ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[パクミニョン]美しくみえて偏見破ればもっとよい

☆映画「猫用」予告編
☆cine21.com
<猫用>パク・ミニョン
e0109292_20544781.jpg

「成均館スキャンダル」は日本で放送中ですがパク・ミニョンのユニセックスの魅力と
主人公のユチョンの男らしい顔と演技 面白いシナリオで
韓国で視聴率がよかった理由がわかります
映画「猫用」の予告編をみましたが猫が恐いのは嫌ですね^^





<成均館大スキャンダル>の男装女"ユンヒ"が与えた青い程度ならば少なくともその余韻を少しは楽しむことができた。
パク・ミニョンはそんな余裕は贅沢のように見えた。すぐにホラー映画<猫用>の撮影が彼女に飛びかかった。初めての映画という期待をもう一度考えるひまもなく、彼女はドラマ"シティーハンター"の撮影に忙しい。インタビューが終わると、80人のスタッフが彼女を待っているドラマの撮影現場ですぐに行かなければならない。一人のキャラクターを撃破するような強いエネルギー。彼女は、相次ぐ挑戦がすぐにパク・ミニョンという固定イメージを無限に変身させてくれる答えだと確信した。<猫用>と一緒に、すでに次の映画が楽しみな俳優のパク・ミニョンに会った。

-初めての映画挑戦だ。
=即興で、相手のリアクションを見ながら演技するスタイルだ。ドラマは瞬発力を要すると私に合うと思ったし、それでドラマにたくさん食い込んだ。映画をしてみるとこれからもっとしなければならないしたかったよ。会社では嫌いだが(笑)、ロマンチックコメディもしてみたいと思い、非常に濃い芝居もしてみたいと思い、映像がきれいな映画も残してみたい。会うドラマだけ撮ってみると余裕がなかった。感心感心を最高のコンディションで撮りたい。今回は、その欲が出た。

-ジャンル色の強いホラー映画に挑戦したのはちょっと意外だ。
=初めての映画挑戦だ。 即興的で相手のリアクションを見ながら演技するスタイルだ。。ところが、映画をしてみると前にもっとしなければならないように見えたよ。なぜか前に年齢さらに取ればしないと思ったジャンルだよ。私がお上手なのが何かここで知っているからそのような側だけに絞ってみたかったよ。自らをタイトに引き締める意味でも試してみて思った。

-ジャンルの特性上、女性キャラクターは、受動的で、典型的にならざるをえない。

=ジャンルとキャラクターには相棒のように付いて歩く。ロマンチックコミック物の女がキャンディで男が王子であるように、ホラーのジャンルだと弱い女性が驚いてくれなければならない。このように観客も感情移入することができる。カギは、この典型的なキャラクターをどのように自分のものにするかだ。答えが決まっているし、負担になったり、私は別の方法で試してみて、このような考えはしなかった。ただ状況を楽しんで見ると、思わずリアクションが出てくるんで、それがたとえ他のところで、既に本だとしても正解だと思っていた。違いは、私と一緒に作業した監督、スタッフらが作ってくれるはずだから私の演技は、所信ようにした。CGの力を信じている。(笑)

-ビョン・スンウク監督の前作が"愛する時に話すこと"である。恐怖の色が多少異なる余地がありそうだ。

=監督様がどのようにホラー映画を撮られるかと思ったよ。<成均館大スキャンダル>を撮っているときに会って、常套だけねじればすぐに高尚な人様だと思ったよ。そのような方恐怖物をしようとしたら意外性のあることだ。"思いっきりハイキック!"の面白い演技をしていたパク・ミニョンが恐怖演技をするのも意外性である。イ・チャンドン監督がホラー映画の制作をしたというのも意外性である。<詩>と<密陽>を制作する制作会社で、ホラー映画ってちょっとの似合わないのではないか?その意外性の、不協和音が、むしろ特異な作品を作りたいと思った。このジャンルをよく知っている人よりも、他の感性が出てくるもよう。
e0109292_15434914.jpg

-どうだったか。期待したとおりの効果が発生していたが。

=とても簡単に見たのだった。(笑)通常10時間であれば(詩)を撮るのになぜか私たちは17時間くらいかかった。監督様がその分ディテールだから信頼が行きながら撮影するときはちょっと大変だった。私は、演技が合っているようだが微妙な違いを何度もつかみ出してシニア果たしてあれが正解かというの摩擦もあり、混乱もあった。ドラマは、すぐにモニターすることができ、監督のディレクションが正しいことを直後くれればわかる。ところが、映画は封切りされるまで待たなければならない。自信を持たなければならないのにそれが容易ではなかった。


-ユニ(<成均館スキャンダル>)があまりにも強烈なキャラクターだったが離れる時間もなく、すぐにソヨンに移らなければしている。

=序盤にとても大変だった。何も考えずに頭を空にしてこいとの注文を受けて、撮影前にパリに行って来た。1週間もいなかった。半年間に撮ったが、一週間の休暇与えて、今までやったことを空にして来なさいということだ。やはり序盤にちょっとさ迷った。毎回感じますが、以前のキャラクターを捨てて、他のキ ​​ャラクターを着るのが容易ではない。幸いなことは<猫用>の撮影が容易ではなくて自然に集中的になったよ。(笑)

-最近のスケジュールが続くそうだ。<猫用>終わるとすぐにドラマ"シティーハンター"の撮影を開始した。

= <猫用>撮影が終わった翌日には"シティーハンター"のシナリオリーディングに行ったが、ああ、私は今だれか。ユニだったのか、ソヨンだったのか。ナナ("シティーハンター")は、突然明るくならなければならなくてそれでこんがらかったよ。でも、誰かのせいには出来ないし。私がすると決定した。そういうのをティー出ないようにちらちらと応じばならない。もちろんそのようなスケジュールを望んでいたわけではない。少なくとも一ヶ月の空白は必要である。

-撮影はどうだったか。猫をめぐる殺人事件を暴く役目だが、本人自ら閉所恐怖症という心理的なトラウマがあるキャラクターだった。

=飼育だった。(笑)周りに何もないセットで、一日四食食事提供。ソヨンは、閉所恐怖症の設定だとセットも苦しくデザインされた。もちろんそれが必要だった。ところが、そのような環境で撮ってみると、思わず、精神的に憂鬱だったよ。元の明るい性格だが、確実にダウンロードされて荒れていたよ。心理的にちょっと大変だった。
e0109292_15442189.jpg

- <思いっきりハイキック!>でデビューとともに注目受けて引続いたドラマ"自鳴鼓"で大衆の無視という過酷なことも行った。<成均館大スキャンダル>が演じる青年期からの脱却転換点だと言ったが、<猫用>から、今の自分はどうなのか。

=最初だけで走るときよりも余裕ができた。でも、多くの違いはない。まだ演技が下手で新キャラクターもしたいと思う。最近は20代半ばでも、年をとるんだなと思う。(笑)私はずっと22歳のようだが時間が早く流れる。20代前半あまりに活動できたので、今は動く時間である。出演作DVDと台本が積もる時ごとに私が倹約するように時間を使ったんだなあと思って満たされる。

-本人が考えている"認められること"は何か。"シティーハンター"の場合、予想より低調な評価だが、そのような反応をハンドリングする余裕が出来た。

=選択してから意外性のある方だ。<猫>が意外だったように、"シティーハンター"する時もみんなが意外だとしている。ところで、私はまあ、よく問い詰める。と思えば何でも即興とする。ドラマはこれでそれなりに基準ができた。キャラクターがよくかの作品が面白いか、のどちらかがなければならない。"シティーハンター"は、監督、作家への期待でみんな引き止めることもしたし、私が選んだ作品は、それが栄えようが違おうがさらにもっと熱心にするようになる。

-俳優ならば、自分の成功イメージを保存しようとする側面も無視できない。ところが、作品選択のパターンからすると毎回、それを破ろうとする試みが見られる。

=継続卵を破って出てみたい。本当のパク・ミニョンの姿はなんだ、くらい。限られたイメージを作るのが商業的にはいいのですが楽しみがなくなる。俳優を選択した最大の理由は、さまざまなイメージを示すことができるということであった。偏見を続けて破ることから、エネルギーや楽しさを感じる。"思いっきりハイキック!"の裕美を見て<成均館大スキャンダル>のユニを任せる純できなかったが、他の姿を見せてくれる機会が生じるのだ。挑戦をするのが青春ではないか。ジャンルを行き来しながら、冷たい水とお湯を一回ずつ味わうのが、最終的に私の演技にも役立ちます。

-そのような選択基準のために挑戦することも習得することも多い。体が苦労です。

=難しくてたまらない。"シティーハンター"は、本当に苦労ではないことと思ったが、"アクションNANA"になっている。(笑)でも、それだけでセリフだけよりもインパクトのあるシーンが私をより懸命に働くことができます。それでも私は遠かった。ハ・ジウォン先輩は大変なだけ探して通うのではないか。この前の授賞式で会ったが、ドレスを着ていても運動選手だと思った。(笑)、一方では尊敬だったり、一方では私がいくらしても先輩だけは出来ないんだなと思った。私は、こういうことで死んで、一件<成均館大スキャンダル>しかなかった。先輩は何度、"死ななければならなかったか"。


- "きれい"という基準が特別繕いのために来ることができる選択である。

=私がそんなことされるようにしないと言うことで同じではないか。ところで"シティーハンター"もユ・ドシンは欲張りだ。ひらひらときれいに出てくると大変に死にそうにもならない。プロが熱心にする姿は、選択ではなく、義務と思う。俳優ならば、その役割に最善を尽くすのが義務だ。それだけの結果を示すために努力をしなければならず、その努力を惜しまないという賞賛を受けるわけではない。だから自分で少し緩んでいると思いますと、次の作品は、とても難しいことを選ぶことだ。私のキャスティング記事を見て、今回大変なんだね思えば私は私を倒すのは行を知りなさい。次の作品を見ると、前作を懸命にされているかを知ることができるんだ。(笑)

-そういう意味では、次の作品が気になる。

=この頃は、私がちょっと増えるのが見えてか人ばかりの要求をたくさんする。あまりにも急ですが、いない場合は、たくさんしてみたい。でも、大変だ。やさしい役割にはたやすくは魅力を感じない。刺激的なものだけ食べてみると、刺激的なのが美味しくて引くことだ。男装演技をするので少々タフしてはタフなものもなく、姫の役割をしてみると、相当な綺麗できれいでなく、ホラー映画を見ると少々ひんやりしては涼しさが感じられることもない。年輪が積もって見ると、水が流れるように自然な演技を見いだすが、今一度、刺激的な挑戦をするようだ。

文:イ・ファジョン 写真:オ・ギェオク 2011.07.04 Share it

スタイリスト:ジョン・ヒェジン、ジョン・ヒェジョン(EAG)
by kazem2 | 2011-07-05 20:57