ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」ユン・ジェギュン監督インタビューⅡ

☆Source
ユン・ジェギュン監督"三流な感じ、私と?大衆と目の高さのような庶民情緒だ"
e0109292_12304964.jpg




e0109292_12311249.jpg

ユン・ジェギュン監督は"八歳の長男が映画監督になりたいとする。
有名な監督である父のお陰でこの子は"二枚"(二流)で育ったので私のように一般庶民の心を分からないだろう"と話した。金鋳城記者poem@hk.co.kr
e0109292_12313729.jpg

ユン・ジェギュン監督のオフィスを飾っている様々な映画賞のトロフィーたち。
ユン監督は"トロフィーの一部"と述べた。金鋳城記者

多国間の立体インタビューを標榜した100℃のインタビュー"の最初のお客さんユン・ジェギュン監督が群れをなしてオフィスを訪れた韓国日報文化部の記者たちと向かい合って​​座った。ユン監督は、記者4人が休みなしに浴びせる質問に、認めるべきことは認めて釈明するのは積極的に解明しながら、率直に答えた。金鋳城記者


"お金が渇いた"という声が忠武路を満たしている。"不況のトンネルの終わりが見えない"という嘆きもよく聞こえる。それでも今年の夏に製作費100億ウォンの映画を2週間隔で封切りする映画会社がある。"クイック"(上映中)と、7鉱区"(8月4日公開)の​​製作会社JKフィルムは不況を知らない。コメディー"ダンシングクイーン"と諜報物"ミスターK"、韓米合作ファンタジー大作"テンプルステイ"などが続々と制作進行中だ。興行成績も良い。1番街の奇跡"と"海雲台(ヘウンデ)'、'私のチンピラのような恋人"、"ハーモニー"などで大衆の心を動かした。


走る列車の会社のロゴにしたJKフィルムのエネルギー源は、"海雲台"のユン・ジェギュン(42)監督。"クイック"と7鉱区"の封切りを控えて、"眠れない"は、彼を19日、ソウル論硯洞の映画会社事務室で会った。韓国日報文化部の記者4人が発せられる熱い質問に彼は、粗悪な慶尚道なまりで受けて渡した。



- 眠れないとは、今は興行に対してどの程度実感があるのではないか。


"率直に言えば、商業的には自信がある。観客たち、大衆の性向は分かるんだが、政治においてそのように世論が進んだといっても、常に選挙で勝つことはないじゃないか。どんな映画が滅びるかも知っているのに、"クイック"や、'7鉱区'は滅びはしないだろうけどどの程度よくなるかは分からない。"


- これまでに映画作りながら、これは滅びたなという思いがしたことがあったか。


"つぶれないために、自己検閲をたくさんする方だ。今、多くの映画が製作に入ることがあり、そのようにしていない。私は性格がおおらかなことができなくて、100%、120%確信がなければ絶対に撮影に入らない。"


- それでも失敗したのではないか。


""浪漫刺客"(笑)話の取り出しも嫌いだ、本当に。'二士夫一体'と'色即是空'でよくていっては一発だけ...私は無条件に(観客が)500万人以上を越えることができた。センセーション起こして最高の興行作と確信したが、今考えて見ればそれだけだった。(映画のポスターを指して)"私は死んでいる"というコピーどおり、私は死んでいたこの映画の後3年間は何もできなかった。"


- それでも他の人が見ると、うらやましいほどの映画製作を簡単に多くする。


"そのような視線が私は空しい、投資をするという方が多いが、私自身納得していない場合は絶対にのらない。作品一つ入ると、企画雨が降って経常費などの名目で2億〜3億ウォン程度が私たちに落ちる。1年に2、 3編製作と興行と関係なく、映画会社は何の問題もなく回っていく。しかし、私に重要なことは、目の前に置かれた金よりも信頼感だ。私を信じて投資した人は、何とかお金をもうけることを好む。"


- 最終的に最も重要なことは、興行ということか。


"子供を産む前には、興行が本当に重要だったが、パパになった後は、子に見せても恥ずかしくない作品を作るのが一番重要な価値になった。お金を稼ぐのが重要だが、その中に込められた価値も重要だ。"


ハ・ジウォンㆍカン・イェウォンなぜずっとキャスティングかと?

信頼でき、人間性が良いからではないでしょうか


映画でもKポップ熱風が可能...

5000億ウォンの韓国市場で競争することを嫌う

アメリカハリウッド製作"テンプルステイ"は新人の姿勢にならないよう


- 自分の映画の中で子供たちがでてみたら良いのがあるのか​​。


"私は商業映画の監督で、父親として、子供には全く恥ずかしくない。能力自体がパク・チャヌクやボン・ジュンノ ホン・サンス、キム・ギドク監督とは違う部類の人だといえそうだ。"


- あとで子供がポン・ジュノ監督映画好きなら虚しくはないか。


""私が育てるから、(そんなにならないように)私が注入をさせなくちゃ。(笑い)""


- 映画に対する価値観が変わってから作った映画では。


""浪漫刺客"を公開するとすぐに子どもが生まれた。そして、作った映画が1番街の奇跡"である。本来は、"キラーユンデリ"を作ろうとした。サラリーマンを経て私の自伝的な話だ。クレジットカード回し防ぎ、社債津田仕方なく、私債業者からの請負殺人任務を受けるの会社員のユン代理の話だ。'1番街の奇跡"とこれを置いて悩んで商業的に自分にない1番街の奇跡"を選んだ人間らしくて価値のある映画をするためであった。'1番街の奇跡"をしたため、"海雲台(ヘウンデ)"も作ることができる。"


- 私はカンヌで賞を受けられないと思う考えはないか。


"歌手サイがこういう話をした。"人が成功するには、最も重要な最初のが主題の把握"と。私は自分のテーマを把握している。私が映画祭に興味を持って目標を設定した瞬間、それは私の主題を正しく把握することマイテーマと能力は、商業映画をよく作るのだ。大衆が拍手して幸せそうな姿が私の幸せです。言論と評論が言うよく作った映画は、私は正直なところよく分からない。明らかなことは非難されることは嫌いだという点だ。"


- 最も心に秘愁になった悪口は何か。


""海雲台"の前にはすごく悪口を言われた。ネチズンたちが直接的にののしった中で"韓国映画のために映画界を去れ"という言葉が一番心が痛かった。言及したくない"浪漫刺客"とその話を聞いた。このような内容の記事出てくれば("浪漫刺客"主演)キム・ミンジョンが電話する。"監督、どのように撮った映画なのに..."といいながら。私もその作品に愛情が多い。撮影中のセットが崩れて死ぬところだったし、後半作業している途中気絶した。"


- ユン監督の映画には"サムマイ"(三流)感情があると見られるのに。


"個人的に三流という言葉を好きではない。私は三流ではない。いっそ庶民情緒からだと言いたい。庶民には高級なことも衒学的でもない。多くの大衆が庶民だ。私もやはり庶民出身だ。高校まで釜山で出てきた田舎者です。ソウルに大学進学して底まで経験してみた(彼は大学時代、父が亡くなってからは友達の家に滞在するなど、困難に生活している)そのように40年以上生きてきた。映画でも監督と同じように行く。私の感情は粗くて洗練されていないのだ。それが三流ではない。私が見たときに面白ければ大衆も面白くて。私の目の高さが大衆の目の高さだ。私は江南(カンナム)、清潭洞こんなところで人生を生きていない素敵な一流の人生を扱ったシナリオを書くと私の手足からが縮む"。


ユン監督は、大企業の広告企画会社に勤めていた、"IMF救済金融の余波で一ヶ月間の無給休職をするときに小部屋で書いておいたシナリオ"新婚旅行""で、1999年には映画会社のシナリオ公募展大賞を受けて映画界に足を踏み入れた。当時のサラリーマンは、賞金3,000万ウォンのシナリオ賞を受賞したのがマスコミで大きく取り上げられることもした。ユン監督は"結婚する前、妻こっそりと借りを返すために、受付の最終日にやっと応募し、当選した。賞金300万ウォンが3,000万ウォンで間違って報道されたことをつい最近まで妻を騙してきた"と話した。彼は"当時、約700本のシナリオと競争した"とも振り返った。


- 学生時代、映画とは無関係というのに。


"典型的な慶尚道の人だった。中学校の時、全校1位の成績だったし、高校の時は全校5位までしている。周囲でも、ソウル大学いくとした。私の夢も、ソウル大学法学部に入って判検事になるのだった。最終的に3年浪人して高麗大経済学科に入った、その当時、釜山(プサン)で、将来の夢は映画監督といえば、大統領になるという言葉と同じだった。偶然に映画界に入門したが、人生は塞翁の馬という言葉が私にまともに適用される。"


- 最初に書いたシナリオで賞を受けたのだから才能があるのではないか。


"私が映画を見るのは大好きだった。一場面が1分程度で、2時間の映画は、120のシーンであればいけないと思っていた学校で習った"発端と展開の危機のクライマックス結末"に分けてみると計算がぴったり出てきたよ、私が香港に団体新婚旅行に行ったのですが、不倫カップル、大学生のカップルなどが参加した。そこでモチーフを得た。公募展の応募時は、賞金3,000万ウォンだけ目に入った。この前読み返してみるとあまりにも粗末だったよ。殺人事件とエッチな場面が出てくる設定を映画会社が高く評価したようだ。"


- その時当選していなければ、今何をしているか。


"私の性格上、ある大企業の部長くらいしてあるので、人生は塞翁が馬だ。IMFがなければ、私のお金が多かったとすればどうなっただろうか?その時は自分があまりにも悲惨だった。"


- それでも、金を儲けたのはいくつかされていない。訳もなく当選して苦労するという考えをしてみなかったか。


"'二士夫一体'で製作会社は30億〜40億ウォンを稼いだというのに、肝心の私は、2,000万ウォンしか受けられなかった。今でも(その人に会えば)"あなたたちのようだった"と話す。興行ボーナスとして10ドルのペニーでくれたが、それでも"色即是空"と"浪漫刺客"を、その映画会社に撮影した。サラリーマンだった私を監督にしてくれたから。だから馬鹿という言葉も聞いたことがあるが、義理のためだった。また、私は田舎者だ。"海雲台"の前には収入も不規則で家も担保逮捕された。"


- 相次いでスケールの大きな映画をする理由は何か。


"私は映画を作る時に私が見てみたいものを作る。それが第一の基準である。私は新しくしながらも、技術が結合した規模のある映画を見てみたい。"スピード"や"タクシー"、"エイリアン"のような映画が見たいのにそのような映画に入るの技術は、最終的にすべてのお金である。ストーリーは、我々は既に世界最高水準だ。海外に輸出するためには技術的にも多く優れていなければならない。"海雲台"は、69カ国に輸出され、フランスではDVDで出て初週1位に上がった。" 7鉱区"は、46カ国で、"クイック"は、10カ国で既に販売された。"


- お金はどのくらい儲けたか。


"お金?"海雲台"でたくさん得た。私がもし監督だけしたら、お金をたくさん儲けたのだ。韓国で製作会社は、たくさんのお金をもうけるのは難しい。1年の運用肥満6億〜7億ウォン程度だ。興行作がなければ、 1年に4億ウォンの赤字だ。私は"海雲台(ヘウンデ)"ですべての負債を清算したが、今はゼロベースだので7鉱区"がよくならなければならないのにね(笑)"


- その後、製作会社をなぜか?借金だけれるが。


"それなりに夢がある。それだけで映画が良い。麻薬のようだ。映画がうまくいくときに、その快感...。"


ユン監督の映画には、ハ・ジウォンとカン・イェウォンが常連として出演する。"恋人である"とは、悪意のある噂も回るが、彼は、"サポートは一応演技が上手で人間性がとても良い(ように)しない理由がないのではないか"と反問した。自分は商業映画を志向するというが、青年失業問題を扱った、低予算映画"私のチンピラのような恋人"で評壇の好評を受け、芸術映画の性向が濃いイ・ミョンセ('事情考慮見ることができない""刑事")監督の"Mr。 K"の制作にも乗り出している。


- 具体的にハ・ジウォンのどんな点が良いのか。


"人間の基本的な信頼がある。"浪漫刺客"の興行に失敗し、'1番街の奇跡'は、多くの女優たちが出演依頼を断ったのですが、サポートは、当時ドラマ"茶母"で人気絶頂だったがシナリオも見ないで出演承諾をした。そのような俳優がどこにあるのか。はじくどころか、"監督さん頑張ってね"と言いながら上だからで好きなのか。"


- ハ・ジウォンのがめついイメージがユン監督の映画によく迎え、そういうことか。


"清潭洞のスタイルの監督を満たしている必要が...逆に田舎者、庶民の監督が会ったので、イメージがそうなったのだ。すまない。"


- ガン・イェウォンド続々とキャスティングされる理由があるか。


"イェウォンにも義理いて人間的である。初主演作("魔法の城")で気苦労をたくさんして、初めて見た時、顔に陰がひどくあったよ。映画版の人はみんな悪い不信感もあって。私はここに良い人もいるという事実を見せてあげたかった。イェウォンは​​情熱もあって優しくて演技も上手だ。私が死ねと言えば、死んだふりもするほどだ。そんな女優さんと一緒に行かない理由があるのか​​。"


- 女優とのスキャンダルが出るそうだが。


"新人の場合は分からないがすでに浮いた子たち、どんなスキャンダルなのか。家族という感じだ。"礼儀知らず"な俳優さんは本当に多いが、そのような俳優も嫌いだ。マスコミもそのような俳優は育ててはならない。その後マスコミが検知され(笑)それでも俳優キャスティングの最初の基準は演技だ。優しくて演技できない俳優よりも当たり前になってなくても演技の上手い俳優が、よりよい2番目の基準は、人間性格だ。"


- 後から下降になることもある。


"今は私が一番売れている時期のようだ。いつかまた失敗を味わうことでしょう。でももう怖いものはない。ただし、落ちる時は少し落ち、上がる時はもっと上がって全体的に上昇カーブを描いてみたい。確かに、いつでも危機はまた、探して来る。"


- '色即是空'のような映画を見たがるファンがまだある。


"今だからそんな話をしない。'二士夫一体'を作成古書マスコミからジクサゲ悪口を得たのですが、"色即是空"は最も多くは、言葉が"二士夫一体'が懐かしいということだった。"浪漫刺客"の時​​はこれが果たして"色即是空"作った監督の作品が合うか、という話を聞いた。経過も古いものが懐かしいとそのようにする。実際にそのような映画作ればまたジクサゲ悪口を言うこと。"


- イ・ミョンセ監督との作業は、一種のコンプレックスが作用したのではないか。


"私はこの監督のファンである。先輩としての映画を続けて出力したい方が映画界になければならない。私はその後、先輩の処置を受けるには、私が最初に扱わなければならない。私はコメディが上手なのに私と他の監督との相乗効果がありそうだ。製作者と監督ではなく、ファンと監督としてのシナリオのよう​​に書く。"


- 映画界のパワーマンだと言えるが。


"私は、いもだからか、実感がよくできない。パワーマンこんな言葉もなぜ出てくるのか分からない。私は、熱心に映画作ったことしかない。力もない。監督として、"高"がないことで有名な人がまさに私だ。私は心が複雑な場合、初心に戻ると再確認する。私は人よく会って酒の席にもよく行く、その時に家で書いている。1年のシナリオ3,4個ずつ書く。お酒の席を選んでいくことを開始すると変わってしまったという話を聞くからだ。"


- "テンプルステイ"は、庶民情緒からしかアクセスできない国際的なプロジェクトだ。


"私は製作費3000万ドルを考えるうえで、米国メーカー(1492ピクチャーズ)は、7,000万〜8,000万ドルと考えている。ユン・ジェギュンシクローカルマインドはたくさん抜くのだ。新人監督の姿勢に、米国の会社が言うように、言うようにしようする。最初から私の色を下にしてはいけない。"


- うまくいけば、ハリウッドの監督になるのか。


"ではない。ハリウッド監督になりたいというより、ガムの市場よりも小さい5000億ウォンの韓国映画市場で戦いたくないはない。競合が多すぎるから。Kポップブームは、映画でも可能です。10年前、三星(サムスン)電子、現代自動車が最高になると誰が思っていた。10年後、映画も(優秀輸出)品目に入ってよかった。5分の1の製作費で、ハリウッドと同じ品質で作成すると、十分に競争力がある。"


- 映画を体系的に勉強していないのに。


"今も絶え間なく勉強して、私が映像に弱く、コンプレックスも多いが、装置と特殊効果に関しては私よりもたくさん知っている監督が存在しない

インターン記者(西江大学政治外交学科4)

2011/07/21 02:35
by kazem2 | 2011-07-21 12:58