ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」興行1位は偶然ではなかった

☆Neswen洪庭園記者
e0109292_18453437.jpg

Newsenの洪庭園記者の記事です
映画「クィック」は本格的に波に乗ったようですね^^



(記事抜粋)
クイック"は去る20日封切り当日から25日まで1位の"ハリーポッターと死の秘宝2"、2位"高地戦"に続き、ずっと3位を記録した。しかし、26日を基点に1位に逆転しており、翌日の27日も1位を維持した。イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンが出演した"クイック"は、制限時間30分私の爆弾を配達しなければならないクウィクサービスマンのミッションを描いたアクション映画だ。"クイック"は、ハリウッドのブロックバスター"ハリーポッター死の秘宝2""トランスフォーマー3"、韓国のブロックバスター、"高地戦"のような大作の間でも評価8点台と、SNSなどを通じたクチコミ、前の世代の観客の年齢層などの底力を見せている。観客たちは"韓国式スピードアクションの真髄(リバーワイルド)"、"韓国映画がこんなに迫力あふれるとは思わなかった(太陽)"、"最初から最後までスピーディな緊張感と笑いがはじける映画(Koo)"、"我が国の映画も、外国に劣らずよく作って輸出しても遜色のない映画だ(ART)"など、満足感を見せた。このような"クイック"の上昇は、700万人を突破、現在も上映中の"サニー"の序盤のような歩みだ。"サニー"も封切り初のマスター5月5日"トール:雷の神"と" ソースコード"などハリウッド大作に押され、ボックスオフィス3位にとどまったが、週末の5月7日、ボックスオフィス1位(映画館入場券統合ネットワークの基準)をピョンと跳び上がって逆転した。"クイック"は国内最初に試みられたドギケムスパロー200とのワイヤレスリモートコントロールで撮影された時速300kmの疾走シーン、強烈な爆破場面でぴりっとすることをプレゼントする。笑いとスリルも、観客の点数を受けた。制限時間内に爆弾を渡す必要がある緊迫した設定と笑いの調和も"クイック"の興行原動力だ。

洪庭園記者man @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com Copyrightⓒニュース。
[2011-07-28 11:18:03]
by kazem2 | 2011-07-28 18:37