ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イ・ミンギ映画「クィック」インタビュー

☆sports.donga.com
イミンギ、"福は多いが女福は無いですね"
"芸能人の彼女?同じジム、避けてほしい"
e0109292_7471346.jpg




■映画"クイック"イミンギ、私の愛私の映画の1000万'海雲台(ヘウンデ)"で会った俳優たちとの再会バイクアクション不慣れても、鏡餠呼吸誇る100億台の超大作主演負担です?いい人と作った作品、いい緊張感でいるか

"私は人福(人福)が多い。"
時には人々の間の縁は自然に思い出させることもありますが、関係を結ぶ形で人々が作っていくことでもある。そうするまで、人々は、様々な努力をしなければ、その過程での傷を、また、時には喜びを手にすることもある。傷よりも喜びがより大きく、相次ぐ希望で他の人が近づくと同時に私達は、"福が多い"とのこと。イ・ミンギの意思といっていた。彼に"福"を与えた人は1000万観客の映画"海雲台(ヘウンデ)'で一緒にしたカン・イェウォン、キム・イングォンなどだ。
"海雲台"の制作者ユン・ジェギュン監督も漏らすことができない。
イ・ミンギが、その"福"など、これらの手を握って再び意気投合して舞台を整えた。
21日封切りする"クイック"(監督ジョ・ボムグ製作JKフィルム)は、イ・ミンギ、また一度、"福"を夢見る舞台でもある。"クイック"は、オートバイのクウィクサービスマングとアイドル歌手が、バイクのヘルメットに装着された爆弾を巡って繰り広げる物語のアクションブロックバスター。当然、俳優たちは、迅速なバイクアクションに挑戦したし製作陣と俳優の呼吸は何よりも重要だった。いくつかの技術的な試みも行われた現場でイ・ミンギはカン・イェウォン、キム・イングォンなどと結んだ既存の縁をさらに厚く続けた。"車道持つことができなかった時代、屋根部屋の考試院を転々と住んでいた20代前半の125cc原付免許を取得した"という彼は、かつてバイクに乗って通っていた。しかし、友人たちがたとえ軽い怪我であったとしても、事故にあった後からはしばらく離れていた。それも縁だったのか、"クイック"で、再びバイクのハンドルを持ち、スピーディなバイクアクションに挑戦したイミンギは、負傷の危険も冒し使いながら体を飛ばした。"スタントマンが負傷することに比べれば俳優たちが傷ついたことは何もない"という彼に、いざ負担となるのは公開日が近づいて、周りの縁がかける期待感だ。"実は私の名前がクレジットの先頭にくると大きな負担はなかった。肝心の公開日が近づくにつれ、多くの電話を受ける"という彼は"以前には映画封切りすると非常に多くの電話を受けたことがない"と笑った。どうやら、100億ウォン以上の製作コストが入ったうえ、彼自身は、"実感できない"ブロックバスターの主演俳優という関心のためだったのだろう。イ・ミンギは"いい緊張感です。最初はみんなで努力したのだからよく発見されますがもう整っていると話をするしかない"と話す。そのような考えの背景に直接イ・ミンギが築いた縁がある。彼は"映画も人がすることなのに、良い人々とするのであればどんな状況でも飛び越えることができる"と信じる。"幅広い人間関係"を負担する性格も、彼はもっと深い絆を築いていく力である場合もある。
その後、異性(异性)の縁はどうだろうか。
"毎年、"恋人が欲しい"、"今年は必ずみつける"と心に決めて生きてきた。" だが、その縁は、やはりそれほど簡単に結ばれることではなかったようだ。"今年は大変ではないかと思う。"クイック"も公開する必要があり、次の作品もここで撮影を終わらせたのであれば何れにせよ、今年は、時間も送った"と笑う彼は、"おそらく運命のように現れないのではないか"と心広い表情を浮かべた。
同年代のアーティストたちが仲間の間で縁を探す傾向にあるもののイ・ミンギは"そんなつもりはない"と話す。"演技しながら責任を負わなければならないことが一つ二つ増えていたよ"というのが理由だ。どういう意味だろうか。"責任を負わなければならないものなどが多くなるということは、それだけ私がもっと脱いで投げるのが多いという話もある。ところで相手方もそれなら二人がどれくらい負担になるか。” “投げ捨てなければならない”という話.
"脱いで投げなければならない"と言う。これは、それだけ俳優としての彼の演技で世界に関する話をする人として、当然もつべき真正性が必要だという言葉だとイ・ミンギは説明した。"投げ捨てる"の過程で真正性が現れない場合は、誰が自分の演技を信じてくれるか、という意味だそうだ。何度続いてきたし、また、これからも何度最もうまく表現数多くの縁。"人福が多い"と言うが、イ・ミンギはその縁を大切にし、他人に"福"になる人ではないか。

ユン・ヨス記者(ツイッター@ tadada11)tadada@donga.com
入力2011-07-04 07:00:00

e0109292_11544497.jpg
e0109292_115565.jpg
e0109292_11552356.jpg
e0109292_11553791.jpg
e0109292_1155594.jpg
e0109292_11563243.jpg
e0109292_1157277.jpg

e0109292_1212415.jpg
e0109292_1215481.jpg

by kazem2 | 2011-07-04 07:57