ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[e - fact] 韓国のブロックバスター浮沈の歴史"クイック" "7鉱区""マイウェイ"まで

☆Source
e0109292_117456.jpg

                      映画"海雲台"




[enews24オミジョン記者]
2009年の災難ブロックバスター映画"海雲台"の興行は、韓国映画界に新たな指標になった。
100億以上も使われたこの映画が失敗した場合、韓国映画界ではしばらくの間、多くの製作費が使われる映画が製作されていないという不安感が広まっていた。"海雲台"の津波が映画界の津波になるという懸念だった。

だが、"海雲台"が成功を収め、韓国映画界は新たな希望を見ることになった。韓国型ブロックバスターでも成功できるという希望である。1000万人の観客が劇場を求めてやってくるという期待ができて、100億以上の制作費も使うことができるようになった。現在、忠武路では、"クイック"7鉱区""マイウェイ"などの大作映画が製作中だ。しかし、韓国型ブロックバスターの現在の姿があるまで、多くの大作映画が浮き沈みを繰り返してきた。1996年に公開された"銀杏のベッド"と、1999年に公開された"シュリ"は韓国型ブロックバスターの希望を書いた作品だ。しかし、'2009ローストメモリーズ"、"エステルデー""アユレディ""マッチ売りの少女の再臨""チューブ"、"ワンタッチフルデイズ"などの大作映画は、期待した興行をおさめ ​​ることができずに幕を閉じた。特に、"マッチ売りの少女の再臨"の失敗が韓国映画界に与える痛みが大きかった。映画評論家のハ・ジェボン氏は"2002年当時、韓国型ブロックバスター映画が相次いで失敗した。その中でも"マッチ売りの少女の再臨"の失敗は映画界に致命的だった"と説明した。暗黒時代が到来した韓国映画に期待された作品は、"ブラザーフッド"と"シルミド"だ。二つの映画の興行に続き、"怪物"と"D - WAR"が再び興行成功を収めた。2009年に公開された"海雲台"は、しっかりしたストーリーとCG技術力の結合が光を放ち、韓国型ブロックバスターの飛躍的一歩先を発表した。

e0109292_1181469.jpg

                     映画"クイック"

このような浮き沈みの歴史の終わりに誕生した映画が"クイック"7鉱区""マイウェイ"など、現在製作されている映画だ。"クイック"は、韓国映画初のスピード、ブロックバスターのジャンルに挑戦する作品だ。まるまる4年間で100億ウォンの製作費を投じた超特急プロジェクトだ。イ・ミンギ、カン・イェウォンなどが出演する。"海雲台"の制作陣が再び手を握ったという点でも注目を集めている。都心の150km / hで疾走するバイクアクションが刺激的である。この映画の製作者であり、"海雲台(ヘウンデ)"の演出者のユン・ジェギュン監督は"'私たちがこれを作るのに最小限の米国ハリウッドの"スピード"や、フランスの"タクシー"を越すことができないんであればするのをやめよう、そんな気持ちで製作することになった"と説明した。この映画ジョ・ボムグ監督は"疾走する新感覚、新しい映画を作るために努力した。当然の感情とキャラクターは、韓国型である。私たちも技術的に挑戦をしてみたかった"と伝えた。製作陣はこの映画の撮影のためドイツからのワイヤレスリモートコントロールシステムを導入した。車を無線で操縦する装置だ。人が乗らないまま、車が150km/ hの速度を出して転覆する。このような場面がこの映画で韓国映画界では初めての試みとなった。無線で動くドギケムも、韓国で最初に使用された。

e0109292_1192452.jpg

                        映画7鉱区"

7鉱区"も期待されるブロックバスター映画だ。俳優たちも華麗だ。ハ・ジウォン、オ・ジホ、アンソンギなどが登場する。石油ボーリング船を背景に繰り広げられるこの映画は公開前に既に46ヶ国に先販売された。この映画は韓国映画初の3Dアクション映画だ。この映画もユン・ジェギュン監督が製作している。ユン監督は"たとえ3Dのノウハウがハリウッド作品ほど多くはありませんが、勉強をたくさんした"とし"韓国の実情に合わせて、その中で最大限の費用対効果がベストな方法を実装した"と説明した。この映画の3D作業をしてあるモペクスチュディオのチャン・ソンホ代表は"7鉱区"は、限られたスペースでのモンスターと人間の死闘"と"臨場感を生かすことが重要だった。背景がCGで作られたものであることを観客たちが認知できないようにするのにかなりの努力を傾けた"と語った。2011年の有終の美を飾る大作映画は、"マイウェイ"だ。韓中日合作で作られたこの作品は、制作費規模の300億ウォンを超える。アジア全体を市場として見ているので、可能なお金である。チャンドンゴンとオダギリジョー、ファンビンビンなど、日中韓を代表するスターたちが出演する。カンヌ映画祭で行われた製作発表会は、世界中の映画関係者たちの耳目を集中させた。第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を背景に、戦争の中でも消えない人間愛を込めた。戦争叙事詩という説明が不足していない映画だ。

オ・ミジョン記者omj0206@cj.net [CopyrightⓒCJ E&M芸能情報ポータルenews24(enews24.net
enews24 原文 記事送信2011-07-07 10:35
by kazem2 | 2011-07-07 11:17