ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「茂山日記」イタリアペサロ映画祭大賞受賞

☆cine21.com
e0109292_234761.jpg




・監督映画<茂山日記>
誰もが認めた2011年話題の主人公"茂山日記"のバク・ジョンボム監督がイタリアのペサロ映画祭で大賞を受賞した。また、若手審査員賞の栄誉まで2冠王を占める光栄を抱いた。

止まらない受賞行進、<無産日記>再び22王の栄誉

幸せを求めて国境を越えたが、まだ生き残るための苦闘を続けなければならない主人公伝承の鉄を使って私たちが住んでいるソウルの冷たい現実を鋭く描いた秀作"無産日記"が6月27日に閉幕したイタリアのペサロ映画祭で大賞を占めた。地域別に新しい映画の流れを紹介してきたペサロ映画祭は今年で47回目を迎えた歴史ある映画祭で、"茂山日記"は、韓国映画では唯一、競争に招請され、6編の他の作品との競合の末、対象として選定された。また、大学生の審査員が選んだ今年の最高作品にも選定され、若手審査員賞を受賞した。2010年の釜山(プサン)国際映画祭では導入され、評壇と観客たちの絶対的な支持を受けて見逃せない映画として指折り数えられてきた"茂山日記"は、世界的にも関心が高いの脱北者問題を題材にしているだけに、海外の映画祭で熱狂的な反応を得ている。また、容易ではない素材を根気に完成し出したバク・ジョンボム監督への関心もまた熱くなり、今後も"茂山日記"の宣伝は続くものと見られる。

"茂山日記"受賞
2010年釜山(プサン)国際映画祭ニュコロンチュサン&国際批評家協会賞
2010年モロッコのマラケシュ国際映画祭のターゲット
2011年オランダのロッテルダム国際映画祭のターゲット&国際批評家協会賞
2011年ドーヴィルアジア映画祭審査員賞
2011年、ポーランドオフに加えて、カメラの国際独立映画祭、ターゲット
2011アメリカトライベッカ映画祭新人監督賞
2011年米国サンフランシスコ国際映画祭新人監督賞
2011年、ロシアジェルナイフでアンドレイタルコフスキーの国際映画祭の対象とロシアビピョンガヨンメンサン
2011年イタリアのペサロ映画祭の対象と若手審査員賞

4月14日公開、1万観客を突破した"茂山日記"は、現在、ソウルのシネコードの線材(毎週月曜日の午後の定期上映)、シネキューブ光化門企画上映、韓国映像資料院KOFA企画上映などで会うことができる。また、先週から開始したIPTVやオンラインダウンロードサービスも良い反応を得て進めている。また、コミュニティの上映も可能だ。コミュニティの上映は、劇場を見つけるのは難しい地域に住んでいるか 会議や団体のメンバーらと共に映画を観覧したい場合に劇場以外の場所で団体観覧ができるように配給会社から上映のソースを提供し、映画を見られるようにする上映活動を指す。また、単純に映画だけを上映するのではなく、監督や俳優を招待して一緒に話を交わす時間を設けることもでき、地域の観客たちに良い反応を得ている。現在、"茂山日記"は、複数のメディアセンターや大学、教会などで共同体の上映を進行しており、引き続きお問い合わせが続いている。共同体の上映を希望の団体は、"茂山日記"の配給会社映画社ジンジン(TEL 02-3672-0181)に申し込めば良い。

文:インターネットメディアチーム
文:インターネットメディアチーム 2011.06.29 Share it
by kazem2 | 2011-07-01 23:10