ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日本は何故"グンちゃん"チャン・グンソクに魅かれたか

☆media.daum.net
e0109292_2084791.jpg




チャングンソクが日本の" オリコンチャート "の歴史を新たに書き換えた日本デビューシングル"Let me cry"とマッコリCFの突風に近い人気など様々な症候群を起こした後 初の日本公式スケジュールを消化するために、去る6月27日、金浦空港から日本に出国して日本列島を熱くした。
日本の羽田空港に降りてすぐあふれる日本メディアの取材熱気は熱かった。羽田歴代史上最大のファンの空港での出迎えと取材陣の熱気に日本のメディアもびっくりした。入出国審査場に行く前から集まった取材陣にチャン・グンソクは楽々取材陣に応対してアジアのトップスターの容貌を誇示して羽田空港を埋め尽くした数百人日本のファンの前にその姿を現した。降り注ぐフラッシュの洗礼と熱い取材熱気、ファンの歓声に羽田空港は、公演会場を彷彿とさせる熱い叫び声でいっぱい状態で、チャン・グンソクが空港を抜ける瞬間までの熱い歓声が続いた。

チャン・グンソクの日本での公式日程は、"チャン・グンソク写真展"オープン式、日本のマスコミとの公式記者会見、初の公式写真集"J Plus"の発売記念サイン会で行われた。チャン・グンソクの羽田入国からすべてのスケジュールに数百人の取材陣が集まり、日本のマスコミは大々的にチャン・グンソクのメインのトップニュースで報道されるなど爆発的な人気を証明した。特に、チャン・グンソクの公式記者会見には400人の取材陣が集まって、同じ時期に来日していたポップ歌手レディーカガ "を取材するために集まった200人の取材陣の数を超えるなど、日本での圧倒的な人気を感じさせた。

また、日本の地上波放送のフジTV、TBS、TV朝日、NHK、日本のTVなど、多数の放送メディアや主要日刊紙で、チャン・グンソクの訪日期間中に数え切れないほどの数多くの放送とメディアがニュースを報道し、彼の一挙手一投足に集中して、"グンチャン"チャン・グンソクの魅力を分析するなど、今までにない圧倒的な取材熱気を見せた。チャン・グンソクは、去る6月28日自分の初の公式写真集"J Plus"の発売を記念して記者会見とファンサイン会を持ったのですが、すでに正式発売前から予約注文だけで5万冊をはるかに上回る数値を記録した。また、チャン・グンソクの公式記者会見には日本のフジTVだけで5つのチームが取材に出てくるほどの多大な関心を受けて、日本の取材陣も驚いたし、この日チャン・グンソクは、流暢な日本語とびっくりダンスを披露し、取材陣とファンへのサービス満点の魅力あふれるアジアのスターの姿を披露して拍手を受けた。チャン・グンソクの日本の公式日程のほか、日本のファンは、チャン・グンソクが行く所ごとに彼の行方を探し'グンチャン"を連呼したチャン・グンソクが泊まったホテルの前には数百人のファンが殺到ホテル側が特段の措置でチャン・グンソクが正面玄関ではなく、他の通路から出たりしており、チャン・グンソクが公式日程を消化するスケジュールの場所の前には、MADを少しでも見たいファンの行列が続いてファンたちの熱い熱気が静まるとは思わなかった。他のアジア諸国に比べて消極的との日本のファンの姿も積極的に変えてしまう"グンチャン"チャン・グンソクの魅力に、日本の各放送局では、チャン・グンソクの日本での公式日程の姿はもちろん、チャン・グンソクの詳細なプロフィールはもちろん、徹底した魅力的な分析までコーナーにして放映されたほどで、朝の番組はもちろん、昼の番組まで数十回にわたってチャン・グンソク関連の報道が出てきただけに訪日期間中のチャン・グンソクの日本での人気は圧倒的で、特に、世代を超えて幅の広い愛と熱い関心を受けるチャン・グンソクは、ドラマ、映画、音楽などあらゆるジャンルを網羅する才能と、ファンの支持を受けるしかない誠実さと優しさで訪日期間中、数多くの取材陣は、チャン・グンソクに会った後、チャン・グンソク特有の優しさと明るさ、そして無邪気な笑顔で絶賛を惜しまなかった。日本のマスコミは一様に口をそろえてチャン・グンソクの今後の歩みに関心を持ち、チャン・グンソクの持って生まれたスター性と比類のない魅力に魅せられたように絶賛を惜しまなかったほど、チャン・グンソクは訪日期間中、日本列島を熱くした。一方、 、日本での成功の公式日程を消化し ​​たチャン・グンソクは、2011チャン・グンソクアジアツアー"THE CRI SHOW ''、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、台湾公演を終えたのに続き、上海公演を控えており、主演映画"君はペット"の撮影でアジア各国の関心を一身に受けている。

ソ・ビョンギ記者/ wp@heraldm.com <写真=のツリージェイカンパニー>
ヘラルド経済|入力2011.07.02 16:00|修正2011.07.02 16:02
by kazem2 | 2011-07-02 20:09 | ragazzo | Comments(0)