ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イ・ミンギ映画「クィック」熱い恋一度するとメロー演技の助けになる

☆Source
e0109292_2339121.jpg




俳優イ・ミンギは良い人たちとの良い呼吸を重要に思う。彼が映画"クイック"(監督ジョ・ボムグ)に出 ​​演することになったのもこの延長線上にある。"海雲台"のユン・ジェギュン監督が制作を担当した"クイック"のカン・イェウォン、キム・イングォンなど縁の深い俳優らと出演するからだ。
"ジャンルや相手俳優に応じて、呼吸が変わります。俳優の間の呼吸が良い時もあって、かえって呼吸が矛盾すると良いエネルギーを出したりね。今回の映画は、お互いへの配慮が光りました ​​。一緒に作業をしてみた人だから、"相手が誤解すると、どうしよう"という気にせずに楽にしたんです。" スピードマニアのクィックサービスマン基数(イ・ミンギ)は、ヘルメットに爆弾が設置されたという謎の電話を受けて連鎖爆発事件に絡まれる。彼は生放送時間に追われ、クイックサービスを利用するアイドル歌手アロム(カン・イェウォン)を乗せ、声の指令に従わなければならない境遇に置かれる。ヘルメットを脱いだり、速度を下げると爆発するので、都心に"スピード"に疾走する。このため、撮影のほとんどがバイクの上で進行した。"学生時代にバイクに乗ったし、二十歳の時に故郷(金海)から上京した後にバイクに乗りました。ソウルは複雑で、バイクが便利だったんですよ。ある友人が軽微な事故が発生した後、オートバイの運転者はより多くの怪我をするから乗るのをやめようと決心しました。以後3年ぶりにハンドルを捉えました。"
e0109292_23411428.jpg

撮影しながら、以前考えもちょっと出 ​​た。前は安物のバイクを運転したが、映画の中では高級ブランドのバイクに乗る。"昔は金がないから安くて小さいバイクに乗ったが、兄たちのように高価なバイクに乗りたいと思って大型バイク免許を取りました ​​。その時は考試院、屋根部屋に住んでいたから兄さんたちが貸してくれませんでした。たぶん(俳優になった)今ならたくさん貸してくれたのに...(笑)" 明洞などのソウルの真ん中をバイクで駆け巡るか、炎の横に走るのは貴重な経験だと ​​快感を感じた。しかし、まだ安全を考えてバイクは買わなかった。慶尚道のイントネーションが強い彼は、"海雲台"に続き、今回もなまりのセリフを吐き出す。しかし、彼は、"<クイック>の基数は、ソウルで数年住んで慶尚道の人の話し方"と区分した。いったいそのような方言は何か。"元慶尚道出身だから"海雲台" の演技が楽かとするのに、むしろそっちの出身だからもっと努力しました。"某ハドゥノ(まいち)""某ハドノ"のような微妙な違いを苦心しました。今回はあえて標準語で治そうとしていないが、ソウルに住んで変質した方言です。誰が何を聞いてみた時、釜山では"当たるか?"というが、ソウルでは"そうなの?" んですよ。それで、"そう"を"当たる"アクセントでいました。それなり悩みをたくさんしたわけです" 彼は笑わせようとしている言葉はないが、聞く人を笑うようにする魅力がある。芸能プログラムに加わった'4次元'や'馬鹿げたこと"よりは男性的な魅力がより強かった。率直さが馬鹿げたことで誤解を受けたようだ。
e0109292_23415433.jpg

"万年20代"であるかのような彼に、"30代になるとどんな姿になるのか"と尋ねた。"恋愛をほとんどできないし、しなくなって長いからそのような感情がよく分からないです。代わりに、男性たちとの交流や感情はよく知っていますか。三十歳になる前に、熱い恋をすると、メロー感性を持っている30代になると思います。恋愛に失敗すると、今と似ているでしょう。歳月の汚れが付着している俳優になりたいです。人が経験することは経験しておきたい。” '優しいこと'だけして'良い時'をたくさん作るつもりだとすると彼は“悪い汚れがついていれば悪い演技をする時役に立つことではないのか”として笑い作る。


ⓒスポーツトレンド&傾向ドットコム、文:パク・ウンギョン記者 写真:ギム・ムンソク記者yama@kyunghyang.com
入力:2011年07月08日22:42:37
by kazem2 | 2011-07-08 23:52