ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「クィック」キム・イングォンインタビュー

☆Souce
"ミンギ - イェウォンに比べれば私は"スプーン俳優"
e0109292_22133882.jpg




[OSEN =イヘジン記者]
俳優キム・イングォンが最近水(ギャラ)が上がった。1000万興行神話を掘り起こした"海雲台"(2009年)で、迷惑の塊"オ・ドンチュン"役で観客たちに注目をバタンと撮った後よどみない歩みを続けているからだ。空前絶後のコミックのキャラクターを構築して、忠武路で代替不能な俳優に生まれかわるまで、キム・イングォンには13年という時間が必要だった。100億以上の制作費が投入された韓国のブロックバスター"クイック"で再びスクリーンに復帰した彼が険しかったの演技人生を打ち明けた。"始める時が一番難しかった。"マス"という映画で演技を開始したが、真冬に氷水に入って撮影をしてとても寒くて気絶していた。相手俳優との呼吸が合わず、たくさん得て迎えた。殴られて腫れた顔のため撮影が延期されたこともあって" 誰にでもスタートは厳しい試練が、
1998年にデビューしたキム・イングォンは無名時代が結構長いほうだ。"軍隊行って来ても大変だった。誰も見つけてくれなかった。そうした映画界に寒波まで迫って俳優、スタッフを問わず、すべての真っ最中休まなければならない時があった。そのとき二番目の子供が生まれ、赤ちゃんのお母さんが産後うつ病を経験して私も憂鬱症を経験した。" キム・イングォンの演技人生で最大のターニングポイントは、まさに韓国の興行の歴史に一線を引いた映画"海雲台(ヘウンデ)"だった。"私は子供福があるようだ。二番目の娘が生まれ、"海雲台(ヘウンデ)'という作品をすることができる。"海雲台"以来注目を受 ​​け始めたが、以後、ドラマ"美男(イケメン)ですね"もするようになって、"とっ?とこ!" "マイウェイ"にもキャスティングされた。"海雲台(ヘウンデ)'という作品をしたので、現在"クイック"もできた。" これまで苦 ​​労したことが走馬灯のようにすれ違う行ったキムイングォンはしばらく考えに浸った。"海雲台(ヘウンデ)"で一緒に呼吸を合わせたイ・ミンギ、ガン・イェウォングァ並んで主演にキャスティングされたキム・イングォンは後輩たちにも申し訳ない気持ちが大きいと伝えた。"私は反省しなければならない。ミンギ、イェウォンたちに比べれば私の苦労は本当に何もなかった。高速道路の上で楽しくバイクに乗って走って倒れて転がるシーンなど、危険に見える部分がいくつかの場面が、私はほとんどの帯域を使った。そこで明洞でチャンポンのスープかぶる場面、車輪に頭をぶつけるシーンのように私にできる部分では、最善をつくそうと努力した。だから私は自分で "スプーン俳優"だと思う。準備のできた食卓にスプーンを置く事だけなので" 苦労した後輩たちを自分より高く評価して、大変な時間を一緒にしたスタッフの先に取りまとめる心遣いのキム・イングォンの"スプーン俳優"という自評は、適度な美徳に映った。キム・イングォンは"海雲台(ヘウンデ)"に続き、"クイック"まで、忘れずに自身を探したユン・ジェギュン監督に感謝も忘れなかった。"海雲台(ヘウンデ)に出 ​​演した新人俳優たちが100億ウォンも投入されたブロックバスターの主人公に立てられたということだけでも感謝して満足している。"クイック"の演出を引き受けジョ・ボムグ監督についても、シナリオを300%以上によく表現して、内申のようだ。"スピードアクションブロックバスター"と書かれたシナリオを初めて受けた時、果たしてどんな作品なのか考えたくさんしましたが、このように素敵に出てくるとは思わなかった。すべての観客たちがシナリオを先に見て映画を見るならば、その充足感がより大きいようだ。" キム・イングォンは"クイック"に対する特別な自信を見せて今回の作品のジェットコースターにたとえた。一度乗れば、また乗りたいジェットコースターのように一度見れば2回、3回観たい映画とのこと。"作家主義映画と比較する作品ではない。ハリウッドブロックバスターと比較してはならない。韓国にもこういう映画があるということ自体を見てもらいたい。観客の方々が私たちの映画を見て楽しんでいって欲しい。お金がなくてまた会いたいが見られないと?連絡だけしなさい。口座に映画のチケットの値を振りこみます。存分にお楽しんでください" 去る2009年の津波を素材にした映画"海雲台(ヘウンデ)"に続き、現在のキム・イングォンは、火災を描いたパニック映画"タワー"の撮影の真っ最中だ。以来、主演に入る次回作も決定した状態だ。"苦労していた時代には耐えることがなく、大変だったが、年月が経った今振り返ってみると、その時の苦労が滋養分になったようだ。これからもどんなのが与えられても負けないでみんな熱心にしたい。その映画が観客に感動を与え、また私は、その役割を果たしながら、より大きな相乗効果を起こすことがある場合は端役でも助演でも関係ない。俳優というよりは創作者としての監督、スタッフらとチームワークを発揮して良い作品を作ってみたい" 良い作品をたくさんした俳優として記憶されたいがキム・イングォン。俳優としての全盛期を引き受けた彼は、新人よりも低い姿勢で未来を描いていた。彼の次の歩みがより一層期待される理由だ。キム・イングォン、イ・ミンギ、カン・イェウォン主演の"クイック"は去る20日封切り、人気の下に上映中だ。

tripleJ@osen.co.kr <写真>パクジュンヒョン記者soul1014@osen.co 。kr
2011.07.23 10:49
by kazem2 | 2011-07-23 22:37