ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[他人の趣向]旅の新技術

☆cine21
e0109292_2047182.jpg

シネ21は今日からリニューアルされています
7月1日投稿文も読めたりしました^^
日本の旅館について書いてあります



夏の休暇を急いで行ってきた。
8日間、日本の都市を4か所を、それこそ安く歩きまわった。電車に乗って弁当を食べて、魚市場に立ち寄って海鮮丼を食べて、舞妓(芸者になる前に収拾の過程にある予備の芸者をいう。)公演に、民俗の祭り祭りも見て温泉街にも行った。すべて初めての経験だった。

その中でも、日本の伝統温泉旅館は新天地だった。産地の旬の食材で作った会席料理は聞いたことのそれ以上だった。自然が作り出した色鮮やかに目が先にホサダ。続く口の中の楽しみは、まさに天国。作成者の誠意が感じられる食膳は、私は、100年のゲストになった気分だ。これだけだ。靴は脱いで逃げられないくらいに綺麗に揃えられている。より印象的には夕食を食べ、寝室に戻るといつの間にか布団が敷いてある。サービスは、誰も知らないうちに行われる。お客さんが話す前にあらかじめ用意するセンス。旅館はどこに行くにもサービスを受けている感じだ。そして、山を眺めながら楽しむ露天風呂。込み合う韓国露天風呂とは全く違う。静かに自然を呼吸して楽しむ余裕。特に部屋付きのプライベート湯は、上位1%になった気分。窓を大きく開くと、野外露天になる。早朝の木でできた1人用の小さな温泉は、一日の活力を吹き入れてくれるようだ。

そのおかげで体得した。旅の新しい技術です。これから私は、バッグだけを軽く準備して旅立つのだ。服の必要がない。旅館では浴衣が用意されている。化粧バリバリ取りまとめる必要がない。旅館にかなりの基礎化粧品は用意されているから。必要なものがある場合は、夕食の後長い長い夜を一時的になだめてくれる一冊の本くらい?

帰ってきた後起きた私の旅館礼賛にした後輩は言った。先輩旅館通うナイジ。そうや関節の心配するおばさんの壊れ目アクアビクスのレッスンに通っていた、プールおばさんの言葉のように4年生の正しい。一つ旅館を淡々にいうならばそれはあなたが旅館を経験してみることができなかったからだ。非常に特別なサービスは受けた者のみが知ることができるから。

ふふっ。だから私は決心した。これから旅館通いに。旅館の真髄は、冬という知人の言葉に私はすでに、来年1月を待っている。行き先も決まった。蔵王温泉旅館。木に積もった雪玉がモンスターだと付けられた"スノーモンスター"。その樹氷の間でスキーをして降りてくる味わいが恍惚のところだそうだ。私は雪がこんこんとひるがえる所で露天風呂をお楽しみリョンダ。のように行く方?
投稿:シムウナ
投稿:シムウナ 2011.07.01 Share it
by kazem2 | 2011-06-28 20:51