ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー

☆SESプレス電子版
☆source
爆弾ぽんと鳴り、車の転覆させるシーンの撮影のたびに感嘆詞を連発
高価なBMWに乗っての撮影なので気持ち格別だったんですよ^ ^
e0109292_14555232.jpg

             ▲写真=ギム・チユン記者cyk78@clubcity.kr




e0109292_14564185.jpg

         ▲写真=キムチユンギジャcyk78@clubcity.kr
[シティ新聞社=ギム・リソン記者]
イミンギ(26)は"海雲台"の純粋な青年にしか覚えていうには物足りなさが多い俳優だ。モデル出身演技者である彼は、ドラマ"タルジャの春""いい加減な興信所'などをは ​​じめ、映画"浮気良い日"10億"などで着々助演から着実にフィルモグラフィを築いてきた。さらに、日本の歌手、"フリーテンポ"のフィーチャリングとシングルアルバムまで出したの多目的な俳優。国内初のスピードアクション大作ブロックバスター"クイック"で主演を横取りした彼は今、"海雲台"のタイトルを脱いで、"クウィクのイ・ミンギ'で新しい挑戦に出る。21日封切りに先立って会ったイ・ミンギは"クイック"のパンフレットを見て"私の名前が一番最初に出ているので、見慣れない"とはにかむように笑った。

"海雲台"のユン・ジェギュン監督が製作を引き受けて'海雲台(ヘウンデ)"の制作陣がもう一度意気投合した"クイック"は、100億ウォン台の製作費と5年以上にわたる制作期間をかけた自信作です。さらに、"海雲台"で最高の相性をお目見えしたイ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォンなどがそのまま映画に投入されて話題を集めた。イ・ミンギが演じる役は、スピードマニアのクウィクサービスマンハン・キスだ。キスは、アイドル歌手アロムを乗せて行く途中、史上初の爆弾テロに巻き込まれている人物。""海雲台"の若い俳優たちが集まって、楽しいこと、一度してみよう"と言ったユン・ジェギュン監督がイ・ミンギに渡したのシナリオが"クイック"だった。出演の必須条件だったの優れたライディングの実力まで後押しされていたイ・ミンギは、ライダー役にぴったりだったわけだ。20代初めにライディングを始めたという彼は"20歳でソウルに上京してきた、車を買うお金がなくてバイクに乗って通った"と笑った。実際の高空ジャンプを除いて、ライディングシーンは、直接撮るほどに満ち足りていたバイクの実力を誇る彼は、撮影中は通常150〜170㎞を踏んだし、最高速度200㎞まで疾走することもある。"夏から冬まで、撮影中ずっとバイクに乗っていたようだ仁川空港高速道路をウォンなしに走ることができる機会も多くないのではないか。ライダーが乗っていたBMWは初めて乗ったが、高価で破壊されないように3台を修理しながら交互に撮影した。良いもので、撮影なので気持ちが格別だったが、それでも寒さは苦労だった。革のジャケットを着て真冬に乗るために走れば走るほど寒くなるから(笑)

イ・ミンギは'海雲台(ヘウンデ)"で、悲痛なラブストーリーを披露したガン・イェウォングと"クイック"で相次いで呼吸を合わせるようになった。カン・イェウォンクイックサービスをご利用中うっかりして命を担保取れたアイドル歌手アロムを引き受けた。彼は"あまりにも"海雲台(ヘウンデ)'で親しくなって、大きな困難はなかった。実はカン・イェウォンが私の後、(バイクのバックシート)だけあって、多くの呼吸を必要としなかった"と冗談を言ったり。"こういうことでは熱愛説出るのではないか"という意地悪い質問に"以前放送インタビューで熱愛説に対する質問を受けたことがある。 その時互いに見つめて"私たちの熱愛説が出たか?"と反問したことがある。 今でもそうで今後もそうすることはないようだ"と笑った。爆破シーンと苦難がアクションなど、事故のリスクが大きかったため、現場は常に張り詰めた緊張感が漂った。万に一つでも事故の危険にさらされないように、100人余りのスタッフたちが頼りにして固く団結する姿がとても印象的だった。それはやはり危険な撮影シーンが続いたが、最も大きな力になったことはジョ・ボムグ監督の全面的な信頼だった。"撮影に入る前から"ミンギは、この役割にぴったりだ。心配しなくていいよ。上手だよ"と言われた、その言葉を聞くと、さらに熱心にしたくて、より良い姿をお見せしなければならないという意欲が先よ"と目を輝かだった。"初体験を抱かせた作品だ。(爆弾を)ぽんと鳴り、(車が)転覆させる目を見張るシーンを撮影するたびに、"こういうジャンルもあるんだ"という感嘆詞を連発した、既存の機器とも次元が間違え。今まで演じていて感じることが出来ない驚きと新鮮さそのものだった。これから"クイック"が韓国映画のジャンル開拓にも影響を与えそうだ。"海雲台(ヘウンデ)'のイ・ミンギでなく"クイック"のイ・ミンギで記憶されるだけに、この作品がよくになったら良いだろう"

[インタビュービハインドストーリー]

"年上?実際にもOK!" イ・ミンギの主な出演作を見てみると共通点が一つある。ほとんど年上の女優たちと呼吸を合わせたとのこと。"海雲台(ヘウンデ)""クイック"で、5歳年上のガン・イェウォンをはじめ、映画"浮気良い日"ではキム・ヘス、ドラマ"タルジャの春"でチェリムの相手役で出演している。最近撮影を終えたロマンチックコメディ"不気味な恋愛"も、相手役が年上のソン・イェジンだった。彼は"作品を撮る時同じ時頃や若い女優たちと意外に会うことは容易ではなかったよ、ドラマに出演、当時の国民年下の男という呼称も聞いてみた"と笑った。実際の恋愛タイプはどうだろうか。"ガールフレンドなし歴が長くて、私はどのようなスタイルを好むのか忘れてしまった。今年は必ず彼女に会いたいと思う。元の年齢のことは考えないが、唯一、今年は年上のガールフレンドに会いたいと思ったよ。晴れた日に一人でいると、そのような考えが切実だ。
" お姉さまの胸に火を灯す一言言葉だ。

ギム・リソン記者ok@clubcity.kr

2011年07月04日(月)12:25:03 [シティ新聞社] ギム・リソン jjasmiin@hotmail.com
Commented at 2011-07-04 21:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2011-07-04 22:44
☆21:29の非公開ちゃん
こんばんは

確実に主役を張れる俳優に成長しているのね

ほんとね

苦労した撮影だから大ヒットしてほしいわ

というか大ヒットさせなきゃいけないわね^^


ミンギったら 誰かに頼りたかったのかしら^^

寄りかかって甘えたかったのかしら

そうね

私も年下過ぎでも大丈夫なんだけど^^



by kazem2 | 2011-07-04 15:48 | Comments(2)