ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」トップより2番手でロングラン希望

☆Source
[インタビュー] イ・ミンギ"1番より2番目で長持ちです"
e0109292_10505834.jpg

この服装は先日のツィッターのインタビューの写真と同じですね



俳優イ・ミンギは映画"クイック"に出演してすっきりしたバイクアクションとスペクタクルな爆破場面で、今年の夏、観客の目と耳を楽しませている。
映画"クイック"は、オートバイのクウィクサービスマン(イ・ミンギ)とアイドル歌手(カン・イェウォンの方)がソウル市内のど真ん中で起こる爆弾テロに巻き込まれる話を愉快に盛り出した。テロ犯に虚勢をかまえていたためにも若干卑屈に時にはひたむきにチュンシムを守るハンギス演技を印象的に展開したイ・ミンギに直接会って、映 ​​画の話を聞いてみた。

◇"ボックスオフィス1位、みんなが苦労しただけにとても喜んで、" 去る20日の公開を開始したイ・ミンギ主演の大ヒット映画"クイック"が去る26日一日ボックスオフィス1位に上がって底力を発揮して恐ろしい上昇の勢いを継続している。これにイ・ミンギは"一度、本当に良かったという気がする。スタッフと俳優皆が苦労して作った映画だからこそ貴重なようだ"と述べ、"しかし、今年の夏7鉱区"、"ブラインド"、"最終兵器の弓"など錚々たる映画が封切りを控えていてまだ安心は早い"と謙虚を示した。引き続き彼は"1番より2番目でなどでロングランすることができたら良いだろう"とはにかむように笑って見せた。映画"クイック"は、最初から最後までスリル満点のアクションシーンと、危険なバイク追撃シーンが展開され、危険に見える場面が見る人々とにとって胸気遣うようにする。これにイ・ミンギは"事故が出たら、少しの傷ではなく、大規模な事故は、私は撮影の連続だった。私が怪我をしたのは、どこに行って話モトコネルだけスタントアクション俳優の方々が苦労が多かった。自動車追撃シーンなどは、私が直接撮ったが、他の危険な場面には、スタントマンが担当した。事件事故なしで映画撮影を無事に終えて幸いだ"と述べた。"クイック"エンディングのクレジットには、スタント俳優たちが撮影をするコースをはじめ、負傷を負う場面らで構成された映像が公開され、映画がどのように作られるのか、観客の理解を盛り立てます。ここスタント俳優たちのビハインドストーリーを接することができる。

◇"シナリオを初めて読み、一本の漫画を見たようだった" "クイック"のシナリオを読んだ後、イ・ミンギは"一編の漫画を見たようだった"とし、"客観的視点で見た時残忍なテロの話だが、それぞれの状況と人物の対処方法は漫画的で愉快だった"と当時の印象を明らかにした。シナリオの中に登場する快速疾走本能のクウィクサービスマン、時をわきまえずさく烈する爆弾は、空中を切って走るバイクなどの漫画中でも見そうな背のアクションにイ・ミンギはジョ・ボムグ監督に"監督さん、こんな感じで撮れるんですか、それとも、このように強く残すものですか"と自問したという。以来ジョ・ボムグ監督から帰ってきた返事は"このように撮るのだ。このような場面が、映画の中で可能しなければならない場合は、この映画は意味がない"だった。これイ・ミンギは、新しいジャンルであると同時に、頭の中だけで描かれるそうな場面をしようとした韓国のアクション映画を見たことがないに快く一緒にすることを決心したと伝えた。また、"それぞれの国の映画が、ジャンルは同じでも感情は違うとし、"映画"クイック"は、韓国の情緒に合ったアクション映画だと説明した。続いて"クイック"は、他のアクション映画とは異なり、愉快ながら重くないアクション映画というのが魅力だと伝えて、映 ​​画に対する愛情を現わした。彼は引き続き"普通のハリウッドアクション映画を見ると、主人公たちのほとんどの英雄として描かれる。しかし、"クイック"の人物たちは"どうして私にこんなこと"というお馴染みの考え方を通して、状況に対処する。それがもう一つの差別化されている点であるようだ"と語った。なお、イ・ミンギはどこでも見られるおなじみの人物たちが慣れている場所で体験する不慣れなことが、映画"クイック"を鑑賞するまた一つの楽しみの要素と耳打ちした。演技する時自分が引き受けた役割にできる限り近くに近付こうと努力するというイ・ミンギ。"おいしいマン"という作品をした際には、その人物に近づこうと日常生活も変えるほどだったという。そのように過ごした時間を使って私の感性や行動が演技しなくても、それがまるで演技のように出てくることができると信じていたもの。しかし、映画"海雲台"を撮影してからジャンルの演技についても考えるようになった。次いで"クイック"を撮りながらも真正性万叫ぶ部分があってではない部分があるように俳優がジャンルに応じて、柔軟性を備えて動く必要があるのではないかという考えをするようになったと伝えた。

◇"もう酒をちょっとやめて飲んで恋愛しないと" イ・ミンギは、通常、休む時は友達と一緒に酒の席を持っていますとし、"もうお酒やめて飲んで恋愛しますよ"と恋したい20代の青年の心を伝えた。また、"今までまともな恋愛をやったことの無いようだ、むしろ作品をしながら、"恋愛する時はこのような感情になるのだろう"、"恋愛すると、このようなことをするんだ"と感じた"と"ある日"あなたは愛がわからない人じゃないですか"というフレーズを見て私はすべてをドキッとした"と可愛い不機嫌な話をした。イ・ミンギは映画"クイック"を撮影して得て感じたことが多いという。苦楽を共に作業した人々を得て興行になれば私の今後の歩みには良い力を得ることで、映画を撮りながらジャンルに沿った演技の柔軟性を学んだと言う。困難に得られたものを、自分の内面に溶かして出す成熟した演技者で生まれかわるの彼の努力は今日も止まらない

ファイナンシャルニューススタエンjiyoon225@starnnews.com
ユ・ジユン記者記事情報提供および報道資料press@starnnews.com
|記事入力2011-07-29 09:54
by kazem2 | 2011-07-29 11:03