴走族だったが、現在は交通警察になったミョンシク役を引き受けた。ライダー(イ・ミンギ)が爆弾をバイクに積んで走ると、これを捉えるために、"目には目を歯には歯を、暴走に暴走"を叫びながら、過去の暴走族の友人たちを集めてキスを追う。ところが、暴走族ではあるが、素敵なシーンは見るのが難しい。"海雲台"釜山(プサン)の感じをそのままソウルに持って来たようなキャラクターで映画の笑いのコードを担当し、主演でありながら、壊れることを当たり前に思って演技した。
e0109292_12562678.jpg


""海雲台"は、千万の観客がこの映画だから、そのイメージと、今のイメージをリンクさせることは仕方がないと思う。途中で、"とっとこ"を撮ったりしたが、意外と多くの方々が見ていないので、キャラクターの接続は"海雲台(ヘウンデ)"で行くしかないし。"とっとこ"(キム)静態型浮かび上がるから、突然、再見の人々が多かったよ。しかも、主演三人が"海雲台"に出演したので、そのような感じでは当たり前のことだね。" キム・イングォンには、バイクの事故にあったよくない思い出があるため、"クイック"の撮影前に、弟のミンギやガン・イェウォンに"私たちの安全にとらなければならない"をあまりにも強調してから、励ましの車訪問した'海雲台(ヘウンデ)"の兄、ソル・ギョングに叱りまで聞いた。"イングォン兄さんが"みんな熱心に撮ろうとするのになぜそうなのか"と叱り責められた(笑)。私は過去にバイク事故にあってそのような話にするしかなかった。"マス"撮って、家賃ネヤハルお金がなくて、さまざまなアルバイトをしたが、大学路でポスターつけて、残りの時間でのり巻き配達をした。ある雨の日バイクを運転している途中の地下鉄工事現場の鉄板に超えだろ。大きくケガしはしなかったが、車が通わなかったので幸いなことで大変なことになるところだったんだよね。それで結局怖気づいてのり巻きの配達は、2週間でやめたよ。また、一度はバイクに乗っていて横の車とぶつかって、5分間気を失ったこともあり。その時以来、再びバイクの運転はしないとしたの。だから当然ミンギやイェウォンに保証をお願いし、私も"わけもなくオーバーアクションをやめよう"と念を取っていた。" 約束はあまりしたが、生まれつきの俳優であるキム・イングォンの現場に適用されることはあり得ない。キム・イングォンは、自分も知らないうちにバイクの前輪を持ち上げることも、危険な場面を演出したりもした。完全に撮影現場の雰囲気だった。俳優らだけでなくスタッフらも危険な場面に保身を図らなかった。 “私たちが走る姿を現わすためにカメラを下に置いてとるが、ほとんどアスファルトにつく一歩直前まで降りて行ったよ。
撮影監督は、その現場を見てスタッフたちの情熱が感動的で映画のようだと言ったほどだ。珍しいさらに下るとアスファルトに残してケガの状況なのに、それでも行くと。すべての現場がすべてでした。どんな薬食べた人のように(笑)" こんな姿は、そのまま観客たちにも伝えられた。映画最後にメーキング フィルムを見せるのにスタントマンらの努力とケガした後にも自身のことに誇りを持っている姿を現わしたためだ。 “映画の感動がそこにあるとは思わなかった。
私たちがいくら演技して笑いを与えても、そこに漢方があるとはね。観客がその場面見るために出て行かないというんだって(笑)。映画制作のオフィスに赤い文字でA4用紙一枚に一字ずつ"いったいあの映画はどのように撮ったのだろうか。本当に危険しただろう"と書かれている。それがこの映画のモットーであり、当初からそのような精神的にこの映画を製作して引っぱって行ったもので。"
e0109292_12571657.jpg

キム・イングォンは現在、"タワー"" マイウェイ "などの大作に相次いでキャスティングされ撮影に臨んでいる。現場の話を聞いて"海雲台"もそうだし、現在の撮る映画も容易ではないが、やはり"クイック"が一番危険な撮影現場だったと思う。キム・イングォンもそうなのか。しかし、彼は謙虚にした足退いた。 “事実'クィク'は私の立場で見る時お匙一つのせる程度だった。ミンギやイェウォンは、そしてスタッフたちの努力に比べれば非常に楽に撮影したよ。追いかけて行くシーンもいくつかなかったし、ほとんどのブルースクリーンで撮ったのだから。多分一番難しかったのはチャンポンかぶった時かな(笑)。

" 国民日報クッキーニュースユミョンジュン記者neocross@kukimedia.co.kr
2011.08.03 10:23
by kazem2 | 2011-08-03 13:08