ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ映画「クィック」撮影後日談"これはとんでもない映画だ!"

☆Source
e0109292_1432680.jpg




ハリウッド映画でも可能になるそうなアクションだ。<クイック>シナリオに書かれていたアクションシーンは想像を超越した。シナリオを見てナ武術監督は丁重に固辞しており、ホン・ジャンピョ特殊効果監督(以下、特効監督)は、怒りを怒った。そのほかにもジョボムグ監督の目を丸くして見つめたスタッフたちは多かったした。ジョ・ボムグ監督は"韓国だからこの程度となるという考えは捨てた。スケールはどのような映画と比べても決して引けをやめようとユン・ジェギュン監督と口を合わせた"と話す。"海雲台"のユン・ジェギュン監督が製作に参加した"クイック"は、展開が大きかった。適正な基準なんてなかった。"以前にこのような作業をしたことがない。データが一度もしてみると、すべての撮影が挑戦の連続だった。"韓国映画で特殊効果の専門分野が強いホン・ジャンピョ特効監督も、"無限挑戦"を経験した。<黄海>(2010)で、トラックを苦労して倒す上げた彼は、"クイック"は、考えただけでも頭が変になるような8トンの市内バスフリップミッションに挑戦した。初撮影の日に行われたバスフリップと爆発シーンの撮影は、監督と全スタッフが最も心を煮詰めた瞬間だった。これだけ狂いが生じたとしても全体を台無しにする緊急事態。幸いにも和を合わせたように、一度に素敵な場面を抜き出した。初のアクションに見事に成功すると、すべてのスタッフに自信がついた。ジョ・ボムグ監督もアクションと特殊効果、CGのために時間を惜しみなく費やしている。より良い場面とスタッフの安全のための配慮だった。バイクや車を合わせて、破損した車のみ100台余り、常に撮影のたびに待機していた救急車と救急要員を見れば、どれだけ現場がきわどくていることを知ることができる。確かに"クイック"には、これまで国内で釘見ていた映像が目に入る。マイケルベイ監督が<アイルランド>(2005)"トランスフォーマー"シリーズで使用したカメラの"ドギケム"が時速150キロで走るバイクを追いかけて迫力感を高めた。撮影が終わった後も、より良いアクションシーンを作るために製作陣は、車のアクションに使用するワイヤレスリモコン撮影を試みた。スタントマンが車を運転する必要がない状況で、爆発も難しく、速度も速く撮ることができた。ナ武術監督は"ジョ・ボムグ監督が誰もが私にできるようにプレートをよく組んだ。韓国アクション映画の新しい方向を提示する"クイック"に参加できて光栄"と所感を伝えた。すべてのパーツのスタッフたちがみな固く団結した映画だと"クイック"を説明すると陳腐だろうか?しかし、映像を見ると、あえて長々と説明しなくてもエネルギーが感じられる。スタッフたちの情熱と努力が場面ごとに新しいシナジーを作り出すためだ。★
by kazem2 | 2011-07-12 14:33