ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

CINE21 イ・ミンギ「そして青年は育つ」ジュ・ソンチョル記者

☆Source
<クイック>イミンギ
e0109292_2016543.jpg




"無知に速い奴。" "クイック"のイ・ミンギは清淡から上岩まで20分で走破する、業界最高の"スピード"クウィクサービスマンだ。彼が演技する"ライダー"は、かつて学園での活躍は、暴走族だったが、今ではBMWのバイクに乗って品物を配達して生きている。そんな中、暴走族時代の仲良しだった、今では人気アイドル歌手のアロミ(カン・イェウォン)をバイクに乗せて走る謎の脅迫電話を受ける。未知の人物が指示通りに配信を助けなければアロミが被ったヘルメットが爆発するというもの。その基数は、バイクに乗って修羅場になったソウルを絶えず疾走する。明洞とテヘラン路、そしてオリンピック大路など、これまでの韓国映画たちで見るのが難しかった追撃戦が繰り広げられる"クイック"でイ・ミンギは完全に一人で重心をとらなければならない"ワントップ"の主人公だ。相変らず'<海雲台(ヘウンデ)>のヒョンシク"として記憶される彼にそれは容易ではない挑戦だった。いや、もしかしたら自分で突破する必要がある"いつか一度はやってくる"ことだった。そう思うと一層気が楽になった。"狂気"バイクでようやく降りた彼に会った。

-撮影に入る前に、ソル・ギョングから上手くやれという文字を受け取った。

=このような男だてみるとよく連絡しあう関係でもなく、私の性格もそのように気立てが優しいほうではなくてちょっと照れくさい間柄だ。それでも"海雲台"と共演してからは、気楽な兄のように感じられる先輩だ。そうするうちに、ある日、ソル・ギョング兄から突然メールが来た。"<クイック>上手でなければならない。"短いが責任を厳しく感じられる文字だった。(笑)でも、とても嬉しくてありがたくて、"誰よりも私の心がそうです。上手だということです、頑張ってこそだよ..."、このように、40文字いっぱいに詰めて送った。あとで酒の席で、ソル・ギョング兄に会ったが、"本当にミンギの文字で真心が感じられた。上手くやるという信頼がきたよ"と誉められた。わけもなく胸がいっぱいな気持ち?ところが知ってみるとカン・イェウォン姉、キム・イングォン兄らにも団体に送信した文字だっけ。唯一、私だけでは真顔で真剣に答えた、と言っていたよ。(笑)

- "クイック"は、どのように始めることになったのか。ガン・イェウォンやキム・イングォン、すべての"海雲台"で共演した俳優たちだ。

="海雲台"が成功し、""海雲台"の若い血が集まって楽しく映画を一度やってみよう"は、ユン・ジェギュン監督の話が始まりだった。そのように受けるようになったのシナリオがまさに<クイック>だった。非常に娯楽性が濃厚な映画だった。その一方で、脂っこさもなく淡白に疾走する映画だった。韓国初の試みとなる"スピードアクションブロックバスター'だ。(笑)

e0109292_2229886.jpg

-元々いくつかのバイクに乗ったと聞いた。

=二十歳ちょっと越えて2種小型免許を取った。そうするうちにちょっと楽だった。難易度の高いアクションシーンがない場合は、直接と呼ばれる。もちろん、映画のように暴走族のようなものではなく。(笑)二十歳の頃、ソウルに上京して生活しながら、車を買うお金がなくてバイクに乗って通ったのだった。まぁ、撮影しながら、150kmを超える疾走したりもした。

-けがをしたりしたのではないか。

=毎時危なかった。爆発の疾走、あまりにも危険要素が多い映画だてみると、事前に緻密に安全に気を使った。最初にこのようなアクション映画を撮影すると、靭帯が切れたか、どこに鉄芯を置くとかせめて軽い擦り傷も必要ですが、まったく見せることはない。そのわけもなく熱心に映画の撮影したような気もして本当に。(笑)

-特に、多くの俳優たちがそのようなけがを光栄の傷で、ここでは場合が多い。

=実際の撮影に入ってて、靭帯の程度は私のものではない、と心に決めた。(笑)ところが、"クイック"は、格闘シーンでの和がうまく合わなければ、どこか裂けて折れるレベルではなく、ちょっと一目派の間に死ぬこともできる程度の難易度だった。だから、"これでケガして、撮影が終わってもかまわないのか?" で、光栄の傷を云々するのは贅沢な映画だ。ずっとバイクに乗って疾走して、ここで飛び降りる、下手をすると足首をくじきそうなレベルではないので、ある瞬間に"クイック"は、私の遺作になるかもしれませんね、という思いで臨んだ。(笑)ので、より緊張してキャラクターに没頭していたようだ。そうするうちに自分でやってみたい場面が多かったし、またそのようにした。スタッフができなく乾燥させ、よりこだわりを張れたりわけではおらず、とにかくあまりにも緻密に安全に気を使わなければならない映画だったそうしないと、撮影自体を起動できないほどのアクション映画だったから、初めから準備をして、何の事故はなかった。

-ここにきて"海雲台"のヒョンシクを考えると、気持ちがどうなのか。

=ひとまずとても遠く感じられる。でも、今の私を作ってくれた映画で一番の直前の自分の姿を見せてくれた映画だと愛着が大きい。ヒョンシクが持っていた人間的な魅力を続けて持って行ってみたいという気がして。しかし、当然、""海雲台"のイ・ミンギ"ではなく""クイック"のイ・ミンギ"として記憶されなければならないという負担もある。ところが、実は一番の直前の映画は"10億"である。<10>億>は<海雲台(ヘウンデ)>よりも遅れて公開することによってより早く下った。(笑)

- "クイック"のジョ・ボムグ監督とは既に彼の前作の"堤防伝説"で遭遇したことがある。俳優としては無名だった時代"堤防伝説"で、"学生7"に出てきたことがある。(笑)どのように記憶しているか。

="堤防伝説"の後半に友人たちに伝説の堤防大勝に一場の演説を並べる学生で出てきた。その(この)チョンフイ兄さんがお寿司を買ってくれたと誘惑して友情出演をしたのだった。ところが、結局、食事代は(朴)ゴンヒョンが出した。(笑)まぁジョ・ボムグ監督はすごく印象が良かった。たった一日の撮影行って扮装、演技までしながら、現場に3時間もあったようだが続けて"助けてくれてありがとう"そうながら...しかし、その後の事件が一つあった。

-事件なら。

=コエックスメガボックス喫煙所で友人らとあったが、友人のいずれかが"あの人知っている人なのに?"といいながらずっと見てんだ。そこで"おい、我々よりも目上のようだが挨拶するならばして、そうでないならば目を合わさないようにしようとした"そうだった。しかし、向こうからで"ミンギヤ!"そうなのだ。私にはよくわからないで"誰?" という表情でいるので気まずいように"うーん、私は"堤防伝説"監督..."とそうしてためらったよ。他の監督様のようならばなぜ見違えるかとこらしめてそうするでしょうがそんなにぎこちない姿が本当に温かかった。ちょっとそんな魅力を持っている方だ。(笑)

- "堤防伝説"もそうであるようジョ・ボムグ監督の映画は基本的に人物に対する粘着性がある愛情があるようだ。

=正しい。<クイック>は愉快な娯楽映画だが、監督が話をしている本質的な真実?そういうのを忘れずに持っていこう、というのがあった。愉快に楽しむ中で人物たちが、空虚になるのが嫌いだという話だった。もちろん、<クイック>このクウィクサービスマンの哀歓を深く扱った映画ではないが(笑)基本的にそのような悩みをお互いによく話していた。そんな監督様に対する信頼は、撮影に大きな助けになった。


-今までの"クイック"は、"娯楽映画"という本分に忠実な映画だ。犯人もすぐに登場して、開始と同時に、犯行が ​​起こる。それと共に、与えられた時間を強度の高いアクションに満ちた。明らかにその強さのために耐えられるのが大変な時があったようだ。

=それが本当に曖昧だ。体でするアクションの場合は、本当にびくっと蹴りの練習して、"自分でもして、"そのようにティーを出すこともあり、ヘルメットをかぶってバイクに乗るシーンは、事実そのようなティーもよく出て。ところが、"クイック"は、気楽に自分の心配ばかりすることができる映画ではなかった。ほとんどのアクション、追撃シーンは、既存の韓国映画の中で試行されていないものだから一緒に作って行かなければならなかった。最初にシナリオを見ながらの考察は、"これが可能?"、"韓国でこんなのが撮影可能に?" することであった。場面がおもしろいのはあるがあまりにも漫画的なので、監督に"だから、この場面はこんな感じを言うんでしょう?"と聞くと"いや、それは本当のように撮るんだけど、"そうされるということだ。(笑)実際にはナ武術監督も最初は断られたとする。とてもシナリオ通りに撮影できないということであった。そうしたら私が耐えられるのが難しいのが重要なことでなく他のスタッフが耐えられるかできないかを先に気を遣わなければならなかった。

-どうも、チームトップの主人公なのでもっとそうだったようだ。過去の"海雲台"のソル・ギョングなどが持っていた頼もしい先輩の存在が懐かしくはないか。

=最初は私が引き受けた役割を個人として忠実に演技して、そのように思っていたが、本当にそうではなかったよ。ワントップとしての喜びと不安が同時に存在し、以前の映画たちでは全く感じることが出来ない感情だった。どう ​​しても俳優はそのような個人的な感情、現実の心理状態がキャラクターに反映されるしかないのでそれをよく治めるのが重要だった。演技以外のことをそう深く考えてみたことあったが、して以前に先輩たちの話をしたのがまさにこのようなんだな、という気がした。俳優が演技に関心をしていくのではないんだな、そのようなもの。

- 'ノンストップ娯楽映画"という観点から、最も好きな映画があるならば。

=ダグライマンの"ジャンパー"をとてもおもしろく見た。映画見てした4日くらいは私もジャンプをしている。(笑)"ファンタスティック4"もそうで超能力が登場する映画を好む。続くことを想像するようになる楽しさがある。どのように見ると、クウィクサービスが外国にはないから"クイック"を見て、外国人たちは、クウィクサービスマンの超能力が育つと思うかもしれません。

-大変な過程を経たにクランクアップした日の記憶が生々しいそうだ。

=あまり鮮明ではないが。(笑)実際にクランクアップしてもいくつかの追加撮影をして...。夏に革のジャケットを着てバイクに乗って、冬にショートパンツを着てバイク乗らなければならない場面があった。いずれにしろただ一つ話したいことはある。この世のどんな映画でも多苦労の結果であり、"クイック"が私たちの映画なのでそういうこともあるがスタッフがとても苦労された。最初にしようとする場面が多かったので、経験値がない状態で一緒に作っていく感じがとても大きかった。会議室に行くと、"いったいあれはどう撮ったのだろうか?あまりにも危険だっただろう"という文字がでかく赤い字で書いてある。(笑)そうするうちに何日も眠れない日が続き唇も渇き、そうするのは普通だったし、ミスしたり、間違ってはいけないという緊張感が大きすぎてやり遂げた時の快感もすばらしかった。

-重要な時期に封切りする韓国映画化だ。どのように眺めているのか。

=誰もが"今回の映画、どのくらいになるんですか?"と興行について尋ねると、以前ならば、ただ"はい、うまくいけばいいですね"と謙虚に話したが"クイック"はそうではない。"500だけは持っていきます。映画もとてもおもしろくて満足しているはずです"と素直に話している。私が笑うのが笑うんじゃない、そんな感じ?従って実質の映画がうまくいって苦労したスタッフたちがすべての光を見たらいい。もちろん私にも重要な作品というのは言うまでもない。"海雲台"、2年が過ぎたので軍隊行ってくることと対等交換をした映画が<クィック>に値する。ユン・ジェギュン監督はずっと私に無条件に謙虚でなければならない、そうするのに<クイック>はそう思わない。みんなとても苦労し、また、私にも重要で、実際うまくいったら良いだろう。(笑)

文:ジュ・ソンチョル 写真:ソン・ホンジュ
2011.07.18 Share it

髪の色:イ・ヘヨン(アヴェダ)
メイクアップ:キム・ジヒョン
スタイリスト:ガン・イスル
衣装協賛:ソンジオ、コデズコムバインベーシック、システムオムム、ソリッドオム、カイヤクマン、ヴィヴィアンウエストウッド、フレッドペリー、クロキトアンドジョーンズ
by kazem2 | 2011-07-18 22:14