ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」"クイック"なのか"高地戦"なのか

☆Source
企業株明暗分ける
e0109292_1671539.jpg


100億の投資、映画公開..実績を分けるようだ




CJE&M、メディアフレックス 第3四半期の映画市場を高くCJ E&M (49,100ウォン900 -1.8%)とメディアフレックス (908円1 -0.1%)が激しい接戦を繰り広げている。
20日封切りした映画"クイック"(CJ E&M)と"高地戦"(メディアフレックス)の興行の結果が第3四半期業績の明暗を分ける見込みだ。両作品とも制作費が100億ウォンに達し、それぞれ制作費の50%以上投資しているメインの投資家の役を演じ、第3四半期の業績に大きな影響を与える。
25日、映画振興委員会によると、"高地戦'は去る24日まで全国721個上映館で81万5344人の観客を集めてボックスオフィス2位を記録した。"クイック"は、同じ期間の累積観客62万7372人で3位に上がった。メディアフレックスの"高地戦"は、スンジェジャクビワマーケティング費を含めて140億ウォンが投入され、二重の70億ウォンを直接投資している。損益分岐点は、観客450万人です。
CJ ​​E&Mの"クイック"は、スンジェジャクビワマーケティング費100億ウォンが投入された。投資比率は明らかにしなかったがCJ E&Mが50億ウォン以上の投資をしたとみられる。損益分岐点は約観客320万人です。両社とも、第3四半期の成績に"生き残り"をかける雰囲気だ。
メディアフレックスは、第1四半期の前年の総売上高の62%を達成したが、第2四半期の"モビディク'が興行に失敗し、ターンアラウンドの機会が必要である。
CJ ​​E&Mの映画事業部門は、第1四半期の営業損失と、グループ内のいたずらっ子世話になった。ゲーム部門があげた利益の映画が忘れるという話も出てきた。第2四半期の"サニー"興行で起死回生しただけに、第3四半期の成績が切実だ。普通の大作は、観客が分かれることを懸念し、他の月に公開している場合が多い。業界では、二つの映画が同じ日に公開された点も、このような雰囲気を反映すると言う。いったん勝機はメディアフレックスがとる雰囲気だ。8月中旬までに特別な競争作がなく、長期興行が可能だという観測も用心深く出ている。"高地戦"は、しっかりしたストーリーと俳優たちの演技が好評を受けてネチズンたちの口コミを中心に映画振興委員会の前売り状況でリードしている。戦争の実状を淡々とうまく描き出したという評価だ。一方、"クイック"は、高い制作費に比べて完成度が低いという評価が悪影響を及ぼす雰囲気だ。両社とも、第3四半期の7鉱区"(CJ E&M)と、"チャンプ"(メディア化)などを追加で公開する予定だが、 、今回の映画の成績に応じて、負担の水準が大きく変わる。純制作費は7鉱区"が100億ウォン、"チャンプ"が60億ウォンだ。専門家たちは韓国映画の成績は、メディアフレックスがアプソルジ知らなくても映画全体の市場影響力は、CJ E&Mが抜くと予想した。"トランスフォーマー3"などのヒット作を配給して全体の収益率を上げたからだ。チェ・チャンソクKTB投資証券研究員は"第3四半期のCJ E&M、映画部門は、3D映画"トランスフォーマー"の興行で第2四半期よりも良い成績が期待される"とし"のゲーム部門の"スペシャルフォース2"、放送の"スーパースターK3"などの勢いがあり、個々の映画が全体の業績に与える影響を少ない方"と分析した。


マネートゥデイ=キム・コンウ記者 入力:2011.07.25 14:42
by kazem2 | 2011-07-25 15:54