ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」 くらっとした"撮影現場"公開、これが可能に?

☆Source
クィック:走って!怪我をして!楽しく!
e0109292_1116871.jpg

写真1
イ・ミンギ:
リハーサルなしで動線ハプマン合わせて入った本撮影。
タイミングに合わせてうまく行かなければならないという圧迫感も少しの間
カン・イェウォンさんの悲鳴が家に帰ってからも耳について離れなかった記憶が^ ^

カン・イェウォン:
最も難しいとされ怖かった撮影中の一つだ。あちこちに"こんこん"裂ける爆発音に座りこんだほどだ。想像できない轟音はもちろん、ひょっとして火につきはしないかと思い恐ろしかった。写真の中のおびえた表情は演技ではなく、"リ ​​アル"だ!








e0109292_11191099.jpg

写真2
イ・ミンギ:
明洞の街のシーン。子供の頃からバイクに乗って、大きな負担はなかったが、実際に狭い路地を速い速度では違いは容易ではなかった。補助出演者とぶつかると思ってさらに大変だった。

カン・イェウォン:
その場面を撮る時、唯一暑い日だった。レザーの衣装を着て、重いヘルメットを使ったら、暑さに疲れて熱射病で倒れるほどだった。汗が頭からふくらはぎまで流れた。その記憶は再び思い出しても本当に恐ろしいです。
e0109292_11202226.jpg

写真3
カン・イェウォン:
あまりにもスピードが怖くてバイクに乗ると、いつもミンギさんの背中にべったりしがみついているのが忙しかった。しかし、明洞の街を歩き回った、この日は特に面白かったです(笑)いつかこのように都心のど真ん中を縫って走れるだろうか?走りながら涼しい風が当たる瞬間、"ああ、こんな感じなので、人々がバイクを楽しむんだ!"と思っていた。
e0109292_11212163.jpg

写真4
イ・ミンギ:
夏に撮影を開始したが、写真の中ではぺディングを着ている。本当に"夏から冬まで頑張って撮ったんだな'という気がふとする。その日はイングゥオン兄が保身を図らないで、階段で転がるのアドリブ(?)を見せてくれたが、その姿がありありと思い出される(笑)

キム・イングォン:
長い階段を全速力で走って反跳みると、手首の靭帯が伸びてしまった。しかし、病気のひまもなく、再び階段を登ったり降りたりしたい繰り返した。撮影が終わるやいなや全身はぼろぼろで、足は棒になってしまった。失神したように休んでいる私の姿。若いミンギの表情が非常に対照的だから...、また私の屈辱ですか?
e0109292_11235515.jpg

写真5
イ・ミンギ:
オリンピック大路で停止する私たち。追われて疲れて悪党に電話で怨念解消(?)する場面だ。
状況は差し迫って切実だが、ユーモアも配置する必要があって演技するのが難しかった。
おそらく個人的に一番多くのテイクを撮影したような記憶が... ^ ^;

カン・イェウォン:
ど真ん中で撮影した初体験!<クイック>をしながら初めて体験した面白い体験があまりにも多い。自動車専用道路の両方を制御して撮影したのもその一つだ。自動車専用道路を歩いて通った人が何かあるか?(笑)★
by kazem2 | 2011-07-12 10:51 | Comments(0)