ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[Feelmレター] イ・ミンギ映画「クィック」

☆Source
"クイック"、こういう映画一度も見ることができなかったことを...
e0109292_19345454.jpg

この記者の書き方が面白くて笑ってしまいました
ここにももの凄いネタばれがあります^^
映画「クィック」がどれだけ面白いのか映画をみるのが楽しみですね!
記事のなかに「すっぽり」と言う言葉が出てきます
これは公式ブログでもこの「すっぽり」を使った言葉遊びをしていました
意味がわからなかったんですが「すっぽり」という言葉の使い方があるんですね



-スピードをあげてむやみに駆け足を熱望する人らに-
唯一バイクの音はうるさいです。"ボアああん〜"と走るバイクは車の音とは明確に違います。
バイクの音のせいで神経過敏に悩む方も大勢見てきました。退屈せぬ遭遇するバイク宅配員に向けて考えてもきれいでだけはありません。生計のためというが前後に割り込んで危険な瞬間が一二度ではありません。個人的には歩行者が通ると緑色なのに停止線を守らないままこそこそ動いているとき憎らしいですよ。
映画"クイック"(監督ジョ・ボムグ製作JKフィルム)を見てサービス業に携わる方々の苦情がどうかは絶対に知ることができないと思います。映画の焦点は、他のことですからね。もちろん、"荷物を一度疑って見るべきではないか"という考えはをするようにしたのです。深く受け入れはしないでください。"クイック"は、かなり速いバイクテクニシャン基数(イ・ミンギ)が爆弾テロに巻き込まれて起る事をなされています。アイドルグループアロム(カン・イェウォン)が生放送に間に合うように自分を送ってくれるクィックサービスを呼び残念なことに爆弾が装着されたヘルメットをかぶってすっぽり配達同行をするしかないですよね。ここではコミック映画に絶対に欠かすことのできない二人キム・イングォン、高唱席が警察官でこれらを追跡します。
明確に韓国で一度も見たことのない映画だとすることができます。
米国の'怒りの疾走"や、フランスの"タクシー"のような類の映画と比べても遜色がないですね。むしろ、より韓国的情緒に合う映画だと思います。スピードアクションとコミックがそうよく組み合わせることができるでしょうか。バイク追撃戦は、スリルと快感を味わえます。何度も登場する自動車の衝突、列車の爆発シーンなど、ハリウッド映画のようにしびれます。また、明洞のど真ん中のビルとビルの間に、高速道路を走るバイクや車が目に入って来て100億ウォンの製作コストが入った映画には見どころが豊富です。ミョンシク(キム・イングォン)とソ・ヒョンサ(コ・チャンソク)が伝えるコミックは言うこともなく、方言で笑えるイ・ミンギとずっと大成号泣して笑えるカン・イェウォンなどが二コミックコンビたちの演技も圧巻です。ヘルメットを脱ぐことができないアロムが後ろ姿を公開してシャワーしている場面、警察特殊部隊と対峙する場面、ミョンシクがアロムに心を告白するのに全く聞こえない場面など、本当に5分ごとに面白いですよ。"トランスフォーマー3"を見てドラマの展開を問い詰める方がいるそうだそれなら"クイック"も自由にすることはできません。キスとアロムが以前に付き合っていた間と言って二人の間に絶対に落ちることができない状況であることを示すが、爆弾を配信するようにさせるあくどいテロ犯がヅルエゲ貝の焼き物を食べなさいとのデートの時間をくれるなんて不思議なことができます。それでも、映画の楽しさを吹き込んだところです。テロ犯がライダー·アロムとつながっている構成は、絶対緩くはありません。なぜあえて基数を指名し、彼に爆弾を渡すようにするか結末に至っては明確ですね。このような斬新な素材、緊張感あふれる構成で、観客をこらえきれずに笑わせるようにさせる映画をどのように選んで出したのでしょうか。どのように受け止めるかは分からないが、劇中のライダーは、300km / hを踏んだと同じようにしないでください。警告メッセージです。時には誰かの喜びを誰かに被害がなることもありますからね。映画の撮影をして危険な場面でスタントマンが投入されたが、彼 ​​らの活躍ぶりも見ることができます。中国の俳優のジャッキーチェンのようにエンディングクレジットが上がるときに、映像に入れてね。映画の構成要素が考えている監督の心遣いが入れられました。20日封切り。

[毎日経済スタートゥデイジンヒョンチョル記者jeigun@mk.co.kr]
[ⓒ毎日経済&mk.co.kr]
スタートゥデイ原文 記事送信2011-07-10 09:55
by kazem2 | 2011-07-10 20:08