ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」"日常の私は....."

☆source
e0109292_20154836.jpg

▲映画"クイック"で爆弾を配信するハン・ギス役のイ・ミンギ。
彼の乗ったバイクはBMW s1000rrで2500万ウォンを超える高級機種だという。実際に彼は5年前にバイクの免許を取り腕前も相当なものと知られた。







[オーマイニュース=イ・ソンピル記者]

最近盛んに映画館通りを熱している映画"クイック"。これに対して彼は"ジャッキ・チェーン式アナログアクションだ"、"漫画に出てきそうな場面だ"と説明した。時速170〜180㎞を行き来して、建物と建物の間を走り回っていろいろな種類の爆発シーンで生き残ったが、彼は全然かっこいいとばかり見られない。

イ・ミンギは"広報スケジュールがあまりに詰まっていた"と淡々と言った。彼がまさに"クイック"ですることがなく、爆弾の荷物を配達して道路を疾走していたハンギスだった。彼に会った日は、偶然にも"クイック"の封切り日の20日。それも往十里CGVでの舞台挨拶を控えていた。

<クイック>を見た第一印象は"ちょっと心配"だった。迫力あふれる画面とコミックとアクションを行き来する俳優たちの熱演が良かったですが、話の設定や流れで観客らがそのまま受け入れるのか疑問を感じた。特にサウンドの操作で問題を抱えていた俳優たちのセリフがはっきりと聞こえないこともした。


イ・ミンギも、多少心配がいたようだ。彼は"有料試写会があったが、劇場でも一杯入っていたので心が少しは楽になりました"と切り出した。<クイック>は封切りを控えて、サウンドも再生するなど、身なりを固めて取った。封切り初週しばらく停滞している姿だった"クイック"は、31日現在、140だけを越えた映画"高地戦"の後に続いて120万観客を突破した。

""海雲台""クイック"は、人物ではなく、ジャンルが優先の映画"
e0109292_2024257.jpg

▲映画"クイック"の一場面。仁川、明洞、江南大路などで撮影しながらスタンドマンはもちろん、俳優たちの負傷から脱することができなかったという裏話だ。そのシーンの撮影では、連鎖爆発のシーン中にカンイェウォン驚い越えれイミンギが彼を救おうとした二人の俳優がケガもした。

ⓒJKフィルム

- 映画が"一度まともに楽しんでみよう"というふうに作ったようです。映画を見てからどのような考えになりましたか?

"文字通り、目的性をしっかり持った映画でしょう。人物や状況の蓋然性等を計算したら、デメリットが非常に多いこともありますが、観客に、視覚や触覚などの感覚的な楽しさを与えることができ、コメディ的な楽しさが生きています。映画の漫画的なイメージが本当に良いです。状況と人物も漫画的じゃないでしょうか。遅生きろと、特別な訓練を受けた子供たちではなく、私たちに身近な普通の子供たちが事故に遭って何かそのような部分が共感を受けるようです。"

- 一緒に作業した俳優たちは、どのような反応だったですか?

"イェウォンさんはあまりにも肯定的なマインドの持ち主ですから。さっき昼にも会ったのですが、すでにハイパー(浮かれて興奮した状態)だったんですよ。イングォン兄も、サウンドミキシング、再び作品見て自信を持ったようだよ。私も観客の方々に会って、自信がつきました。今週より次の週がいいようななんかそんな気持ちです。"

- 主人公として、多くのアクションシーンを撮る映画でハン・ギスという人物が大きく浮き彫りになりはしないようだが観客たちに映画を見るのヒントを与えよう場合は?

"すごい演技力を認められる作品はない。ジャンルに分解する人物が必要としたの人物が浮き彫りになる作品ではないです。映画を撮りながらジャンル的に勉強が多くなりました。ジャンルが浮上する映画があるのだなと思ったんです。"海雲台"もジャンルが優先の映画だよ。迷いが必要ない映画だと思います。観客の方に負担でやろうとしたんですよ。深い苦悩をしたり、思想に陥るなどの人々苦しめる映画ではないが、決して簡単に撮ることはなかった。私たちが熾烈に撮影されただけに観客の方々は、容易に近づくことができるという気持ちでした。"

休憩も良いですが、作業に集中するときが意味あり

e0109292_20353894.jpg

▲多様な表情を演技しているイミンギが、肝心の表では無愛想な面がある。しかし、その分、情が多い人だという周囲の反応がある。
ⓒウェルメイドスタエム

これまでイ・ミンギは、様々な作品を消化しながら、忙しく過ごしてきた。昨年には<ユタ州への道>と<ヨウンジャヤ私の仲間>という作品に主演で出演した。←なんだこれは!情報がいい加減^^

今年の上半期だけでも、既に公開をした"クイック"の他に、ソン・イェジンと一緒に作業したロマンスジャンルである<不気味な恋愛>が封切りを控えている。<不気味な恋愛>は、今年4月にクランクアップ(撮影終了)した状態だ。

e0109292_222252100.jpg

- 相次ぐ作業で疲れるはずなのにどうですか?

"そうでしょう。ところで映画を終えて次の日常がもっと大変だったんですよ。作業をするときは、一瞬一瞬に意味を付与しています。いったん撮影に入ると、撮影現場でも日常でも集中している時間だから意味深いですよ。

日常での私はと見ると、取るに足りないないと感じられる時があります。"なぜ休んでいるか""なぜ肉体と精神を放すのか?" 働く時と休む時、その意味と深さの厚さが異なっているのです。なぜ、休みながらも不快な気持ちそんなのあるんじゃないか。"

- それでも暇だというのがあるじゃないですか?ひょっとして、自由に時間を使うことができると楽しむ趣味がないんですか?

"うーん何がありましょうか。暇な時間では友達に会います。友人たちと一緒にグルメを求めていくこと?それが楽しみなんですよ。先週にも行ってきたが音(マネージャーに"どこだったっけ?")あ、最近の水炊き食べました。江南、松坡(ソンパ)と洋装を過ぎると山が出てくるが、そこで食べましたよ、午後に入って夕方に出てきました。マッコリと一緒です(笑)。"

イ・ミンギの語り口と表情から推している場合、映画では普段の性格と似ているキャラクターの"海雲台"でのチェ・ヒョンシクがそうだ。無愛想に見えるが、俗情が深い、典型的な釜山男だ。ファンもそう思っていたよりも。Twitterを使って入ってきた質問を投げてみた。

- <海雲台(ヘウンデ)"のヒョンシクは、最終的に愛のために自分自身を放棄する海洋救助隊員だったが、もし本人なら、愛する人を置いてどのような決定を下したのでしょうか?

"(じっくり考えてから)人々がその状況になれば意外な行動をしたりするんじゃないか、感情を排除して合理的に考えれば、私は生きるでしょう(笑)その状況に入ったのではないからです。"


人物に集中したところ、知人らもー?..."<ブラックスワン>のような作品にしたい"

e0109292_20345044.jpg

▲今後も活発な活動計画を明らかにしたイ・ミンギ。更に様々なジャンルの作品で彼を見ることができるそうだ。

ロマンスコミックそして今回のアクションに挑戦したイ・ミンギ。彼が引き受けたキャラクターが軽くて溌剌とするだけだったわけではない。きちんきちんとフィルモグラフィーを増やしている彼にもっと多様な姿を期待してみてもいいそうだ。特に、2008年に封切りした<おいしいマン>はイ・ミンギに新たな演技の領域を実験していた作品で挙げることができる。この映画でイ・ミンギは、日本の女優と一緒に音楽と音の食べ物という素材で、お互いの傷を治癒していくミュージシャンの役割を引き受けた。

- 今までした作品の中で記憶に残るものはありますか?個人的には"おいしいマン"(2008)でのイ・ミンギの姿を見て新たな可能性を見てどう思うのでしょうか?

""泰陵選手村"という作品であり、今もそしてこれからも演技をしていくことができる土台になった作品です。私に俳優をしたくて演技に対する意志を植えつけた作品です。"おいしいマン"は、多くの人が認めてくれないのを知っていたが、それでも良かったです。撮影環境が劣悪だったが人物に集中するようになったんです。

そんなことがよく作成されると"ブラックスワン"とも同じ作品が出てこないんじゃないかと思います。VIP試写会でみると、招待した知人たちも眠るんですよ。観客が意識的に没入している映画だから大変だったでしょう(笑)。後で機会があればそのような作品をもう一度してみたいです。"

- <泰陵選手村><ダルジャの春>などドラマでも良い姿見せていたが、今後のドラマに出演する計画はありますか?

"うーん、ドラマの活動計画はまだないが、映画だけハゲトダンわけではないからです。
気軽に良い作品があれば行う予定です。"

オーマイニュース 原文 記事送信2011-07-31 20:10
Commented at 2011-07-31 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-08-01 07:07
☆23:02の非公開ちゃん

おはようさ~ん

今朝のお目覚め いかが~^^

そうだね
クィックチームは今までにないような広報活動をしているね

この分では週末ごとに舞台挨拶をしていそうだね

頑張っているわ~^^


うん

イェウォンちゃんの噂を聞いているよ~

もの凄くいい人みたいね

いいお姉さんなんだわ^^

うん

ネットなどのプロフィールにはウエルメイドスターMになっているけど ミンギはビョンチョルさんと独立しているよ

去年スターMの受付でミンギのことを聞いたら
そんな人はいませんと言われてね~

びっくりしたよ

だから The Men エンターティメントがミンギの連絡先だよ

今はミンテさんがマネージャ―のようなことをしているのかもね

大黒柱だからね~

だからよくインタビューでも答えているでしょ

僕一人の身体じゃないからって。

ひとりでやっているから 無茶できないね
Commented by kazem2 at 2011-08-01 07:07
去年ミンギには関係ないけど事件があったとき

事務所対応としてでてきていたから そこら辺は話がついているのかもね

第三者は知らなくてよいことのね^^
Commented at 2011-08-01 09:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-08-01 17:15
☆09:47の非公開ちゃん

アンニョン~^^

今日から夏休みで神戸に行ってきたよ^^

ええ~

そうなんだ

ややこしい書き方だもんね~

今は団地の一画に事務所を置いていると思うよ

団地っ言っていいのかマンションと言っていいのか

地図でみたら団地の町のようだったよ

ミンテさんはギターを弾くしファンミの舞台にも上がっていたと思うよ

細くてミンギっぽい^^

私はイングォンさんのマネージャーとミンテさんの
ツィッターのフォローをしているよ


ファンはマネージャーも知っているね

私も違う俳優のマネージャ―と握手とかしてたよ^^
by kazem2 | 2011-07-31 20:38 | Comments(5)