ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

異聞院のショウビズウォッチ

☆news.doaga.comキム・ミンジュン"助演男優'論議が奇妙な理由記事のネチズンのコメント
e0109292_1575913.jpg




俳優キムミンジュンのいわゆる"助演男優議論"が先週末、インターネットを熱く焼いた。発端は、インターネット媒体"OSEN"の22日付けの記事''助演男優'ユン・ゲサン-キム・ミンジュン、'ドクゴジンに勝る''であった。記事は全般的にKBS2ドラマ"ロマンスの町"でメイングプ懐かしいと比較してキム・ミンジュンの存在感も絶大落ちないという内容だったが、次のような段落が問題になった。"主人公をもっと輝くようにするツール、また、することなく立っているかかしに転落しがちなのが、サブ主人公たちの運命にある。相対的に認知度が落ちたり、演技力に検証が必要な俳優たちが、サブの役割にキャスティングされる傾向が強い。メイン級を夢見るが、冷静においてみた時、視聴者の立場では、魅力や能力が低い俳優だけで考えるのが通常である。" キム・ミンジュンは23日、自身のTwitterに"サブ男と言う話は何か?...かかし?メイン級を目指す?...サブ主人公たちの運命?ねえ、私も足の演技をしますが、カメオでも何でもせりふ一言目、一瞬だけキム・ミンジュンだ、どこで誰を評価して空っぽの頭に? !"と反発した。彼は引き続き"演技者や有名な俳優さんたちが自分の配役に制限を置いて、私は助演だから脇役だけに演技して、私は主人公だから脇役いい加減にしてそんなことを言いますか。このように演技している人々をからかうのですか。何でもない修飾語をつけて"と強く反発した。問題はここで終わらなかった。OSENは24日、"Twitterの悪口キム・ミンジュン、映画のプライドはどこ行った?"という記事を出しキム・ミンジュンの反発を批判し、22日付の記事と正反対の論調で、"毎回違うキャラクターを務めても、大きく変わっていない彼の演技力にはいつも論議の対象になってきた"と評価した。

媒体は、続いて"キム・ミンジュン氏。ワントップ主演を無視して申し訳ありません"というタイトルの嘲弄性コラムをエクスポートすることさえした。このコラムがネチズンの間で大きな論議を起こしてはさらに大きくなった。もちろん、キム・ミンジュンも刻々とTwitterを使ってOSEN側の対応を批判した。これにネチズンの反応も徐々にOSEN側に批判的な雰囲気で流れて行きあげくの果てに26日、"キム・ミンジュン氏。ワントップ主演を無視して申し訳ありません"のコラムがOSENと、各ポータルサイトで、下りのハプニングが起きたりもした。そして、その時点でキム・ミンジュンとOSEN間の小競合する対立は虚脱して終わった。●主演と助演を分け始めたのは20世紀以降の日の今回の事件の全体的な流れは、メディア、今日がよく整理した。メディアの今日の24日付の記事""キム・ミンジュン"助演男優'"騒動...マスコミの対応議論"は、"実は今回の事件はキム・ミンジュン側の不適切な対応のみの問題であったが、世論は、十分にOSENの手をあげるほどの懸案だった"とし"しかしOSENは、"演技力云々 "という、多分に報復性に見えるの記事で自らの正当性を弱体化させた"と評価した。事実以外には他の評価が不可能である。しかし、当初の問題の出発点になった"サブ主演"という単語とその定義、役割につきましては、もう一度考えてみる必要がある。
"サブ主演"は新造語だ。インターネットユーザーらが、最近作り出した言葉に見えて、主演級の助演級の間の比重の役割を指すものと思われる。ところが、そのような役割のための単語は、すでに存在している。"準主役"という単語だ。業界内で使われる基準は、通常、主演、準主役、脇役、操短役、端役、画像の端役などに分けられる。ここでは準主役、操短役、画像の端役などの単語は、一般大衆に慣れていないため、"サブ主演"のような新造語が代わりに使われるようになったものと思われる。しかし、なぜこのように劇中の役割に分類することになったのだろうか。大幅においてみた時、端役という役割は、以前からもそのように整理され、評価されてきた。しかし、主演と助演の場合は違う。そのように別々に歌ったの歴史はそれほど長くない。理由は明白である。役割の比重が少なく、セリフが少ないという理由で該当のキャラクターが話の中心ではないということはないからだ。それにも主演と助演で呼称が別々に呼ばれ、そのような呼び方が一般に広く知られるようになったのはおよそ20世紀前半の半分は、開始点と考えられる。映画のジャンルの大衆化が火種とし ​​て作用したという分析だ。そして、その大衆化過程の中でも"映画賞(赏)"の誕生がその起点となった、という分析が支配的だ。実際にはあるポータルサイトの知識百科にも"助演"の項目に次のように記述されている。"一つ一つの戯曲や脚本ではどのような人物が脇役なのかを判別することは難しい。シェークスピアの作品を例にとると、"ハムレット"では、デンマーク王子ハムレットが主役で、デンマーク宮廷の兵士たちが脇役であることは自明ですが、デンマクワンクロージアーズの役は、断定するのは容易ではない。彼はハムレットの復讐行為の対象であり、主役と対立する敵役なので、舞台全体に占める位置は、明らかに主役には及ばないものの、助演と断言することもできない。また、オフィーリアは、重要度においては、クロージアーズよりも劣りますが、ハムレットの愛の対象であり、主役の相手役なので、脇役と言えるかもしれない。(中略)劇中の人物ではなく、その役を演じる俳優側で助演を選別する方法がある。すなわち、様々な演劇·映画賞等の選考(选考)にあり、助演賞(助演赏)の対象となる俳優が演じる役がまさに助演だと思うすることができる。ブロードウェイの芝居を対象とするトニー賞助演男賞助演女優賞部門があることなどがその例である。" 虚無ギャグのような話ですが、結局、主助演の分類は、"賞"で、その役割を引き離す事がきっかけになったことがあるという傍証だ。

キム・ミンジュン、"助演男優'論議の原因となったドラマロマンスタウン。KBSの写真を提供。

●主演と助演を別に分類したのは産業的な目的によるもの

それなら映画賞などは、なぜ、主演と助演を分けておいたのだろうか。一応言葉の意味から理解してみよう。主演と助演という言葉は、意外にも役割の比重を指す意味を込めてはいないではない。英語ではLeading ActorとSupporting Actorとして表現される。"導く俳優"と"サポートしている俳優'だ。これを日本で主演(主演)と助演(助演)に翻訳した。"主人になる俳優"と"助けてくれる俳優'だ。韓国はこの日本式の翻訳をそのまま持って使っているのだ。しかし、このような役割の規定は、上記の知識百科を参考にしてみた時は、どのものにせよ、きちんと当てはまる部分がない。このように"ハムレット"をおいてみた時、一体誰が劇を導いて誰が彼をサポートしており、誰がドラマの主人で誰がその主人を助けるのかだ。"ハムレット"だけでなく、これまでのコンテンツに適用してみても同じだ。これに推測できる部分は、当初、主演と助演という言葉は、急造された印象が強いという点だ。特定の目的のためにそれこそ"だいたい"持ってきてつけたロールの概念だということだ。それならいったい誰が、どのような目的のために即興してでも、主演と助演を離れて置くことになったのだろうか。その元凶(?)に指定されるのが、まさにアメリカ最大の映画サンイジャ現存する世界の様々な大衆文化ビデオの中で最も長い歴史を持つアカデミー賞です。アカデミー賞は、1929年に初の授賞式を開き、今年2月、第83回授賞式を終えた。米国の演劇部門の最高権威のマーケティング担当者、トニー賞、1947年に初めて開かれ、国際映画祭の中で最も長い歴史を持った、ベニス映画祭、1932年になって創設されたので、それこそ最高(最古)という話を聞くに値する。しかし、アカデミー賞は3年後に誕生したヴェネチア国際映画祭、17年後に誕生したカンヌ映画祭などとかなり異なる面があった。アカデミー賞は、映画の芸術的評価よりも徹底的に映画界の産業復興を目的として表彰される傾向が濃厚という点だ。盛んにアメリカの大衆の映画の消費欲が落ちた大恐慌期に創設されたという点からそのような目的を推察させる。映画と映画関係者に賞を根には途方もないショーを開いて、映 ​​画のジャンルの大衆の耳目を再度ドラッグして表示する目的だった。そうすると作品賞などの賞において、相当部分の商業的可能性と性能の治下する傾向が強くなり、俳優に対する視床においても同様の傾向が明 ​​らかになった。初期だけでもクラークゲーブル、キャサリン・ヘップバーン、メアリーピクポドゥ、ベティデイズ、ライオネルバリモアなど、商業的に大きな成果を見せるスター級の俳優たち、それこそ"コンテンツの販売を導く'の俳優たちに、主に授賞した。しかし、大恐慌の時代を経て、産業は徐々に巨大になるとスターたちの賞だけでは不足することになった。映画産業はスター産業と密接に接続されていて、スターのチェーン式の交換の論理が適用される産業である。しかし、比重が大きな役割を担うスターに限って表彰する仕組みとしては、まだそれなりの役割を任せていない新人、つまり未来のスターのローンチを助けることは不可能だったからだ。それで9回目、1937年に制定されたのがまさに男女助演賞だった。記録上では助演を規定し、その上まで与えられたのはアカデミー賞は、世界史上初だ。まだスター性はない新人、あるいは出来そうな面はあるが機会を逃したベテランに賞を授与することで、大衆の耳目をドラッグして、"パルアモクウルことができる"俳優として登板させるのが目的だった。結局、主演と助演の区分は、当初の徹底産業的な目的から始まった産業戦略の一環だったということ。そして、これは世界3大国際映画祭として定着したカンヌ、ベニス、ベルリン映画祭に、まだ助演賞部門が制定さになっていないジョムウロド容易に証明される。昨年のアカデミー賞助演男優賞を受賞した"バスターズ:経た人たち"のクリストフワルツもカンヌ映画祭ではただ一つだけの"男俳優賞"をもらった。これは、世界3大国際映画祭は、アカデミー賞に比べて相対的に芸術本位の性格に合わせて授賞する傾向と密接な関連がある。産業的な目的を排除した後、事実上の俳優の主演と助演を分けて考える理由はない。

●16分出演してもコンテンツを"パン"の人であれば主演のアカデミー賞の話をしてみよう。

アカデミー賞は、米国の映画産業は、引き続き復興の道を歩くほど主演と助演の区別を置いて、さらに露骨に産業的な判断を加えた。比重の次元は、これ以上の議論の距離さえした。助演賞は、未来産業を導いていく新人をローンチさせる役割と共に、チャンスを逃したベテランに授賞することで、"ショー"としての温かい感動を与える装置として応用された。その後、女優賞は?主演賞は時間が経つほど、コンテンツを"パン"首謀者に合わせるのが慣例になった。いわば"産業の担い手"が主役になるのだ。1992年"羊たちの沈黙"がアカデミー賞5部門をさらった、当時は一例だ。主演男優賞には、ハンニバルレクター役で演技を広げたアンソニーホプキンスに戻った。しかし、ホプキンスは、映画の全体の118分の分量のうち、わずか16分のみ姿を見せた。客観的な量の面ではどのような意味のスローガン主演で解釈されて大変だった。主演と助演の区分は、劇中の量の次元とは無関係だということをもう一度立証したわけだ。一方、このような分類に、メディアの疑問が起きると、アカデミー賞側は"実質的に劇を導いたていったのは、アンソニーホプキンス"という釈明を出した。それこそLeading Actorだったという話だ。しかし、このような基準であれば、過去の棒を導いたが、脇役として分類され、助演賞を受賞したマイケルケイン(ハンナとの姉妹)、ティモシーハットン(普通の人々 )などの場合と、含まれて合わなくていない。これに対し、ムービーラインなど、米国の大手映画専門紙は、結局、コンテンツを"パンの人"はホプキンスだったという点にアカデミー委員会が注目されていると主張した。"ハンナと姉妹たち"は、ケインとほぼ比重が同じだったウッディアレンが"パン"の内容であり、"普通の人"の場合、アカデミー賞受賞の効果に加え、初めて監督の役割を引き受けて話題を集めたイケメン俳優ロバートレッドフォードが"パン"のコンテンツという背景が存在したということだ。だから同じように、"劇を導いた"俳優でも分類が変わったのだ。このような概念は、1973年の場合でも、明確に確認されている。"ゴッドファーザー"が作品賞を受賞した年だ。主演男優賞も"ゴッドファーザー"でヴィトコルレオーネ役を演じたマーロンブランドもタガトダ。このような映画で、ヴィトコルレオーネの息子マイケルコルレオーネ役のアルパチーノは主演男優賞にノミネートされた。ところが、劇中パチーノの分量は、ブランドもに比べて圧倒的に多かった。さらにブランドもが演じたヴィトコルレオーネが劇中死亡し、私は後40分ほどのパチーノ一人で率いていた。当初のプロット自体もマイケルコルレオーネの生活の行績をもとにヴィトコルレオーネの役割が植えられており、実質的に劇を導く語幹はパチーノと見るのが常識だった。それでもブランドも=主演、パチーノ=助演結論が出てきたのは、"ゴッドファーザー"という内容を"パンの人"がまさにブランドにもということを認識した結果と見ることができる。当時までパチーノはたった一本の主演作、それも興行に失敗したの主演作だけの新人だったからだ。どうであれ、このように徹底的に産業的な目的のために、産業的役割を評価するために、自分の路線を確立ヘナガンアカデミー賞は、徐々に権威と機能を確保し始めると、他の芸術分野の上にも多大な影響を及ぼした。1947年に創立された演劇部門のトニー賞は最初から当たり前のように助演賞を制定して開始した。Supporting ActorをFeatured Actorとだけ変えて歌っただけだ。1948年に創立された、TV部門のエミー賞俳優部門を新設してからは、ほぼ同時に、主助演を分けて授賞した。一方、1960年代以降、米国映画産業が、世界全体での影響力を発揮しながら、海外もアカデミー賞のような劇芸術部門の必要性を痛感することになった。あちこちで映画賞をはじめ、各種の劇芸術部門賞が誕生し、その過程で、アカデミー賞の構造をベンチマークしている現象が起きた。海外では何ともないように最初から主演賞と助演賞部門に分けて賞を制定した。もちろん、その過程には、韓国も混じっていた。それとともに俳優の主演と助演を分けて考える思考が大衆文化産業とそれを楽しむ大衆全体に広がった。さらには主演と助演でアカデミー賞を規定しているかさえ知らず知らずのうち海外にまで広がっている。例えば"シラノエージェンシー"のイ・ミンジョンの閲覧ダニエルの比重はほぼ同じ。あえて時間まで確かめてみれば、チェ・ダニエル、分量が少し多い。それでも、業界でも大衆的にもイミンジョンは主演に分類され、チェ・ダニエルは脇役として分類される。"シラノエージェンシー"は、イ・ミンジョンが"パン"のコンテンツとの認識をすることになるからである。1995年作"永遠の帝国"では、"ゴッドファーザー"と似たような展開が行われた。劇中アン・ソンギが担当した正祖役の比重はチョ・ゼヒョンが引き受けたイ・インモン役に比べて、量の面で圧倒的に少なかった。プロット自体もであるモンが引っ張っていくタイプなのでLeadingという意味でもは、主演に分類されて大変だった。それでもアンソンギは、"永遠の帝国"の広報や批評の過程で常に先導的な役割に分類され、実際にいくつかの映画で主演男優賞を受賞した。当時、わずかただ一方の映画で主役を演じてみたチョ・ジェヒョンに比べると寝ればアンソンギの方が"パン"の内容という点に大衆と評壇、業界の認識が無意識落ち着いたのだ。

●産業的役割を基準と芸術本位的原論の違い

ここでもう一度、キム・ミンジュン、事件に戻ってみよう。キム・ミンジュンは"演技者や有名な俳優さんたちが自分の配役に制限を置いて、私は助演だから脇役だけに演技して、私は主人公だから脇役いい加減にしてそんなダプニカ。このように演技している人々をからかうのですか。何のようでもな修飾語をつけて"と言いながらOSENの記事を批判している。正しい言葉だ。主演これは助演これは助演であれ、そのような役割を区別するのは正確に産業的な目的に応じたものにすぎない。芸術家として、俳優本人が気を遣うのは良くありません。しかし、OSENの記事では、"相対的に認知度が低下したり、演技力の検証が必要な俳優たち""視聴者の立場では、魅力や能力が落ちる俳優たち"が鋳造年給、助演級に分類なるのは、それほど間違った解釈ではなかった。いわば産業の役割がまだ少ないと期待されるという意味だからだ。さらに、かなり主観的なものだった"の主人公をもっと輝くようにするツール"、"メインクラスを夢見るが、"などの表現も、産業的な役割の面で相対的に若い俳優になる音でもない。だから、俳優として、アーティストとしての姿勢に言及し、"サブ主演"という呼称に反発するというのは場合に合わないということだ。産業的基準に芸術家的精神的に反論すると、事実上無意味な、餓鬼が合わないの反論になる。極めて世俗的な機能型の基準に極めて有名な原則を突きつけるようなものだ。ほとんど孔子様に近い。また、助演だから、助演だから役割の基準がいかに芸術家として、俳優、本の役割に反するとしても、そのような基準自体を無視するのも良くありません。とにかく劇芸術そのものが産業化になっている現実、その中でも産業化のコアに含まれる画像の劇芸術のジャンルで活動しながら、産業の役割を判断する基準を見下しているのは、その効果も卑下するのと同じだからだ。自分がどのような産業構造の下で機能しているのかすら忘却した態度だ。勿論、"産業の役割なんて、私は関心もなく、私は俳優であるだけ"と主張することもできる。"産業的目的のために俳優の本来の精神に反して障害を受け入れることはできない"と主張することもできる。ところが、名優ジャックニコルソン、ロバートデニーロなどと、韓国の場合、ソン・ガンホ、ピョン・ヒボンなどとこれらのエラーを知らなかったはずがない。みんな"カメオでも何でもせりふ一言、一瞬だけ、"ジャック・ニコルソン、ロバート・デ・ニーロ、ソン・ガンホ、ビョンフイボンたちの人物たちだ。それでもこれらはすべて映画賞授賞式会場に出て自分を"助演"として規定した助演賞を受けて行った。工業的役割の重要性に対する理解があったからだ。産業が崩壊すれば、自分だけの問題ではなく、これから登場する新人たちの居場所が狭くなるという点を知っていたからだ。キム・ミンジュンとジャック・ニコルソンの差はまさにここで出ている。

●産業の役割に合わせて割合も増えてTVドラマの最後に、"サブ主演"つまり、助演という特異な役割の概念について考えてみよう。

映画のジャンルが主演、助演、主助演などの基準を産業的役割ごとの事後評価に任せてしまっている場合は、TVドラマジャンルでは、実際に産業的な役割の推移に応じて、劇中の比重を上げてしまうことが可能である。韓国TVドラマは事前制作ではなく、同時製作の形を守っているからだ。その比重が大きく設定されたキャラクターたちのエピソードで視聴者の反応が低下する割合が少なくても、視聴者の反応が良いキャラクターの比重を増やしてしまう方法を選んだりする。だからTVドラマに限定しては主演、助演、助演という食産業の役割の基準が終局に行っては、実際の劇中の量とほぼ一致してしまうことがたびたび発生する。この過程で、スムーズな重心移動が可能になるようにTVドラマには法外に比重が少ない助演級ではなく、主演だけではできませんが、これといった脇役だと見るのも大変な助演という設定を楽しんで動員することである。キム・ミンジュンは"ロマンスの町"で、まさにそのような役割を引き受けた。典型的な準主役の設定だった。"カップル代のカップル"の構図をドゥルイミン後、反応の良いカップルを選択するという式発想が伺えた。しかし、総20部作で16部まで放送された、現時点でキム・ミンジュンの引き受けたキム・ヨンヒ役の比重は確実に増え負えないなかった。少なくとも、メイン級の剛健区(懐かしい分)の割合を上回る状況ではない。製作陣側で視聴者の反応を見て確実にシェアを逆転させちゃいけないと言う判断をしたりはという話だ。一言で"キム・ミンジュンが売られている"という確信はなかったと見られる。ところが、この部分について、"キム・ミンジュンが売られている"という点を唯一の主張のメディアの記事はすぐにOSENの''助演男優'ユン・ゲサン-キム・ミンジュン、'トッコジン羨ましくない''だった。キム・ミンジュンは、まさにその記事に反発したのだ。

世界の日は本当にのぞき見ショーです。
※オー·感万、足O₂とは、東亜日報が作る大衆文化専門ウェブマガジンです。

東亜ドットコムで会うオ·感満·足O₂と!(news.donga.com/O2)異聞院大衆文化評論家のfletch@empas.com
.記事入力2011-07-01 15:54:33記事の編集2011-07-01 15:59:04


キム・ミンジョンssiのフォローをしていますのでこの件に関してはリアルタイムでした
意味がよくわからなかったんですがこのことだったんですね
キム・ミンジョンssiは素敵な俳優だと思いますが ミンギのように主役ではないのですよね
いろんな意味で主役を張れるミンギは凄いと思います
by kazem2 | 2011-07-02 15:14