ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イ・ミンギ映画「クィック」ジョ・ボムグ監督インタビュー

☆Source
'クイック'ジョ・ボムグ監督"ジャッキーチェンの映画たくさん参考に"
e0109292_20114129.jpg

                       ▲'クイック'ジョ・ボムグ監督
映画「クィック」は損益分岐点300万だそうです
意外と少ない数字です
一週間で超えると思います!
ミンギにボーナスがいっぱい出るといいな^^



[イーデイリースターinシンサンミ記者]
'クイック'のジョ・ボムグ監督が映画のエンディングクレジットに関連してジャッキーチェン映画のようにしたいと思ったと明らかにして人目を引いた。ジョ・ボムグ監督は8日午後、ソウル往十里CGVで開かれた映画'クイック'言論試写会に参加して、うんと緊張する姿を見せた。彼は"愛されたいとした映画"として多くの関心を呼びかけている。映画は、大規模な爆破シーンやカーチュドルシン、主演俳優たちの豪華な道路疾走のシーンは、俳優たちの好演など、取材陣からの良い反応を得た。特に、骨を惜しまないスタント俳優たちの演技がなければ不可能だったシーンがほとんどで、これらの大小の負傷が映画のシーンごとに溶けていた。その映画のエンディングクレジットでは、これらの怪我のシーン、病院での治療のシーンなどを収めたメイキングフィルムプティ地に作られた。これらのエンディングクレジットのアイデアをどこから持って来たのかという取材陣の質問にジョ・ボムグ監督は"'スピード'、'タクシー'のような映画でモチーフをたくさん得た"とし、"ジャッキーチェンのアナログアクションをたくさん参考にした"と明らかにした。引き続き彼は"ジャッキーチェンの映画は、コメディとアクションにも優れていますが最後のエンディングクレジットが印象に残る"とし"ドラマのジャンルは、監督と俳優が浮 ​​き彫りにされますが、'クイック'は俳優、監督よりもスタッフが中心となる映画になることを望んでいた"と伝えた。また、"スタンドマン一人一人が来て身を投げた。このような多くの情熱とエネルギーが集まったことを見せてあげたいなスタント俳優一人一人のエンディングに入れた"と説明した。また、ジョ・ボムグ監督は映画について"`走ってぽんと鳴らし、笑わせる'が反復される映画"と紹介した。引き続き彼は"スピードが強調されてドラマが弱いようで、スピードと爆発シーンの間にドラマを配置した"とし、"一番強調したかったのは、劇の中でライダーとアロム、ミョンシクキャラクターの他にも立って刑事とキムチーム長などのキャラクターの創出を上手に感情的な面で共感できるようにしようとした"と言及した。また、ジョ・ボムグ監督は、映画のコメディ部分を多くユン・ジェギュン監督から支援されたと感謝の気持ちを表示したりした。彼は"映画の製作者のユン・ジェギュン監督がコメディーをはめて行かなければ投資を受けることができないし、損益分岐点の300だけでも、を超える"としたとし、"コメディーの部分をユン・ジェギュン監督にお願いした。水中シーン、笑えるシーンはユン監督が手伝ってくれた。コメディ演技は、'海雲台(ヘウンデ)'をアップグレードした"と言及した。'クイック'はクウィクサービスマンがアイドル歌手と大規模な爆弾テロに巻き込まれるという設定の映画で来る21日封切りする。

SPN 原文 記事送信2011-07-08 19:26
by kazem2 | 2011-07-08 20:22 | Comments(0)