ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」ボックスオフィス1位!!!

☆Source
スピードアクション"クイック"、ボックスオフィス1位までクールな疾走
e0109292_11134328.jpg

☆分析

(追記:Newsen記事 抜粋)
映画市場の第一次消費者である2〜30代だけでなく、10代はもちろん、4〜50代まで包摂しながら、平日にも観客ドロップ率が少ないスコアを記録している。中高生等の団体観覧の行列、全年 ​​齢層代の選んだ観客の分布など、以前のヒット作の公式に似ている"クイック"は、封切り2週目を迎え、比較的高い満足度と口コミに支えられ、急な上昇傾向を続けている。
ホン・ジョンウォン記者man @ 情報提供および報道資料newsen@newsen.com Copyright



'高地戦"、"ハリーポッター"と熾烈な三つ巴戦
[ノーカットニュース=ヨ・ウンファ チム・ソヨン記者]

韓国型スピードアクションがやっと仕事をした。バイクに乗って爽やかに疾走するスピードアクションブロックバスター"クイック"は、そうそうたるライバルを退けて1位になった。'高地戦"、"ハリーポッターと死の秘宝2"とのシェア格差はわずか0.2%〜0.6%にすぎず、映画館通りの激しい三つ巴戦が続く見通しである。27日映画館入場券統合ネットワークによると、"クイック"は26日、479上映館で8万1585人(累積観客数80万3176人)を集めて一日ボックスオフィス1位を占めた。封切り以後、ずっと3位だった"クイック"は、口コミでより多くの観客を集めている。特に、薄氷の勝負を繰り広げている上位3本の映画の中で最も少ない上映館で得られた結果だとより一層目を引く。"高地戦"がその後を追っている。"高地戦"は552個上映館で8万917人の観客を集めて2位を占めた。1位の"クイック"との差はわずか660人余りの差。累積観客数は99万6212人で、実際、韓国戦争の休戦協定日の27日に100万人突破が確実だ。順位では2位に押されたが、100万の表示は、"クイック"よりも先に踏むことになった。すごい勢いを見せてくれた"ハリーポッターと死の秘宝2"は515個上映館で7万8910人で3位を記録した。もちろん、"クイック"、"高地戦"との差が少ないほど順位の変更はいつでも起こりうる状況にある。一方、4位を占めた"トランスフォーマー3"は372個上映館で2万9485人の観客を動員した。累積観客数は743万4847人で、"トランスフォーマー"前編の記録を超えるのは時間の問題だ。

sykim@nocutnews.co.krノーカットニュース 原文 記事送信2011-07-27 10:03
by kazem2 | 2011-07-27 11:18