ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イ・ミンギ映画「クィック」コ・チャンソクインタビュー

☆Source
"クイック"、"高地戦"コ・チャンソク、100億映画"重なる出演"分かってみると...
e0109292_23112454.jpg

映画「クィック」関連の記事が溢れていますが
このインタビューの最後にコ・チャンソクさんが
「クィック」のインタビューを受けた理由を言っています
それを読んでうるるときました



[ニュースエン:文ジョヨンギョン記者/写真イジェハ記者]
2011年の運が開いてもしっかり開いたよ。名品助演と呼ばれ、作品の甘草役目をたっぷりした俳優コ・チャンソクが、今は主演級に成長するための礎石を固める。KBS看板芸能プログラム'ハッピーサンデー-1泊2日"男優特集に出演して風変りな魅力を披露したコ・チャンソクは現在2本の大作映画の封切りを待って幸せな日々を送っている。父親のようなリラックスした笑顔、見るだけでいても心が安らぐ高敞石とのインタビューを100億映画"クイック"(監督ジョ・ボムグ)と"高地戦'(監督張勳)封切りをぴったり一週間後に控えた7月13日三清洞の一カフェーで ​​進行した。
"クイック"とするインタビューだったが、"高地戦"の話をしないわけにはいかなかった。最近進行された'高地戦"のマスコミ試写会でコ・チャンソクは"こうもりになったような気分だ。負担でもある"と本音を告白したことがある。コ・チャンソクは、"クイック"と"高地戦"を同時期に一緒に撮影している上二つの映画の公開日まで7月20日に全く同じとすぐに意味されていない心的負担が生じた。しかし、コ・チャンソクのオーバーラップ撮影が可能だったため、負担ながら、幸せな悩みをするようにしたのは他でもない二つの映画の監督だった。""クイック"のシナリオを見る前に、"高地戦"をすでに撮影をしていました。"クイック"シナリオを初めて受けた時、とてもおもしろく読んだが、当然することができないという考えに最初から思っていましたよ。そんな中、張勳監督に電話来ました。シナリオ面白いかと。分かってみるから"海雲台"ユン・ジェギュン監督が直接チャンフン監督に電話をくれました。これより大きな栄光はどこでしょう?" 事実高唱席はユン・ジェギュン監督と、これまで一面識もない間だった。ユン・ジェギュン監督は、自身が製作を引き受けた"クイック"をコ・チャンソクが必ず出演して周期を望んだ後輩チャン・フン監督に電話までかけて、"高地戦"のスケジュールに無条件に合わせてくれるとお願いした。両監督の配慮でコ・チャンソクは二匹のウサギをつかむことができた。"コ・チャンソクという俳優を知っているということだけでも感謝なのに、あえて探してくれて、ただ光栄です。特に、ユン・ジェギュン監督は、一度もお会いしたことがないばかりか、万の監督じゃないですか(笑)。後輩の監督に電話をしたユン・ジェギュン監督や私に先に提案してくれた張勳監督の両方にありがたくて俳優としてとても幸せです。" それぞれの映画の助監督たちによって構成された完璧なスケジュールで、他を気にせず快適に演技したコ・チャンソクは、"クイック"と'高地戦"で、監督の期待に100%復活する。確かにその存在感を示すとともに、同じ人とは思えないほど全く違うキャラクターを披露するためだ。コ・チャンソクは、"クイック"で事件を解決していくソヒョンサロ、"高地戦"で、平壌出身の国軍ヤンヒョサムウロ熱演する。"事実"クイック"と"高地戦"が同じ日に封切りすることになるとは思ってもできなかったんです。負担がないことはできないが、今はむしろ楽しみになりますね。確かに、幸せな悩みであり、また、二つの映画を合わせると200億を超える大作だが、そのお金を私がもらうわけでもなく(笑)。ただ一つ望むことがあれば、今年私が出演した映画を全て合わせて3,000万人の観客を集め一度やって見てほしいです。俳優として1,000万タイトル、確かに魅力があるようですね(笑)。" コ・チャンソクは過去の演劇の舞台に立った時、一日で作品二、三個を行き来した経験を今回の二つの映画にすべてを吐き出した。これに刑事と戦場な真ん中の兵士というまったく別のキャラクターや背景設定にもコ・チャンソクの演技はしっかり生き残ることができた。"映画を選択する上で最も重要と思う部分は人です。シナリオはその次ですね。やや不足しているシナリオは、十分に人の力でメクルことができると思うが、シナリオがいくら良くても人でなければ、映画はいけないと思います。その特別な因縁が、今、私の作品をするのに一番大きな力になったりするんです。" コ・チャンソクが"高地戦"ではなく"クイック"のインタビューを選んだ理由もぷるぷると震えているイ・ミンギとカン・イェウォンのためだった。シン・ハギュン コスなど、既に貫禄のある俳優たちと違いイ・ミンギとカン・イェウォンは公式的な席ではあんなに震えたんだ。年上の先輩として、彼らの隣にもっとたくさんいてあげたいとような気がするのはもしかしたら当たり前のことだった。大作なので、先に俳優たちには6ヶ月間の血と汗が入り乱れた映画。コ・チャンソクが言う"クイック"は、今後10年間、愛される映画だ。

ジョ・ヨンギョンj_rose1123 @ /
イ・ジェハrush @ 記事情報提供および報道資料newsen@newsen.com

ニュース 原文 記事送信2011-07-17 14:46
Commented by moe at 2011-07-17 23:59 x
こんばんは。素敵な記事をありがとうございました。


コチャンソクさんの演技力だけでなくお人柄のよさもユン監督は何か感じるものがあったのかな。

Commented by ruby at 2011-07-18 14:30 x
ぷるぷる震えるイ・ミンギ・・・映画デビューから異例な速さで1000万俳優の仲間入り。100億ウォン映画の主演となれば、ミンギ君の若さでは震えますよね(^~^)
普通なら兵役を過ぎ、30代で・・・が定石。
でもホントに可愛がられる性格なんですね~ミンギ君!
Commented by dalja at 2011-07-18 17:39 x
100億ウォン映画の主演の凄さが良くわかりました!!

ミンギ君が震えてたんですね。
コ・チャンソクさんに御礼言いたい気分です。
助けてくださって、感謝します・・・って。(#^.^#)

ホントに愛されているミンギ君が誇らしいですね。

色んな側面からミンギ君を応援しているkazem2さんにも、感謝・感謝です。

Commented by kazem2 at 2011-07-18 19:20
☆moeちゃん

アンニョン~^^

ミヤネヨ~返事が遅くなって!

今日は頭痛と吐き気で一日中横になってたわ

やっとお粥さんを食べれたよ^^

そうだね

チャンソクさんのお人柄なんだよね

皆さん そうおっしゃるネ

監督もミンギもそう言ってた

経験してきたからこそ言える言葉だよね~

映画作りの基本なんだね~
Commented by kazem2 at 2011-07-18 19:50
☆rubyさん

こんばんは

この記事を読んでびっくりしたわ

制作発表会では立派に努めていると思っていたから

もの凄く震えていたんだね

こういう経験をして だんだんとBigになって行くのね

この経験は誰にでもできることじゃないから

ミンギは精神的に今は眠れないほど辛いかもしれないけど 観客が後押しをすると思うから

またバージョンアップしたミンギを見れるね^^
Commented by kazem2 at 2011-07-18 20:03
☆daljaさん

こんばんは~^^

うん

100億のプレッシャーって実感が湧かないけど

凄いものがあるんだと思うわ

腸炎になったりしたのはストレスからかもしれないね

よく眠れていないかもしれないし

映画が公開になって観客動員数が記録を破ったりすれば
ミンギも眠れるようになると思うわ^^


私たちは後押しするしかないものね

韓国の人たちが「クィック」を沢山見てくれるようにと
お祈りするしかないね^^

by kazem2 | 2011-07-17 23:38 | Comments(6)