ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」CINE21ジュ・ソンチョル記者Ⅲ

☆CINE21
アナログ臭いアクションがほしいと思った
e0109292_11273857.jpg




-ユン・ジェギュン監督とはどんな縁なのか。

=ユン・ジェギュン監督が子供の頃から分かったの親友が"海雲台"のキム・フィ作家、JKフィルムのギル・ヨウンミン取締役で、その中のキム・フィ作家と過去の短編"雨"(1996)の時から知って進展した。そうするうちに自然に似合って親しい兄がいる。実は、私は"堤防伝説"の後JKフィルムの前身である二士夫フィルムでの作業だとすると、周りの人々が"何をそんな三流映画会社に行くのか"という話もした。(笑)しかし、どうせ映画との共同作業だから、"無条件に人だけ見て行く"という考えがあった。それで確実に揺れることがなかった。しかし、これからは私がJKフィルムで映画作ったとすると、みんな"どうJKフィルムとすることになったの?""私もちょっと紹介させてくれ"そうする。(笑)

- "クイック"は、信じられないような都心の撮影が多い。

=主な舞台は、道路そのものなのに、撮影の許可が本当に大変だ。製作部が本当にすごかった。なんと7つの機関と接触して、明洞を交渉しており、水原(スウォン)奝オ高速道路のインターチェンジを3日間統制して追撃戦を撮ることができた。水原、華城の住民の不便が大きかったのだ。オープニングに登場するタンクローリー爆破シーンは、加山デジタル団地の前で撮ったが、バイクはほぼ100台疾走した。その中ハンデマン倒されても大事故が起こることができる状況だった。

-映画を準備して参照される映画は。

=当初のコンセプトであるスピードと爆発、それに関連付けられている映画は、すべての拾い読みのようだ。<スピード>(1994)や"タクシー"(1998)はもちろん、ジョセフ・カーンの<トーク>(2004)のようなバイクの映画も見た。<トーク>のような映画は、あまりにも出て行って参照するのはちょっと曖昧だったし。コンピューターグラフィックスを担当するデジタルアイデアのジョンソンジン本部長、ナ武術監督と対話をしながら、アナログのにおいが私はアクションの場合は良いという結論を下したが そうするうちに私たちが望む方向に調和がよく成り立った映画がむしろ<ヨン・ヒョンホジェ>や<ポリスストーリー>シリーズのような昔のジャッキーチェンの映画だったよ。くぐって崩れて、ここでこっちに私は場面がとてもリアルだ。それとともに、決して重くなく楽しいアクション映画のリズムがある。そのコンセプトを合わせて持って行った。

-ラストのNGシーンのグループモードがあるのもジャッキーチェンの映画を連想させる。

= true <クイック>は感動がある映画ではない。面白くなって、新たな観光スポットだけでなく、感動が加えられなければ300万人を越すことができるという判断だった。(笑)ジャッキーチェンの映画を見ると、楽しい中でエンディングのNG場面で、厳かな感動を与える。だから私たちも、メイキングシーンを熱心に撮ったが、あとで書き込みを見るとメイキングを撮る友人が自分の体をとても大切に節約した残り、遠くからズームで引っ張って撮影した場面が多かったよ。(笑)誰が怪我をしてその後急に近付いて表情を込めて出してしなければならないがそのような場面がなくて換装いたしますよ。まぁNG場面で病院に入院された方はバク・ビョンリョル武術チームのリーダーです。キムイングォン帯域をする中で、バイクの屋上にジャンプもしてドギケム運転も直接した。ソン・ビョンチョルチーム長も、イ・ミンギ帯をしながら小指を折るなど、大小の負傷を負った。その二人の貢献度がものすごいした。

-そのように危険な場面が多いから安全のための準備が完全であるほかはなかっただろう。

=監督としての肉体の傷を負うことはありませんが心の傷は大きい。(笑)私のできることは祈るしかなかった。そのための安全装置は徹底的にした。観客がアクションシーンを見て危険だと感じるときは、実際に危険に撮っている状況だ。素敵なスタントシーンは、最終的に最も危険な場面だ。監督の立場では、安全性を最大限維持しながら、そのような場面を盛り出すがほしいと思い、スタントマンも傷つくのを覚悟してでもやり遂げることを願った。いくらコンピュータグラフィックで枚だけなるとしても、最終的に衝突は衝突し、倒れた時は、倒れて爆発させるのは爆発させなければならない。ギリギリですがまた、安全に、そのように全く似合わない二つの単語の調和が重要だった。考えてみれば私としてはアクションとコメディの調和というのも似たような問題だった。例えば、キム・イングォンの個人技が目立っているという気がすれば、それを少し押して、調和するように、演出者としてユンジェギュン兄との会話にも調和するように、"クイック"を作りながら最も多くドゥェヌェイン言葉がまさに調和だった。

-そのように変数が多く、調和を重視する必要のある現場での演出コンセプトや原則は何だったのか。

=短編を作る時もそうだったが、映画を徹底的に"遊び"の概念で把握する。俳優への要求もよくでている。"認めて同情もらおう"というのが私の人生のモットーである。(笑)私は、コメディができないことを認識し、それを実行するには欲を出さずではなく、コメディ上手な人を探さなければならない。それが"クイック"を作る私に与えられた"ミッション"だった。ユン・ジェギュン兄が監督としての先輩でコメディが上手だから頼るのだ。さらに、演出者としてソンベラ変数がすることもなく発生するこのような映画に大きな力になった。私が最初に連絡して現場にちょっと頻繁に出て違ってとお願いした。同様に、アクションに関しては、ナ武術監督に多くの借金なり。"堤防伝説"以来5年が過ぎたので、あまりにも環境が変わって、CGがどのように入るのかももうわからない。今の私の主観的な認識を込めた芸術映画をするのがないからそのようにすべての力を借りて映画を作った。

-製作者ユン・ジェギュンに要求して貫徹させたものがあるのか。

=次の3つであった。まず、大規模な事故の可能性が高いのが、明洞なので、無条件にセットに行こうとし、主要な場面をそのように撮った。第二に、主人公3人が、軽量だから反対側の犯罪ラインは、有名な俳優に行こうと言った。感動がない映画に人物たちが軽すぎるドラマが力を受けることができないという考えだった。三番目はキム・イングォンが率いるファヤンリレーダースチーム友達を全てスタントマンとしてチェオジャということであった。演出部が既にバイクをちょっと乗る端役俳優たちも渉外したが徹底的に安全のための防衛感覚を持つ人々で満たさなければならないという考えだった。もちろん、そんなときのアクションの強さも違う。そのような大型の3つの要件をいずれも聞き入れた。さらに、先日の記者試写会が終わって、サウンドの作業を再度したが、それが追加で2千万ウォン程度がかかることだった。実はそれが大勢には、星の支障も ​​なく、一般の観客は知覚できない部分だ。それでも監督としては完成度の欲のために要求をしたものだが、それも入ってくれた。実際、制作費も少しオーバーしたのが事実なのに、また信じてくれたのだ。それはどうしても制作者が監督だからこそできることだろう。製作費超過はもちろん、2千万ウォンの調達まで、あまりにも交渉の鬼才と呼ばれる気がして前には、一度、その説得の秘訣が何なのか聞いたことある。するとただちに兄が"何を説得するのか、卑屈にも合わせて祈るんだ"と言っていたよ。(笑)前にも、特殊効果の処理のために増額をしなければならない瞬間があったが、その度に"わかったよ、私が借りてみるよ"といえども皆聞いてくれた。横で電話しているん見ていると、本当に従属的である。そのように自分は卑屈にも、監督がプライドを立てることができます。

-撮影条件により、変更された設定やロケーションがあるのか。

=仁川月尾島のモノレールの場面である。バイクがモノレールの上を疾走する場面なのに、最終的にいくつかの理由で撤去が決定されながら撮影することができなかった。列車なら、何か撮っておいてCGを使っていくつかの変形をするとされるが、それはソースがひとつしかないことと、実際に撮影しなければならないとした。いわば私たちの事情で撮影ができなかったのがないからそのような問題だけがなければ、無理なく撮影したことで残念だ。

-このような追撃戦の映画で、かつてない人質に1泊2日の休息時間を与え悪党が登場する。(笑)

=あまりにも違ってばかりしてはならないと考えた。乙旺里(ウルァンリ)でチョゲグイも食べて多少幼稚だが回想場面も出てきて隠れていた愛もまた芽生えながら情操的に息を継ぐことができる隙間を与えたかった。当初のシナリオにはなかった場面だった。どうせ楽しく行く映画だからどうせなら平和な海が背景だったらと思ったし、チョゲグイに酒を一杯飲むならば惜しい声もして戦ったり哀訴もしながら人間的なねばっこさを与えたかった。で良く見ると、"真相"が、アロムがが一度チュンシムがで帰るのも良いと考えていた。疾走だけするように見える<クィック>でそのような余裕や余白もちょっと感じてくれれば良い。実際に私も浜に住んでいると思って1年半前に鏡浦海水浴場の近くに移された。周辺にコーヒーの上手な家々が増えてもいい。(笑)

-普段の商業映画のモデルと考えている映画があるのか。

=ピクサーアニメーションをとても好む。童話的で商業的でデチョル学といってもなるほど人生に対する深い認識がある。完成度はもちろんのこと。私が作りたい大衆映画のモデルが、ピクサー作品だ。ところが、そんなすごい映画が他の国々に比べれば、韓国でそのようにうまくいくわけではないよ。個人的に好きな作家の映画は、ロベールブレッソンの"お金"のような映画だ。そんなの後に50歳を超えたとき、私のお金でしよう。(笑)


文:ジュ・ソンチョル 写真:ベク・ジョンホン2011.07.27 Share it
by kazem2 | 2011-07-27 11:27