ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」ミンギが勧める映画!

☆Source
イ・ミンギがお勧めする特別な世界へと誘う映画
e0109292_1453957.jpg





映画人たちが、様々なテーマで、自分が愛して心の糧にした映画をお勧めします

夏は誰にも熱い。しかし、誰も[開く]を疲労ではなく、エネルギーに転換するものではない。2009年夏、千万人の観客を動員した[ 海雲台(ヘウンデ) ]に続き、2011年夏、100億規模のブロックバスター<クイック>で、相変らず熱いイミンギならば、その熱力学に最適な標本です。インスタント思い出に冷めてしまいやすいの避暑地での縁を命をかけて愛してバクォネン海洋ライフガードの種類は、その年の最も多い観客を動員した[海雲台(ヘウンデ)]も特に愛されたキャラクターだった。形式的に俳優イミンギをめぐる温度も急激に上昇した。そして、その気温が落ちる前に、彼は[ 10億 ]にもう一回、大きな版で遊んだ。西オーストラリアの砂漠を背景に、シンミナ、チョンユミ、パクヘイルなどの固体の俳優たちと一緒に作成されたブロックバスターでも、イミンギはきらきら光っていた。そして、再度[クイック]。イミンギは1年のタームを置いて、夏が来ると観客と会ってリレー式で行われるインタビューを消化する。今のところ検索ボックスに彼の名前を打てば出てくるのインタビュー記事のページだけでも10枚を軽く越す。

"して面白いよ。実際うんざりしているが、同じ質問をするんじゃないか。でも人と人が話をしてみると、同じ話なのに、別の方法でいくようです。私も一つの枠に嵌まらないようになり、映画についての視点もたくさん変わりました。次第おもしろいようです(笑)"

一日に何度も同じ質問を受け、いつも最優先される面倒な作業でも楽しみを見つけるイ・ミンギは映画で繰り返される日常にも、他の色味を付与する。映画を見て出た"その気持ちにすっかりはまって、"学校前の食堂を訪ね、映画の中場面を再現してみたりもする彼は、"過ぎてから恥ずかしがり屋"としても、その瞬間だけは、"誰がカメラ持って撮るのでもない"日常を映画にする。次はイ・ミンギに日常を超えた感動や衝撃を与えた作品だ。この映画が与えるエネルギーとしてあなたも、イ・ミンギのように同じ毎日に活気を回るようにするのはどうだろうか?

文 l イジヘ<10アジア>記者、 写真提供: l イジンヒョク<10アジア>記者

e0109292_14575221.jpg

[ 天井地区:To Love With No Regret] | 1990年| ジンモクスン
映画フォト イミンギの最初のおすすめ:天井の地域

イミンギ:
子供の頃は本当によく見た映画です。最大100倍の釘見ても50回は見たんです。家にビデオテープがあったがTVに出てこなくて暇さえあれば見たんですよ。その時の記憶に残 ​​るのが四角形刃物せうよ ​​。(笑)韓国映画見ると、素早く突く刺す。日本はまた、斬る刃物。ところが中国は撮ることというですね。そんな印象がたくさん残ったバイクの後ろにオ・チョンリョンを乗せていく名場面があったんです。どのように見ると、[クイック]と一緒にも関連がありますね。(笑)

映画説明: 多くの場合、一場面だけでも存在理由を証明する映画がある。[天井地球]のアファ(アンディラウ)とジョジョ(オ・チョンリョン)がバイクに乗って夜を明らかにしたそのシーンは一度見たら忘れられない。風に吹かジョジョの白いウェディングドレス、静かに流れていたアファの血。その後も長い間天井の地域伝説の始まりです。
☆シネ21のジュ・ソンチョル記者もこの場面が印象に残ったと話していました
e0109292_14584976.jpg

[ 嫌われ松子の一生:Memories Of Matsuko] | 2006年| 中島哲也
映画フォト イ・ミンギの第二おすすめ:嫌われ松子の一生

イ・ミンギ:
中島哲也監督の映画が好きです。[パコと魔法の絵本]も面白くみたんです。残酷な話なのに、それを解いていった過程や結末もすごく胸が痛いです。しかし、それすらも漫画的じゃないでしょうか。近所の子供たちといたずらで殴って死んで。それが残忍だが、その柄と色合や、その中に生きているウィットみたいなのが、本当にいいんですよ。いったいこの音は何なのかと思ったんです。そこで[パコと魔法童話の本]も見ることになったんです。ところが、その映画やっぱり良かったんですよ。

映画の解説: この映画をどう説明したらいいの?その悲劇の瞬間も漫画のようにきれいにそして、鳥肌が出るほどひどい時もいたずらのようにしてしまう。笑ってみると泣くようになって、泣いても爆笑をさく烈させるされている奇妙な体験を松子の一生を通じて味わうことになる。

e0109292_1459415.jpg

[ 世界の中心で、愛をさけぶ:Crying Out ​​Love In The Center Of The World] | 2004年| 行定勲

映画フォト イミンギの三番目のおすすめ:世界の中心で、愛をさけぶ

イミンギ:
多分劇場で一番たくさん泣いた映画であるんです。映画を見て出てきても"私の過去を訪ねてぞ"と言いながら、学校行って、机の思い出たどって。(笑)そのときの気分にとったのです。経ってからは恥ずかしくて。誰がカメラ持って撮ることもないのに一人で抜けて、感じて。(笑)映画ではないから、日常がむしろコメディがすごく多いです。机なでるとの思い出が思うそれは私のために撫でてから、指にとげ刺さっ。(笑)こんなのが実際に起こるものじゃないでしょうか。映画は忙しい違います。

映画説明: 一気に過去のある時点で私たちを導くものがある。偶然に発見したあの頃の日記や愛の告白を入れたカセットテープのように。80年代の日本の少年、少女の感情を分かち合う姿は、ウォークマン、自転車などを使用して、その時代の郷愁を呼び起こす。片山恭一同名ベストセラーを映画化しており、国内でも[青注意報]という名前でリメイクされたりした。

e0109292_1503437.jpg

[ 嵐の夜に:Stormy Night] | 2006年| スキーこの記事の部へ
映画フォト イミンギの四番目の推薦:嵐の夜に

イミンギ:
(チョン)由美姉さんが推薦していた映画です。家で一人で見てだけで泣いたんですよ、それ見てどのように泣くことがあるだろうか?ところでそのように映画見てから、泣いてと、わけもなく胸がいっぱいじゃないですか。人生が私と頼んで私は自分、まだ初々しいんだな。(笑)特に、(正)ゆみお姉さんとそんな話をたくさんしているようです。[ドラゴンを飼いならす]のようなアニメ見てから、"お姉さん、見たか?私たちの童心に再び戻るようでは?" その後からです。

映画説明: ヤギの肉ではなく、ヤギが好きなオオカミ、ガブ。オオカミを恐れているわけではないヤギ、メイ。友人の間であるこの二人は話もよく通じて、共通点も多い。しかし、お互いに餌であるか、天敵であるオオカミとヤギの長年の法則は、二人の友情を黙ってみていない。メイを見てよだれが回るのを我慢できないガブだけでなく、お互いの集団でも、二人の間に反対する。この両方、それだけで愛することができるだろうか?

e0109292_1511118.jpg

[ エターナルサンシャイン:Eternal Sunshine Of The Spotless Mind] | 2005年| ミッシェルコンドゥリ
映画フォト イ・ミンギの五番目の推薦:エターナルサンシャイン

イミンギ:
[エターナルサンシャイン]を見て映画についての悩みもたくさんしたんです。その時の演技を本気でやりすぎと思った頃なのに知人があまりにも良い映画だと必ず見なさいと言うんですよ。ところでも見て出てきたのに何がそんなにいいかよく分からないんです。(笑)それでストーリーながら何回も見て分析しました。ところが、ある瞬間、私は疲れてしまって、それをすることができなくなりましたよ。むしろそんなの後に見るようになるから良かった部分が多かったようです。

映画説明: 多くの場合、愛というのは、記憶を主成分とした思い出に残る。だから、誰かに会って恋をするということは、思い出を作る事の別の言葉でもある。しかし、思い出に勝つ愛も確かに存在する。クレメンタイン(ケイトウィンスレット)とジョエル(ジムキャリー)のように。お互いの記憶を消去した後でも、毎回、恋に落ちる、それらを見ると、愛は、神経系やホルモンの作用で説明できない神秘的なものであることを悟るようになる


"漫画的なイメージが多くてオルトダントように感じられることもしました。"

"初めてシナリオを読んだ時は漫画のようでした。いかにそう撮らない?これはされるように、複合的だったんですよ。ただ、CGのみを行う部分でもなく明らかに人がバイクに乗って、アナログ的なジャッキー・チェンアクションも多かったんですよ。漫画的なイメージが多くてオルトダントように感じられることもしました。"

イ・ミンギの言葉のように[クイック]は、停止ボタンを押すと、ひとつひとつの場面がそのまま漫画の一枚入ることに遜色がない。炎をくぐって飛び立つバイク、建物と建物の間を飛び回る主人公まで漫画的な想像力を実際のスクリーンに移し入れた。100億というギュモラ可能にした映画のスケール、そして主演。しかし、イ・ミンギは浮きだつより派手な包装に隠れているしかない、これらを取りまとめる。まだそれほど長くないフィルモグラフィをふわりと跳び越える彼の品を、次の回答で発見することになるだろう。

"スタントしている兄さんたちは常にしている話があります。我々の立場では見られず裏で働くんだけど"ではない、今後現れないが、この仕事では私が主人公だ"ですよ。大抵の負傷しては、けがをしたとの話にもならないです。かえって申し訳なくて逃げるんですよ。それで私も俳優としてすべきことをもっと熱心になったんです。だから私は"観客数がいくら以上なければならない、ロングランしなければならない、余裕振るうことがない"と話していたのが、その方々の犠牲が、陰に包まれていますが、映画がうまくいって光を見たら良いという望むことのためでもあります。"
by kazem2 | 2011-07-14 14:53 | Comments(0)