ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミンギ映画「クィック」前売り率1位!

☆Source
e0109292_1552319.jpg




[ティブイデイルリ=ジョン・アラムインターン記者]
映画"クイック"が封切りと同時に、前売り率1位になった。スピードアクションブロックバスター"クイック"(監督ジョ・ボムグ、制作㈜JKフィルム)は、イエス24で圧倒的に前売り率1位に上がって激しい興行突風を予告している。特に、"トランスフォーマー3"、"ハリーポッターと死の秘宝2"など、そうそうたるハリウッドブロックバスターを抜いて獲得した結果とより一層意味がある。"クイック"は、マスコミ試写会の後に評価団はもちろん、大韓民国代表スターたち観客たちの心まで捕らえて熱い反応を見せてきた。封切りを控えて行われた有料試写会で、"クイック"を観覧した観客たちは、"クールなス ​​ピードでモリモリ飛び出るギャグまで!暑さが皆逃げた"、"中がぽ ​​っかりと抜けるすっきりした時間"、"暑い夏と本当によく似合う"など、爆発的な反応を見せた。"クイック"は、30分という制限時間内に時限爆弾を配信しなければならない緊迫した状況との絶えず続くもう一つのミッションでダイナミックな楽しさをプレゼントして、最高の娯楽映画として位置付けられている。一方、7月第3週の封切り作の中前売り率1位を達成し、映画館通りの新たな突風を予告した"クイック"は、20日封切りして絶賛上映中だ。
[ティブイデイルリ=ジョンアラムインターン記者news@tvdaily.co.kr /写真提供=
上記のJKフィルム、下YES24]


(追記20:25)
【ソウル=ニューシス】
キム・ジョンファン記者= 20日に公開された100億ウォン台の韓国映画"高地戦'(監督張勳)と"クイック"(監督ジョ・ボムグ)の興行対決で"高地戦"が前売り率でリードしていることがわかった。20日午後5時現在、映振委統合ネットワークの前売り状況によると、"高地戦"が"クイック"を2倍以上リードして明らかになった。"高地戦"は21.5%で、ハリウッドのブロックバスター映画"ハリーポッターと死の秘宝2"(39.5%)に次いで2位に上がった。"クイック"はハリウッドブロックバスター"トランスフォーマー3"(12%)、ハリウッドのアニメーション映画"カー2"(9・8%)などに差の5位に留まっている。前売りサイトマックスムービーでは"高地戦"が僅差で勝っている。'高地戦"が24.7%で2位、"クイック"が18%で3位だ。"ハリーポッターと死の秘宝2"が28.1%で1位だ。" 映画のチェーンCGVでは、"ハリーポッターと死の秘宝2"が46.5%で圧倒的1位で、2位"トランスフォーマー3"(16.3%)に続いて"高地戦'(12.4%)と"クイック"(8.3%)が3、4位ドルリゴている。前売りサイトイエス24で"クイック"が48.75%で1位、"高地戦"が20%ポイント遅れをとった28.56%で2位にランクされている。すべてのハリウッドの大作を足の下に置いた。"クイック"側は"前売り率では遅れをとっているが、休みを迎えた中高生の場合、現場購買の割合が高いだけに心配していない。生徒が図書を購入するため訪れるイエス24でクウィクの高い人気が、また他の証拠"と言いながら"前売りと現場の販売を含めた実際の評価では、十分に逆転することができる"と自信を見せた。ace@newsis.com
by kazem2 | 2011-07-20 15:55