ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イ・ミンギ映画「クィック」

☆Source
"クイック"· 7鉱区"ユンジェギュン監督、"韓国映画の新しい道を探してと思った"(インタビュー)
e0109292_19143194.jpg




[マイデイリー=キム・ギョンミン記者]
"韓国映画市場は、このままでは未来があるか?新しい道を開きたいと思った" 1番街の奇跡"、"ハーモニー"、"海雲台(ヘウンデ)'などを演出したユン・ジェギュン監督(42)が製作者に変身、100億ウォン台ブロックバスターの二編を発表した。今年、計4本が予定された100億ブロックバスターの半分を占める2編を作り出したJKフィルム。投資家の信頼がなければ不可能だった巨大プロジェクトを作り出したユン・ジェギュン監督に会った。
"クイック"が封切りして1週間経って、7鉱区"の公開を一週間後に控えた時点に会ったユン・ジェギュン監督は特有の人の良い笑いを放って"最近、生きる為に生きるのではない"と複雑な心境を打ち明けた。興行映画監督だが、製作者で休みなしに走っているユン監督が、ソウル江南区論硯洞JKフィルムで会ってみた。-

"クイック"や、7鉱区"のすべて韓国では見られないスタイルのある一言で言うと、"クウィクと7鉱区"皆ハリウッド映画を念頭に置いて作った。映画的な技術に重点を置いて作られた作品で、既存の韓国映画が硬い叙事を置いたとすれば、二つの映画はそのような点ではなく、技術に重点を置いた。

- "ハーモニー"の場合、ユン・ゼギュンは、叙事に基盤を置いた興行の監督として有名だがなぜこのような試みをしたのか?

近年香港や日本だけでなく世界の映画市場は、ハリウッド版だ。韓国映画だけを、国内外で高い評価を受けている。しかし、考えてみよう。果たして韓国映画が海外で販売されているか?そうではない。韓国映画市場は小さくなっている。このまま行けば韓国映画が、香港ノワール映画のようにならないという保障もない。途方もないかもしれませんが、ハリウッド目の高さに合わせて映画を製作しなければならない時点だ。私も、私は上手なコメディを加味した、小さな作品を作成すると、監督生活を延命することができる。しかし、それは発展はない。

- "クイック"と7鉱区"がそのような作品だと見ることができますか?

一応数値で証明しようとするなら7鉱区"は、現在46カ国で、"クイック"は、10カ国に販売になった。7鉱区"の場合、公開もされていない映画が数十ヶ国に先販売された最初の事例だと知っている。国内の反応よりも、海外バイヤーの評価が良い。特に、製作費1000万ドル水準だという話をするとびっくりする。いくつかのバイヤーは、'7000万ドルレベルの作品"という評価をするほどだ。

-韓国映画の代わりに二つの映画を聞いて、ある意味ではそうなの?

私が思ったのは、ハリウッド作品と競うことができる作品。費用対効果を出すことができるクオリティの高い技術を持った映画を持ってハリウッドブロックバスターと戦うのだ。今年も"トランスフォーマー"に"ハリーポッター"、"パイレーツオブカリビアン"の韓国映画は枯死状態だ。"サニー"一つだけが生き残った。来年も数多くのハリウッド作品が封切りを控えている。韓国映画がこれ以上の資本的な理由で発展がなければ、停滞するだけだ。新しい起点が必要である。

-ハリウッドとの比較のために、二つの映画は、北米でも高い評価を受けると見るのか?

そうではない。しかし、アジア市場は十分に取ることができる。7鉱区"を例にするが、この映画は、アジア初の3D IMAX映画だ。

3Dの作品?

アジアでは、"オクボダン3D"だけ公開された。本格的な3D映画は、ヨーロッパにもない。まだ、"ハリウッドを征服する"という話は早い。しかし、二つの映画がハリウッド征服の時点になったらいいなという考えはする。

-韓国映画のハリウッド化、誰もが考えることはできるが、誰もできなかった。そうだ。韓国映画界が進むべき道は見えるが、現実は難しい。しかし、今の時点では、ユン・ジェギュンという人が投資家に信頼があるから、推進可能なことだった。お金だけ儲けようとした場合ならしなくてもよかった。難しくて悪口を言われても、商業映画監督として何もしなかった道を行きたいと思った。

-挑戦はいつまでするのか?

ここで前提が必要だが、投資を受けられなければならない。しかし、(投資が)うまくいくようなら続けたいと思う。観客の力が必要な時点だ。機会があれば、韓国映画の技術の発展した姿を観客に続けて見せてあげたい。韓国映画もこれだけできるということに対しては誇りを持ちたい。

ユン監督はインタビューの末尾に"クイック"と7鉱区"の"海雲台"の2倍以上の努力が入った無謀な挑戦だと表現した。韓国では誰も試みなかった本格スピードアクションと3D IMAX映画。ユン監督の新しい挑戦は、韓国映画史に新しい地平を開いた。"クイック"と7鉱区"二編の作品が、韓国市場はもちろん、海外の映画界にどんな旋風を運転して来るか期待してみよう。

[写真=グァクギョンフン記者kphoto @ mydaily 。co.kr] (キム・ギョンミン記者fender@mydaily.co.kr)

press@mydaily.co.kr - NO.1ニューメディアリアルタイムニュースマイデイリー(www.mydaily.co.kr)著作権者ⓒマイデイリー。

マイデイリー 記事送信2011-08-01 09:24
by kazem2 | 2011-08-01 19:58