ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」俳優コ・チャンソク

☆Source
'高地戦'・"ベンツに乗って通うことができるがこれで軽自動車一台"
e0109292_12565615.jpg




最近、韓国映画界で最も忙しい俳優。興行純度が高い監督も製作者も首を抜いて待っている名品助演。そして、"タルバボ"。誰が考えたのか。おそらく、コ・チャンソク(41)とキム・イングォン(33)を思い出してしまった場合には、韓国映画をかなりよく知っている観客である可能性が高い。"出身"も、演技のスタイルも違って年齢もかなり差があるが妙な共通点を持った二人の俳優の順に会った。"映画界で最も上手く行く俳優"という世間の評の二人の俳優も、" 撮影中"だったし、インタビューのために少しの暇を作って、ソウル三清洞を訪れた。

コ・チャンソクは、偶然同じ日に封切りした韓国映画の大作"高地戦"と"クイック"に出演し、"Mr。アイドル"の撮影を終え、"ミスゴプロジェクト "をとっており、"死体が帰ってきた"を控えている。

キム・イングォンは、出演作、"クイック"が公開中で、"マイウェイ "の撮影を終え、"タワー"は、撮影中、"救国の鋼鉄隊"は、待機している。

▶'私は根本的なものがない男"コチャンソク興行競争作の"高地戦"と"クイック"に"同時出演"見るときまり悪いエピソードもあった。一度はインタビューの写真撮影のために三清洞のあるカフェの屋上で熱心にポーズを取っているのに向こうの建物で、誰が呼んだ。"チャンソクは、兄さん!"。シン・ハギュンとチャン・フン監督だった。'高地戦"チームのまぶしさではなく、まぶしさをを受けて、"クイック"の出演俳優としてインタビューをしなければならなかった。 コ・チャンソクは、"高地戦"では、日帝時代の満州で独立軍として活動し、解放後、韓国戦争が勃発すると、韓国軍に参戦した百戦老将上司として出演した。"クイック"で暴走するバイククイックサービスマンを追撃し、彼を取り巻く爆弾テロの陰謀を捜査する刑事役だ。"高地戦'の張勳監督とは"映画は映画だ"と"義兄弟"に続き、三作。"高地戦"の出演が先に確定しており、"クイック"は後に提案を受けた。 撮影日くらい重なってコ・チャンソクは枯死したが、"クイック"の製作者のユン・ジェギュン監督が直接映画界の後輩の張勳監督に電話をかけ""私は、"日程に合わせるはずだから、我々の映画にも貸してくれ"と言い、結局二本の作品にメインㆍ助演俳優として参加することになった。二つの映画の助監督たちがコ・チャンソクの撮影スケジュールを相互に調整するのに頭を痛めるほどだった。その結果、コ・チャンソクは""クイック"に行って"高地戦"話をして、"高地戦'に会って"クイック"を言って"コウモリ"お世話に、傘長寿の塩長寿の息子を持つ母親の気持ちになってしまった。これで、韓国映画では"コ・チャンソクがなくてはならない役割"が徐々に増えている。"みんなベンツに乗って通っていると思うだろうが、昨年モーニング一台(軽自動車)を購入している。" 周辺で"ロト"を当てたように誤解するほどこの2年間、コ・チャンソクの立地は、 "旭日昇天"の勢いで湧きあがった。"映画は映画だ'以後10本近い映画に出演し、セリフとの割合はますます増え、主演作もあり、2本でギャラ100万〜200万ウォンだった出演料が跳ね上がった。しかし、本格的な演技開始から10年余り万こそ右全盛だ。経済的な面でも今は"演技だけして食事して暮らせる"になった。"いわば根本ない奴だが、今考えると、これまでの経験がみな演技の土台になるようです。"

コ・チャンソクは、日本語専攻で大学に入り、"卒業後商売にするつもり"だったが、在学中に仮面劇サークルで活動したのが契機になって今まで来るようになった。当時、大学街を支配していた雰囲気のまま、"文芸運動"として踊って歌を歌い、数年後には最初から学校まで辞めてプロの歌グループレッスンになって、集会や大学祭、ストライキの現場を追いかけた。 当時と中島みゆきのアンチファン、林秀経過にも会って親交を交わした。そのように20代を過ごした後、より本格的な演技の授業のためにソウル芸大に進学し、卒業後、大学路でマイムグク団を運営したりもした。生計のために、20代の鉄鋼工場やキムさん式場で働いたりもしたし、一度船に乗れば一二カ月かかる船員生活をしたりもしており、30代には各種イベントの演出も厭わなかった。コ・チャンソクは、"大学路で活動する時も田舎劇団のどの俳優より優れていると考えたこともないが、TVや映画の誰よりも劣等だとも思ったことがない"とし、"仲間たちと観客たちに認められる俳優として長い間延期したい"と話した。

イ・ヒョンソク記者/ suk@heraldm.com (コチャンソク)
写真=バクヘムク記者mook@heraldm.com

2011-07-30 10:28
by kazem2 | 2011-07-30 13:12