ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

CINE21映画「クィック」 カン・イェウォンインタビュー

☆Source
[カン・イェウォン]コミック遺伝子を搭載、発射
e0109292_20123545.jpg




"以前は、"私はどのように出てきました。私の演技はどうでしたか"と尋ねたところ、"クイック"につきましては、そのような質問に一度もしていない。代わりに、"私たちの作品、"どのようにブワトニャゴ尋ねることになる。こういう新しい挑戦に、それだけ違う見解で見るように願う気持ちだけだ。"デビュー​​して10年が経った俳優。最近の2年の間<海雲台(ヘウンデ)><ハーモニー> <ハローゴースト>など、いわゆるヒット作をバランスよく渉猟して、安定したフィルモグラフィーを続けているにもかかわらず、カン・イェウォンはまだ喉が渇いて心配していた。"海雲台"に続き、またしても挑戦したブロックバスター<クイック>の封切りを控えている彼女は今、かつてないほどときめく。
生まれて初めて胸が痛む愛を経験している猟奇溌剌サムスセン("海雲台")、義父が偶発的に殺害して刑務所に入ってきた音大生(<ハーモニー>)、毎日死んでいく人々に囲まれて、"生きていく法"をどんどん忘れている冷静なホスピス("ハローゴースト")。カン・イェウォン新作<クイック>では前代未聞の事件に巻き込まれるアイドル歌手アロム(本名はジ・チュンシム)で登場する。
釜山の女子高生時代、チュンシムはバイク狂であり、最高の男 ハンギス(イ・ミンギ)を愛した。しかし、何らかの理由で彼と別れた後、心を鬼と決め、彼女はついにガールグループ"OKガールズ"のメンバーで成功を収める。そうするうちに生放送時間に追われバイク便と呼ばれる、BMWバイクを運転するクウィクサービスマンライダーと再会することになる。今はチュンシムではないアロムは、ソウル市内のあちこちに爆弾配信を通うようになったライダーと10m以上離れてはならない条件の下での悪夢の1泊2日を過ごすことになる。

忘れる頃にモリモリ飛び出る爆弾は、時速300kmに達する速度を耐えなければならない悲惨な状況で、アロムは大声を出して泣いてがき打つ。さて珍しくも、アロムは真相震えるキャラクターではない。一般的にこのようなアクション ブロックバスターでは男主人公が単独ヒーローで、彼にぶらさがる女主人公は足手まといな荷物やぎっしりといっぱい詰まっているアクションの間でしばらく休む隙間をあたえるセクシーダイナマイト程度の役割に終わる時が多い。アロムは、そのどちらでもない。爆弾から離れるたくてもがき苦しみながらも、どんどん蘇るハン・キスに向けた恋心のためにどうすることも出来ないチュンシムは熱血明朗漫画で只今飛び出したかのようなほのぼのキャラクターだ。彼女は、映画を通じて果敢に笑いを担当し、後半部には、かなり切なくなったロマンスまで抱え込むいる。

""クイック"シナリオを初めて見た時、どうやって撮るんだろうと思った。字では"爆弾がビッグバン、プアアクぽんと鳴らす。ああああああっお兄ちゃんああああああああして走る"このようになっているのに...。(笑)キャラが激しく可愛くて漫画的にふっくらトィドラ。これをどのように演技していない?ミンギさんと会っては髪くくって心配していた。結局私たちが笑っては絶対にだめだと結論した。いくら手足が縮んで​​も、それを忘れたまま、真剣に演技して観客が笑うことができると思います。"ジョ・ボムグ監督はトムクルーズとキャメロンディアス主演の<ナイト&デイ>の"ライトな感性がちょっと似ているようだ"と推薦した。同時に、"アロムこれは空前絶後のキャラクターかはイェウォンさんアロムになって遊ばなければならない"とも述べた。

カン・イェウォン補充撮​​影まで合わせて8ヶ月という長い撮影期間中チュンシムになるために自分自身を拡大した。現場に到着するとオヘヘヘ笑いながら誰にでも"お姉さんが、このこの"、"お兄ちゃんああああああ"とチュンシムこのように大げさに挨拶した。これにより、スタッフも"チュンシムああああああああ"とうなずく返事をし助けてくれた。"個人的にすごく楽しかった。チュンシムが明るく気持ちの良い状態を24時間体制で維持してもジチジルいない。私はチュンシムをとても愛している。"実際には物静かな低音に近い本人の声を三二倍程度引き上げたハイトーンをずっと維持しなければならない状況が、特に声楽を専攻した彼女には簡単ではなかったようだがカン・イェウォンは自らを"アップ"させることが楽しかったとした。

チュンシム化されるまでは大丈夫だった。問題は、コメディ演技のディテールだった。もちろん、警察キム・イングォンとコ・チャンソクコンビが、ライダーの状況を最も困難にするチュンシムの笑いのコードは、映画上非常に重要だった。カン・イェウォンはどのように見ても、<ハーモニー><ハローゴースト>の重い感情演技よりも、"クイック"のコメディー演技がもっと大変だったようだと告白した。<海雲台(ヘウンデ)>から、呼吸を合わせたソル・キョング、キム・イングォン、コチャンソクなど、先輩の俳優たちは一様に"喜劇演技を上手にできれば、他のすべてをよくすることができる"と彼女に忠告した。"先輩たちが最初に面白い人だとコメディ演技が上手なのではない。みんな真剣な方だが、その中で観客を快適に笑わせることができるということは本当に偉い。先輩たちの助けがなければ、チュンシムにもなかったんだ。"

e0109292_20371210.jpg

ヘルメット使って12時間踊ったのは日常茶飯事
1994年以来初めての猛暑だと誰もが舌を巻いた2010年の真夏の8月から、"今年の夏に次ぐ厳しい冬"と、再び舌を巻いた12月までに"クイック"の撮影を進行した。10cmの高さのヒールを履いて風一筋で通じる"レザー"の衣装を着たまま走ってグルロヤした。もちろん、重いヘルメットをずっとかぶったまま。"クイック"のマスコミ試写会が終わった後、人口に膾炙された"ヘルメットシャワーシーン"で流した涙は本物だった。"実は全身の露出になるとは思わなかった。無駄のないほど出てくると思ったが、撮影当日"チュンシムの悲しみを表現するためには後ろ姿がみな出てこなければならない"という話を聞いた。どうするのか、とらなくちゃ。ヘルメットをかぶったまま、シャワーの水を振ってそこに立っているがなんというか、ちょっと悔しかった。その涙がちょうどこんこんと出てきた。それチュンシムこのような状況ととてもよく合致したんだ。(笑)売れている歌手がこのような話にもならない状況にチョハニカその現実を受け入れることができず、一日中おさえているがシャワーしながら、"私の運命だ"と泣いてしまったのだ。ところが、試写会の時、その場面が出てくる瞬間皆笑いを爆発させるのを見て監督様お言葉が正しかったということを知った。さらには私も笑ってしまった。(笑)"

思い出は多い。2ヶ月の間(ヘルメットなしで)熱心にダンスを練習したが("私が見ても本物の歌手たちに負けないのに"と満足にしてから)実際にカメラの前でヘルメットを被っている時点どのようにしても皆が笑ってしまうしかないということを悟っては"ただ最大限熱心に、海取り除く"12時間の間カメラの前でダンスを踊った。ヒールが折れるのを取って、歯を食いしばって3時間でハイヒールをはいたまま砂浜を飛び回った。"爆弾ジェジュンさんが送った爆弾が連鎖的にぽんと鳴る場面で実際に足に力が抜けて座り込んでしまったのも今となっては笑いながら話すことができる思い出です。"あのシーンよく見ると、両足が同時にこけた。倒れる演技をしたのではなく、実際に足に力がぬけて座り込んでしまったのだ。ミンギさんが素早く引き上げてくれなかったらたいへんなことになっていた状況だった。それでもその倒れるシーンがリアルに出てきて、一度でオッケーになった。"

多分"海雲台"のヒョンシク(イ・ミンギ)、ヒミ(カン・イェウォン)、ドンチュン(キム・イングォン)が数年後、ソウルに来たなら、この姿だったのだろうか。<クイック>のハン・キス(イミンギ)、アロム(カン・イェウォン)、ミョンシク(キム・イングォン)から、そのような似た形の検索の誘惑に勝つことは容易ではない。実際にカン・イェウォン本人は真顔をしながら、"別の人物に見てくれれば良い"とした。"劇中でイングウォンお兄さんは、無理になまりをなくして話す方、ミンギさんは、ソウル上がってきて4年の釜山(プサン)なまり口調の設定です。横でそのような細かい設定をする努力までも見ていたので、""海雲台"以後"と見る視線については"ない"と言いたい""クイック"自体の一挙手一投足に注釈をつけて解明し、弁護しようとする切実な態度は、インタビューずっと続いた。"仕事終わったらバイバイしながら各自の道にちりぢりに分散よりも、働きながら仕事みたいではないこのような温かさがとても良い"とし、韓国映画"初"の試みが特に多かった"クイック"のすべての俳優とスタッフに感謝を表した彼女は"この心が変わらなければならない。考えてみれば、私は苦労をたくさんして変化する理由はない。変われば自分で恥ずかしいことだ"と引き締めた。<1番街の奇跡><海雲台(ヘウンデ)><ハーモニー><クイック>に至るまで、"JKフィルムが愛する俳優"と呼ばれても全くおかしくないのに、本人はそんな話を聞いてもあまり実感できない様子だ。"ハ・ジウォンお姉ちゃんと同じ所属事務所なのに、代表様がいつもそうおられる。サポートのお姉さんを見ながら熱心に学ぶと、本当によくしてはならない生き残ることができると。その心を失わないようにする。もっと慎重に作品を選択して、努力した姿が、毎回観客によく見せて良いし、長い間の信頼を与えてロングランすることができる俳優になりたい。"

文:ギムヨンオン 写真:ベクジョンホン 2011.07.21 Share it
by kazem2 | 2011-07-23 20:13